すべてのお客様事例に戻る

ゴールドマン・サックス + クアルトリクス

クアルトリクスを使えば、
従業員が最も大事に思っていることが
何なのか分かります

ゴールドマン・サックスの導入効果

4x

新しい福利厚生の
導入が4倍に

業界屈指の
福利厚生パッケージ

マネージャーの能率に対する
理解の深まり

概観


変化の激しい時代にあって、従業員の期待も急速に変化しています。ゴールドマン・サックスは、仕事の内外を問わず、従業員を最もよく支えることができる従業員エクスペリエンスを設計したいと考えていました。同社は従来、ベンチマークを使用して従業員の福利厚生を設定していましたが、クアルトリクスを利用することで、従業員のニーズに合わせたプログラムの設計に成功しました。

世界最大級の銀行で、
画期的な従業員エクスペリエンスを
実現するには?


同社が従業員に、どのような福利厚生を最も重視するかを尋ねた際、同社は従来から存在する福利厚生、特に経済的インセンティブや年金に関する内容を会社に期待していると予測していました。

しかし、クアルトリクスの従業員エクスペリエンス ソリューションを利用して行った調査により、従業員が最も望んでいるのは、家族、そして仕事以外の生活に対するサポートであることが明らかになりました。

家族、そしてウェルネスを重視した
福利厚生内容を優先する

従業員調査に際し、同社のチームが採用した調査方法は、通常、消費者向けのマーケティング戦略で用いられる「コンジョイント分析」でした。福利厚生の選択肢を並べて提示し、様々な組み合わせに対する従業員の評価を調べました。

そして、その結果が、4 種類の新しい福利厚生の導入・拡大に繋がりました。

  1. 高齢者と家族をケアするための休暇

  2. 養子縁組に対する給付金

  3. 不妊治療:採卵、卵子提供、養子縁組、代理出産のための資金援助を含む

  4. 新しい育児休暇制度が “ウォール・ストリート最高の育児休暇制度 “ として報道される

マネージャーの能率の最適化

同社は、従業員エンゲージメントや従業員のウェルビーイングに対し、マネージャーが果たす役割が大きいことも認識しています。

そのため、同社はクアルトリクスと協力して影響/ドライバー分析を行い、どのようなマネジメント行動が従業員エンゲージメントの向上と相関するかを明らかにしました。これにより経営陣は、どんなポジティブなリーダーシップの特質が、従業員エクスペリエンスに大きな違いをもたらすのかを、より深く理解することができました。また、リーダーシップ研修を設計・改善する際に、どの分野を重点的に取り組むべきかを把握することにも役立ちました。

また、世界的な研究を通して、従業員と上司との関係や、それが従業員の職場でのエクスペリエンスにどのような影響を与えているかをより深く把握することに成功しました。

ゴールドマン・サックスは人生を変えるような
従業員エクスペリエンスを提供しています。

デイヴィッド・ランドマン氏

マネージング・ディレクター
グローバル・ヘッド・オブ・
タレント・アセスメント

クアルトリクスを使うことで、優れた従業員エクスペリエンスを生み出すことができました。ベンチマーキングや裏付けが伴わないフィードバックだけを頼りにしていたら、正しい判断はできなかったでしょう。

ザ・ゴールドマン・サックス・グループ・インクは、投資銀行業務、証券業務そして投資運用業務を中心に、企業、金融機関、政府機関、個人など多岐にわたるお客様に対し、幅広い金融サービスを提供している世界有数の金融機関です。1869 年に創業し、ニューヨークを本拠地に、世界の主要な金融市場に拠点を擁しています。

GOLDMANSACHS.COM/JAPAN
共有

業種

金融・銀行

地域

北米

会社規模

大規模

ビジネスタイプ

B2B + B2C

クアルトリクスを活用し
エクスペリエンスマネジメントを始めましょう。