従業員インサイト

研修アンケート

体験版をリクエスト

研修アンケートと能力開発評価は、研修や開発プログラムの有効性を見極め、改善するには何を変更する必要があるかを特定するのに役立ちます。

営業研修、オンライン講座、教育講座や能力開発講座など、研修のタイプに関わらず、そのフィードバックをアンケートで収集することには、以下のことに役立ちます。

  • 参加者の反応を測定する
  • 研修内容とカリキュラムを改善する
  • 参加者の習得状況を評価する
  • 研修の成果を長期的に評価する
  • 研修費用を最適化する
  • 特定のグループに対して指導方法を特化させる

研修と能力開発プログラムの成果を計測する方法

研修効果の評価で一般に使われる「カークパトリック」モデルでは、評価を次の4つの段階に分けています。

  • レベル1: 反応
    研修講座や開発プログラムの直後に、研修後アンケートで参加者の反応を測定します。 たとえば、研修内容、業務との関連性、講師の技量、副教材(受講ガイド、練習問題など)の有効性に対する反応や、今後の研修の改善方法に関する意見を募ります。
  • レベル2: 学習
    レベル2では、研修内容に対する参加者の理解度と習得度を計測します。 研修の形態により、可能であれば、研修前評価やテストと、研修後評価に評価のタイプを分けてもよいでしょう。 タイプを分けることで、非常に有益な変化(デルタ)指標を定量化して、報告することができます。
  • レベル3: 学習内容の推移

    一定期間(通常数か月)の後、研修後の推移に関する評価を配布します。これは、研修で扱った目標行動に対する、参加者の取り組み状況を計測するものです。

    このタイプの研修アンケートは、学習内容を生かすことができているかを参加者に尋ねる簡単な自己評価から、受講した部下に対する上司の評価、同僚や部下、上司が参加者を評価する360度評価まで、幅広く利用できます。 推移の測定は、研修効果を評価する重要なステップです。調査によると、学習したスキルや知識が、業務に生かされないことが多いためです。

  • レベル4: 成果
    カークパトリックモデルのレベル4では、研修と営業成績との関連づけを行います。 この手順は本来、従業員向けアンケートや評価の枠を越えるものですが、Qualtricsのダッシュボードを使えば、業務指標を他の従業員データと簡単に結びつけることができます。

研修効果の評価「カークパトリック」モデル