従業員インサイト

退職者面談

体験版をリクエスト

退職者面談を実施することで、従業員の離職理由を把握し、今後の退職者を減らすための対策を講じるのに役立ちます。人事部門や経営陣は、退職を決めた従業員からのフィードバックを集めることで、優秀な人材の流出や採用のミスマッチを防ぎ、人材マネジメントを改善することで最終的にに組織全体のパフォーマンスを向上させるためのインサイトを得ることができます。

退職者面談を実施する際は、以下の点について考慮する必要があります。

  • オンラインアンケート
    退職者面談には、一般的なアンケート調査またはオンラインアンケートの方式をとることで、結果的により率直なフィードバックが得られ、有用なデータを収集できます。
  • データの相関性
    離職データを従業員のエンゲージメントまたはパフォーマンスに関するデータに紐付けることで、組織にとって損失になる離職と、やむを得ない離職を区別できます。
  • 継続的な測定
    退職者面談における回答を長期に渡って追跡することで、実施した改善策の効果を測定したり、さらなる予防策を考えることができます。

優秀な人材の流出を未然に防止

優秀な人材が離職し、その理由が未然に防げることであった場合、組織は不必要な損失を出したことになります。 そうした理由には、通常、業務内容への不満、不当な評価、ずさんな人材管理、昇進の機会の欠如、または同僚や上司からのハラスメントや不和などがあります。

退職者面談により、組織に損失を与える離職の原因を特定し、再発を防ぐための改善策を立てることができます。もちろん、優秀な従業員を失う前に、定期的な面談や率直な話し合いからこのような情報を得られれば理想的です。しかし、仮にそれが起きてしまった場合には、少なくとも同じことを繰り返さないためのヒントを退職者面談から入手することが大事です。優秀な人材が離職してしまう背景に、さらに深刻な人間関係の問題が潜んでいるケースもあります。そんな時は退職者アンケートで問題を把握することで、将来的に訴訟につながるような、ハラスメントや問題の発生リスクを回避することができます。また、退職理由が複数のグループやチームにわたる場合も、その原因を突き止めるのに退職者アンケートが有効です。

退職の理由

退職者アンケートの回答率をアップさせる方法

退職者アンケートの回答率は、平均すると退職者のわずか約3分の1です。 回答率をアップするには、以下のようなコツがあります。

  • 退職プロセスの一環として、退職者アンケートを組み入れる。
  • 退職者アンケートの実施と回答をオンラインで行う。 オンライン方式の方が、より率直で、具体的な体験を交えた回答が得られる傾向があります。
  • 従業員が退職を申し出た後、かつ退職手続きが完了する直前にアンケートを実施する。 退職手続きを完了した後では、アンケートの回答率が下がります。
  • アンケートの設問はなるべく短くシンプルにして、業務の要素に的を絞り、変更が必要な点を浮かび上がらせる。
  • 退職者の感情や心情に関する設問を含めるかどうか、特に解雇の場合、慎重に検討する。
  • アンケートの回答内容は、人事部門のみが閲覧して評価やコメントを確認し、退職者の上司や同僚がコメントを見ることはないと保証する。
  • アンケートの回答者から組織に対する提言があった場合、感謝のメッセージを送り、提言がどのように生かされるのかを伝える。