ウェビナー

新常態において求められる従業員エクスペリエンス


〜忍耐強く適応力のある従業員の育成に向けて〜

全ての企業において、2020年はこれまでにない多くの新しい体験をする年になりました。この状況は年後半にも続くものと思われます。そして、このような変革の時代をうまく乗り越えるためには、人事部門の貢献が欠かせません。

日本だけでなく、世界中の企業にとって「アフターコロナ」の時代に従業員が対応できるように準備することが重要です。そうしなければ、さまざまな変化に従業員が十分対応することができず、混乱が生じたり、ストレスを感じることになります。

真の「働き方改革」が開始される中で、従業員が忍耐強く迅速に新しい働き方に順応していく必要があります。今回のウェビナーでは、クアルトリクスが日本およびアジアパシフィックにおいて実施した最近の調査結果もご紹介しながら、下記の点について議論させていただきます。

  • 従業員の要望・期待にどのように対応していくか?
  • 変化に対する従業員の感情をタイムリーに把握し管理していくにはどうすれば良いか?
  • 従業員に対して投資することが、会社全体の業績につながるのはなぜか?
  • リーディングカンパニーはどのように変化に対応しようとしているか?

今すぐ視聴する

Picture of 市川 幹人(いちかわ みきと)

講師紹介


市川 幹人(いちかわ みきと)

クアルトリクス・ジャパン
EXソリューション ストラテジー ディレクター

シンガポール国立大学 経営大学院修了(MBA)
住友銀行(現三井住友銀行)入行、国内支店・ニューヨーク支店勤務を経て三菱総合研究所に入社。三菱総合 研究所では、経営計画策定や新規事業開拓支援コンサルティングのほか、産業・市場・顧客調査、アジア経済 動向分析を担当。
その後、人事・組織コンサルティング会社であるヘイグループ(現コーンフェリー)日本支社にて、従業員意 識調査チームを立ち上げ、様々な業界のリーディング企業に対し、調査設計から結果報告、アクションプラン 策定のためのワークショップの運営などを担当。さらに、タワーズワトソンにおいても、従業員意識調査領域 のリーダーとして、従業員の声を収集、分析、アクションを検討する一連の組織改革活動をサポート。
2020年にクアルトリクスに入社、長年のリサーチ、コンサルティングの経験をベースに、従業員エクスペリエ ンス(EX)分野におけるエキスパートとして、従業員意識調査活動の推進支援のほか、EX領域に関する情報発 信などを担当。

(主な共著・訳書)
『エンゲージメント革命』(生産性出版)
『勝ち組企業の選択力』(PHP研究所)
『これからの国際経営戦略』(ジェトロ)

グローバルで 11,000 以上のブランドで信頼されているプラットフォーム