メインコンテンツにスキップ

EmployeeXM の
機能を詳しく知る

製品ご紹介動画を見る

従業員エンゲージメント調査の実施に最適なタイミングは?

この記事は 2分 で読めます
優れたコメディのように、タイミングこそがすべてです。従業員エンゲージメントプログラムでは、従業員調査の予定を立てるにあたって考慮に入れるべき点がいくつかあります。最も重要なものを見ていきましょう。


2つの主要な期間を確立する

以下の2つの主要なタイミングを中心として調査の予定を立てる必要があります。

  • すなわち、いつ役員に結果を提示する必要があるか?
  • そして、従業員に調査を公開するのに最適な時期はいつか?

いつ結果を提示する必要があるか

組織の1年のサイクルの中で特定の複数の時期が調査結果の提示に最適です。

  • 年次報告書。企業の実績を公表する際は、しばしば新規の調査データを含める必要があります。印刷の締切の前にデータを送信する必要があるでしょう
  • 役員会議は通常月ごともしくは4半期ごとに開催されます。役員会議の前に結果をまとめて、フィードバックを提示する時間帯を確保しましょう
  • 1年の中で暇な時期は調査結果を理解させるのに最適です。成績評価の時期、クリスマス、年末は通常忙しく、そうした時期に結果を分析することは気が散ることのように思われる可能性があります
  • 過去の調査の時期は役に立つ可能性があります。なぜなら企業にはリズムと習慣があるからです。1年の特定の時期に調査を実施して有用な結果が得られた場合は、その時期でキープしてください

調査の公開時期

自分の組織について調べて、従業員が調査に最もよく関心を寄せてくれる最適な時期を特定する必要があります。避けるべき時期は以下の通りです。

  • 学校の休日や国民の休日 – 多くの人が休暇を取るため、多くの人が機会を逃すことになる可能性があります
  • 繁忙期 – 従業員が忙しい時期に調査をすると、回答率やデータの品質および正確さに大いに影響を及ぼす可能性があります。昔から会計年度末やクリスマスの準備期間は忙しい時期です

調査はどれだけ長く公開するべきか

調査の公開期間の長さを決める必要があります。過去の回答率を調べましょう。過去の回答率が高い場合は、調査の公開をより短期間にすることができるかもしれません。2週間が一般的には経験的に言ってちょうどよい調査実施期間です。特に全従業員が調査をオンラインで受ける場合は。

従業員のエンゲージメントを理解することは、従業員の体験全の中でも重要な部分です。

詳細な、世界規模の従業員エンゲージメントプログラムの設計と実行についてさらなる支援をお望みですか? 自動化されたXMソリューションをご覧ください。

従業員エンゲージメント調査向け
テンプレートを無料でご利用ください。


Employee XM Team

この記事はEmployeeXMチームによって作成されました。

EXサイエンティストは、世界トップレベルのEX戦略・プログラムの設計と実施を支援するアドバイザリーサービスを提供するEXコンサルタントで構成されるグローバルチームです。経験則に基づいた、ベストプラクティスのソリューションを提供します。