メインコンテンツにスキップ

ブランド エクスペリエンス (BX)
オンデマンドウェビナー|ドール(Dole)社 事例

デジタル時代における
グローバル ブランドの管理方法


image


グローバル規模で経済的・社会的な不確実性が高まる中、消費者が企業を見る目は一段と厳しくなっています。このような変化は、消費内容の見直し、ブランド エクスペリエンスに対する不満を理由とするブランド変更、価値観が変化する中でのブランドへの期待値の上昇などの形で現れつつあります。

さらにデジタル チャネルの増加により、国・地域毎に厳密な境界を設けたブランド戦略を採ることが難しくなりつつある一方で、顧客の言語・文化に最適化された「ローカル」なブランド戦略を採る必要も生じています。グローバルに一貫したブランド メッセージを、ローカル市場に「響く」方法で発信するというバランスを取ることが求められているともいえるでしょう。このためには、「どのようにタイムリーなフィードバックを消費者から収集し、メッセージ発信に活かしていくか」という課題の解決法を考えることが重要です。

本ウェビナーでは、世界的最大の果物関連企業であるドール社のアシュビン・サブラマンヤム氏をゲストに迎え、デジタル時代におけるグローバル ブランドの管理方法と、ブランド管理における一貫性と柔軟性を保つための実践的なヒントを、テクノロジー活用の重要性とともにお伝えします。(日本語字幕付き)

【本ウェビナーの内容】

  • ブランディング投資をどう正当化するか
  • グローバルの「核」とローカルな柔軟性のバランス
  • ブランドの管理にはなぜフィードバックが重要となるのか

オンデマンドで今すぐ視聴する

この情報を提供することにより、
クアルトリクスの最新情報の受信、及び
プライバシーに関する声明に従った
個人情報の処理に同意するものとします。
このフォームを送信すると、利用規約プライバシーに関する声明。 いつでも退会できます。
提出することにより、Qualtrics利用規約およびプライバシーに関する声明

Step /2

講師紹介


Picture of アシュビン・サブラマンヤム氏

アシュビン・サブラマンヤム氏

Dole Asia Holdings Pte.Ltd.
アジア太平洋地域 マーケティング オペレーション責任者

食品CPG マーケティングとジェネラル マネジメント分野で28年の経験を持ち、アジア太平洋・北米・欧州の市場に携わる。ブリタニア、ダノン、クラフト、モンデリーズ、ドールなどのグローバル企業において、国・地域、グローバルの各レベルでの経験を有する。

Picture of ケン・チョイ

ケン・チョイ

クアルトリクス
アジアパシフィック&日本地区
ブランド エクスペリエンス ソリューション戦略担当

ブランド戦略およびリサーチの分野で 18 年以上の経験を持つ。インサイト コンサルティング会社にてディレクター・大規模グローバルな調査プログラムの経験を有し、これまでに45カ国・地域以上でブランド調査を実施。
現在はアジア太平洋・日本地域のソリューション ストラテジストとして、トップレベルの技術・サービス ソリューションの設計に注力し、ブランドが顧客や幅広い市場に対して一貫した魅力的なエクスペリエンスを展開することを可能にするための支援を行っている。

グローバルで 16,000 以上のブランドで信頼されているプラットフォーム