商品開発調査

商品開発調査は、コンセプトのテストや見直しを通じて、消費者に欲しいと思ってもらえる、つまり「売れる」商品やサービスを市場に送り出すために行うものです。

製品デモを依頼

顧客のニーズや要求に応える商品を提供して、生き馬の目を抜く市場で生き残れるか否かは、商品開発調査の成否にかかっています。これは新商品だけでなく、既存の商品の見直しの場合も同様です。 調査は、たとえば、ニーズに合っていない商品を特定する、既存の商品の機能拡張の可能性を探る、ある商品の認知度や人気を測るなどの目的で実施されます。


ユーザー体験の調査

ユーザーエクスペリエンス(UX)調査では、ユーザーの行動、ニーズ、購入意思を読み解くため、さまざまな観察技術、タスク分析、フィードバック解釈法などが使われます。 ユーザーエクスペリエンス調査で使われる調査方法は、実験室ベースのユーザビリティ調査のような効果が実証済みの手法から、オンラインUX調査のような最近開発された手法まで、幅広い選択肢があります。

詳細はこちら

価格設定調査

多くの企業が、市場のニーズや評価を調べることなく、会議室で商品やサービスの価格を決めています。 価格設定調査を実施して顧客の購入可能価格を把握しておけば、利益や収益、またはマーケットシェアを最大化する最適な価格を設定することができます。 また、価格設定調査は、どのタイミングで、どの層の顧客に割引を提供すればいいのかを把握するのにも役立ちます。

詳細はこちら

商品満足度とロイヤルティ

商品満足度とロイヤルティに関する調査は、商品が顧客からどう見られているか、顧客が商品にどれだけ満足し、どれだけ利用しているか、商品にもっと満足してもらうにはどうすればいいか、といったことを見定めるのに役立ちます。 調査はメール、SMS、電話など、さまざまなチャネルを通じて実施されます。 商品満足はブランドロイヤルティ構築の前提条件です。つまり、商品満足度調査には、ブランドエクイティ調査としての重要な側面もあります。

詳細はこちら

コンセプトテスト

新商品の開発や、アイデアへの投資を検討している企業や組織は、コンセプトテストを実施することで、実際に開発や投資に着手する前に、新しい商品やサービスに対する顧客の反応を推測することができます。 コンセプトテストは、アイデア段階の商品やサービスに対する反応、需要、ニーズを把握するための重要なプロセスです。

詳細はこちら