ウェビナー

これからの働き方と
エンゲージメントの維持・強化策


〜あれから1年:働き方と生活はどう変化していくのか?〜

image


第1回目の緊急事態宣言から1年以上が経過し、新しい従業員の働き方や生活が定着してきました。とはいえ、ワクチン接種の遅れ、変異株による感染拡大など、不透明な経営環境が払拭されたわけではありません。

従業員の働き方をみると、業務分担の偏り、コミュニケーションの機会の減少、精神的なストレスの上昇などが発生しています。また、従業員エンゲージメントを左右する要因についても、従来とは異なるテーマが重要度を増しつつあります。

本ウェビナーでは、日本国内で実施した最新の「働く人の意識調査」結果に基づいて、上記のような変化を可視化し、検討すべき今後の対応について解説したいと思います。

  • あれから1年〜働き方と生活の何が変化したのか?

  • エンゲージメントを維持・強化する上で今後注目すべきテーマは何か?

  • 従業員の声に耳を傾ける活動はどうなる?

  • 企業が取るべきアクションの方向性は?

オンデマンドで今すぐ視聴する

この情報を提供することにより、
クアルトリクスの最新情報の受信、及び
プライバシーに関する声明に従った
個人情報の処理に同意するものとします。
このフォームを送信すると、利用規約プライバシーに関する声明。 いつでも退会できます。
提出することにより、Qualtrics利用規約およびプライバシーに関する声明

講師紹介


Picture of 市川 幹人

市川 幹人

クアルトリクス・ジャパン
EXソリューション ストラテジー ディレクター

シンガポール国立大学経営大学院修了。住友銀行(現三井住友銀行)、三菱総合研究所を経て、ヘイコンサルティンググループ(現コーン・フェリー・ジャパン)およびウイリス・タワーズワトソンにおいて、従業員意識調査チームの統轄責任者を歴任。様々な業界のリーディング企業に対し、プロジェクト全体の企画から、調査設計、実査準備・運営、集計分析、結果報告、アクションプラン策定のためのワークショップ運営まで、豊富な経験を有する。
クアルトリクスでは、従業員エクスペリエンス分野推進のディレクターを務める。

世界13,000以上のブランドで採用された 信頼のプラットフォーム