メインコンテンツにスキップ

柔軟な働き方に求めるもの

新しい働き方と従業員のニーズや期待を
一致させ、人材を惹きつけ、
長く働いてもらう方法

4 day work flexibility image

人々の生活や仕事に対する根本的な変化とともに、グローバルな課題によって、優先順位が揺らぎ、従業員の企業に対する価値観が大きく見直され続けています。

柔軟な勤務形態や、自分の生活に合わせて仕事のスケジュールを調整することに慣れてきた人々は、勤務先の企業が自分のニーズや期待に応えることを求めています。

多くの業界で人手不足が続き、人材獲得競争が激化する中、従来の働き方を見直すことは、従業員を惹きつけ、定着させるために大きな役割を果たすと考えられます。

本書では、「週休 3 日制」などのトピックをめぐり、クアルトリクスがアジア太平洋地域と日本を対象に実施した調査の結果をご紹介しながら、従業員が「柔軟な働き方」に何を期待しているのかについて明らかにしています。

自社が提供する従業員向けプログラムが、従業員のニーズと期待に沿ったものであることを確認するために、ぜひお役立てください。

今すぐ無料でダウンロードする

弊社製品に関する質問や資料請求やデモ依頼など、新規導入検討に関するお問い合わせはこちら

この情報を提供することにより、
クアルトリクスの最新情報の受信、及び
プライバシーに関する声明に従った
個人情報の処理に同意するものとします。
このフォームを送信すると、利用規約プライバシーに関する声明。 いつでも退会できます。
提出することにより、Qualtrics利用規約およびプライバシーに関する声明

Step /2

本書の内容



  • 60%の従業員がより柔軟な働き方を希望。週休3日制を希望するのは…
  • 週休 3 日制は、ワークライフバランスとウェルビーイングにどのような影響を与えると考えられているのか?
  • 従業員のニーズに沿い、共感を持ってリーダーシップを発揮するために、人事リーダーは何をすべきか
  • 柔軟な働き方へのシフトが高める、新しい 「働き方」 におけるパフォーマンス測定方法策定へのニーズ

世界16,000以上のブランドで採用された信頼のプラットフォーム