メインコンテンツにスキップ

相互に連携する3つのサービス。
XMのための新たなオペレーティング システム。




ギャップと成長機会の特定


どこに集中し、何をすべきかを把握


行動するカルチャーの構築

エクスペリエンス ギャップと
新たな成長機会を見つける

究極のリスニング エンジン

顧客や従業員の声を幅広く聞き、
整理し、組織全体がアクセス
できるように組織的な情報
としてまとめます。

クアルトリクスを導入したことで、
人々が何をしたか、
何を言ったか、
どのように感じたかなど、すべての
タッチポイントを
記録できるように
なりました。

36億人の顧客プロファイル、
さらに増加中

顧客データ システムから、年間消費額・在籍期間・最終購入額などの業務データを自動的に補強し、各顧客の豊富で詳細なエクスペリエンス データに役割ベースでアクセスすることが可能になります。

すべてのエクスペリエンスを
一元的に把握

クアルトリクス内にある統合されたデータと組織内にあるさまざまなシステムとの
データ連携を双方向で実施。

山本 薫

  • 利用開始 2020
  • LTV
  • 居住地 横浜

iD タグ/トピック

  • 空調: 低温 16.3km
  • 休息 21.3km
  • サービス利用頻度: 高 26.1km
  • 年齢: 25-34 22.3km
  • 空港 2.4km
  • 送迎: プレミアム 14.1km

プロフィール

エクスペリエンス


動的セグメンテーションで、究極の個別化を実現

XM Directoryを利用することで、デモグラフック情報だけに頼ったセグメントではなく、
顧客や従業員の体験から感じたことに基づくセグメントを構築することができます。
また、顧客のニーズが変化に応じて、セグメントも動的に更新されるため、
常に顧客の求める体験を提供することができます。

アラート

カード追加後2時間以内に乗車オプションを
設定しないユーザーの41%が退会のリスクに
あります。

インターセプトを実行

安心・安全で、18,000以上のグローバル ブランドからの信頼

Experience iDでエクスペリエンスの変革を始めましょう

パワフルな予測インテリジェンスを内蔵

自動推奨機能で
何をすべきかを正確に把握

何が起きているのか、次に何をすべきかを自動的に割り出す予測インテリジェンスにより、大量のデータから目に見えないエクスペリエンスの理解ができるようになります。

オーダー 9751-HU-23
について、 配送後に破損が報告
されました。 至急破損した
パーツを再送してください

配送に関して批判トピック多発
複数顧客より破損パーツのコメントあり。
配送プロセスの見直しが必要

洗練された統計データをシンプルに可視化

強力な相関分析・回帰分析・ピボットテーブル・クラスター分析などを、ボタンをクリックするだけの簡単操作で実行できます。Stats iQは、適切な統計テストとデータの可視化を自動的に選択し、その結果を誰もが理解し、実行に移すことができるよう、わかりやすい表現で結果を示します。

クアルトリクス iQにより、ネガティブなSNS投稿からポジティブなオンライン評価やアンケート回答まで、さまざまな文章から、感情やトレンド トピックを明らかにします。

最重要要素を理解する

顧客があるブランドを選択する際の重要な要素が何であるかといった問題から、従業員のエンゲージメントに最も大きな影響を与えるものは何かといった問題まで、Driver iQ は課題に応じた示唆を示します。

クアルトリクスを導入したことで、
電話やビデオ録画、ウェブ上での評価
など非常に多くの対象を分析し、
問題があればリアルタイムでアラートを
受信することが可能になりました。

エクスペリエンス デザインの
ための全てを映し出す鏡

TXM プラットフォームは、さまざまなデータを使って、対象者の次の行動を予測する強力なデータ モデルを構築します。製品の変更が売り上げに与える影響を予測すること、解約リスクのある顧客にフラグを立てること、従業員の悪い体験を解決するために改善アクションを起こすことなど、問題が顕在化する前にすべてを把握することができます。

パワフルな予測インテリジェンスを始めましょう

組織運営にXMを織り交ぜる

エンド ツー エンドのXM自動化ツール

xFlow は、どのような声があった時に、何をするかといったルールや業務プロセスを構築することを可能にします。これにより、受け取った声に基づいたより良い顧客体験のデザインや、顧客に対するスムーズなフォローアップが可能になります。

スマートなAIによる自動化されたアクション

xFlowは、XM DirectoryとiQと連携しています。ステークホルダーが誰で、何を必要としているかを
理解することで、顧客や従業員により良いエクスペリエンスを提供することができるようになります。

xFlowを
導入することで、
組織が必要とする
プロセスの
柔軟な設計が
可能になります。

既存のシステムを利用してアクションを構築

新しいシステムを学ぶ必要はありません。Zendeskでチケットを切り、Salesforceで顧客記録を更新するなど、既存のテクノロジーを利用して顧客へのインセンティブやオファーの提供をすることができます。

自動化の準備はできましたか?