メインコンテンツにスキップ
Qualtrics Home page

EmployeeXM の
機能を詳しく知る

製品ご紹介動画を見る

従業員ウェルビーイング 完全ガイド

この記事は 14分 で読めます
従業員ウェルビーイングは、特にこの困難な時代において、従業員エクスペリエンスにとって不可欠な要素です。従業員のエンゲージメントと定着率を高め、最終的にはビジネスにおける利益も向上させたいのであれば、従業員ウェルビーイングの戦略をビジネスの中心に据える必要があるのです。


エンゲージメント定着率から、生産性や利益の向上に至るまで、従業員ウェルビーイングは、従業員が最高の仕事をするための原動力となります。そして、職場のウェルビーイングが損なわれると、ビジネスの健全性も損なわれてしまいます。

その重要性に鑑み、従業員ウェルビーイングを促進する主な要因、職場でのウェルビーイングサポートの利点、パンデミック従業員ウェルビーイングに与えた影響、ウェルビーイング プログラムを設計する際に考慮すべき点、さらに組織で従業員ウェルビーイングを改善し続ける方法について詳しく見てきました。

従業員ウェルビーイングとは?

「従業員ウェルビーイング」という言葉は、健康と安全、物理的な労働環境、職場文化、ワークライフバランス、従業員の仕事への満足度など、労働生活のあらゆる側面を対象としています。従業員ウェルビーイング、つまり、従業員の身体的な健康と精神的な健康(メンタルヘルス)の両方を促進する職場環境は、個人と組織にポジティブな結果をもたらします。  また、ウェルビーイングが良好であると回答した従業員は、ポジティブな感情状態を享受し、より積極的に仕事に取り組み、生産性が高く、困難に立ち向かうことができると考えています。

クアルトリクスの調査によると、職場のウェルビーイングに影響を与える5つの主要な要因があることがわかりました。

  1. 私は、この会社の一員であることを実感している
  2. 私は、働いているとき、ありのままの自分でいられる
  3. 私は、チームにおいて存在価値を認められていると思う
  4. 私は、チームの一員であることを実感している
  5. 私は、敬意を持って接してもらっている

Qualtrics®では、職場における従業員ウェルビーイングを以下の5段階の指標で測定しています。

  1. 仕事で心が落ち着く
  2. 仕事でやる気が出る
  3. 仕事の責任に押しつぶされそうになることがほとんどない
  4. 仕事で自分を前向きに受け止めている
  5. 仕事で信頼関係を築けている

従業員福利厚生ソリューションの詳細はこちら

職場でのウェルビーイングの効果

従業員が身体的にも精神的にもベストな状態でなければ、最高の仕事をすることはできません。そのため、ウェルビーイングやメンタルヘルスのリソースに投資することで、従業員のウェルネスに真剣に取り組み、従業員がビジネスの生産性を高められるようにサポートすることが重要です。

ここでは、従業員ウェルビーイングを支援することのメリットを紹介します。

医療費負担の軽減

2010年のハーバード・ウェルネス・プログラム・メタ調査によると、従業員ウェルビーイン グプログラムに1ドルを費やすごとに、企業は医療費の削減により3.27ドルを節約しています。

欠勤率の低下

ウェルネス プログラムは、従業員の健康とモラルを向上させ、欠勤率を下げる2つの要因になります。

従業員エンゲージメントの向上

Virgin Pulseの調査によると、85%の企業がウェルネス プログラムは従業員のエンゲージメントをサポートすると回答しています。また、調査回答者の約42%が、ウェルネス プログラムを導入する最大の理由は、従業員エンゲージメントを向上させるためであると回答しています。また、エンゲージメントの高い従業員は、期待されている以上の貢献をする傾向があり、仕事のパフォーマンスや組織の成果を高めることにつながります。

雇用主からの評価の向上

米国心理学会の報告によると、89%の従業員が、企業がウェルビーイングの取り組みをサポートしている場合、会社を働きやすい職場として推薦することがわかりました。

エンパワーメント感情の高まり

所属する企業がメンタルヘルスに関する情報を積極的に共有していると答えた従業員は、企業が自分自身の健康と幸福を見守るために必要な情報を伝えてくれていると感じる傾向が61%も高いことが分かりました。

燃え尽き症候群の防止

一方、従業員ウェルビーイングに投資しなければ、従業員が燃え尽き症候群に陥ったり、生産性が落ちたり、安全上のリスクが高まったりするリスクがあります。こうしたリスクには、職場での事故も含まれ、精神的、身体的、経済的、法的にも有害な影響を及ぼす可能性があります。

パンデミックは、従業員ウェルビーイングにどのような影響を与えたのでしょうか?

pandemic impact employee wellbeing

パンデミック、そしてリモートワークやハイブリッドワークへの移行は、私たちの中にある仕事との境界線を曖昧にし、ワークライフバランスを狂わせてしまいました。  例えば、初めて自宅で仕事をする人が、リモートワークハイブリッドワークはノートパソコンの前に座る時間が増え、スイッチを切るタイミングかわからなくなることなどが例として挙げられます。

このような背景から、クアルトリクスが最近実施した調査では、従業員が今後1年間に転職活動を行うと答えた理由の上位に、燃え尽き症候群と職場のストレスが含まれていることが明らかになったことは、自明のように思われます。

燃え尽き症候群に加え、パンデミック開始以来、以下のような多くの要因が従業員ウェルビーイングに影響を及ぼしています。

仕事量

仕事量は、従業員の職場安全衛生レジリエンス、ウェルビーイングに対する強力な緩衝材となります。クアルトリクスが2020年に実施したレジリエンスに関する調査によると、仕事量に関して管理可能なキャパシティに達している従業員のグループは、自分の安全性、レジリエンス、ウェルビーイングについてポジティブに感じている割合が最も高いことが明らかになりました。逆に、仕事量がキャパシティを大きく下回っている従業員は、同じ要素について否定的な見方を示しています。

親や介護者であること

在宅勤務と育児・介護を同時にこなさなければならないことは、多くの従業員にとって非常に困難なことです。私たちが最近行った調査では、45%の働く親が、パンデミック時に家族の責任に集中した結果、職場で不当な扱いを受けていると感じていることが明らかになりました。

employee well-being for parents with kids

雇用の安定に関する不確実性

パンデミックを経て、ある業界の労働者は、他の業界よりも安心して新しい仕事を探すことができるようになりました(これが米国の「大辞職」の原因となりました)。また、パンデミックによって各業界の自動化計画が加速し、労働者の雇用の安定と寿命に対する懸念が生じたという回答も見られました。さらに、パンデミックによる物資の不足を、近い将来、自分の仕事に影響を与えるかもしれない要因として捉えている人もいます。

従業員ウェルビーイング プログラムを成功させるポイントとは?

従業員ウェルビーイング プログラムを新たに構築する場合、健康保険制度を見直す場合、あるいは既に提供しているプログラムを強化する場合など、多くの場合において、従業員ウェルビーイング プログラムがカバーすべき事項を以下に紹介します。

身体的な健康

従業員の身体的な健康は、総合的な健康状態だけでなく、仕事への取り組みや態度にも大きな影響を及ぼします。睡眠不足や必要な栄養素が少ない食事など、不健康な習慣に陥ると、従業員は最高の体調を保てず、心臓病などの病気にかかるリスクがあるだけでなく、仕事でも最高のパフォーマンスを発揮することができなくなります。ウェルネスプログラムや従業員ウェルビーイングの取り組みとして、社内(またはバーチャル)でのヨガクラス、フィットネスチャレンジ、栄養指導、睡眠トレーニング、従業員食堂での健康的な食事などが、身体的な健康をサポートする習慣を促進するのに役立ちます。

メンタルヘルス

職場のストレスと燃え尽き症候群は、従業員のエンゲージメントを脅かす最大のメンタルヘルスリスクです。  前述の通り、COVID-19では、従業員のメンタルヘルスの問題やストレスレベルが急増しています。従業員がストレスに対処できるように、ウェルネスプログラムでは、従業員支援プログラム(EAP)を通じてカウンセリングなどのメンタルヘルスリソースや、その他のストレスマネジメントリソースを提供することができます。例えば、オンサイトやバーチャルでのストレス管理クラス、瞑想やヨガのコース、チェア マッサージなどがあり、これらはすべて精神衛生上の効果が期待されます。

財務の健全性

従業員の中には、予算管理や日常的な出費が困難で、経済的なストレスを感じている人もいるかもしれません。ウェビナーやオンラインコースなど、財務の健全性に関するサポートを提供することで、従業員は個人の財務管理に自信を持ち、不測の事態への備えをすることができるようになります。

社会でのウェルビーイング

職場で協力的な人間関係を築いている従業員は、仕事に対してつながりを感じ、より積極的に仕事に取り組む傾向があります。社会的なつながりに乏しい従業員には、ウェルネス プログラムが、健康的な環境の中で同じ志を持つ人たちとつながる手助けをします。読書会、ランニング(またはウォーキング)クラブ、社内フィットネスクラス、バーチャルフィットネスチャレンジ、ボランティアプログラムなど、同僚とのつながりがあれば、従業員はより仕事に集中でき、幸せだと感じることができます。

仕事におけるウェルビーイング

ウェルネスと生産性は密接に関係しています。そして、職場環境は従業員ウェルビーイングに影響を与えます。  例えば、1日中定期的に休憩を取ったり、ストレスを感じたら散歩をしたり、ランチや休憩室でエネルギーを補給できる健康的なスナックを提供するなど、健康的な習慣をサポートすることは雇用主にとってメリットがあります。

従業員の福利厚生プログラムを設計する際には、上記の構成要素の合計が個々の部分よりも大きいという全体的なアプローチを取ることを忘れないでください。

自分の組織での従業員ウェルビーイングの改善を始めましょう

従業員ウェルビーイン グプログラムを設計するメリットとその構成要素について見てきましたが、いよいよ実行に移す時が来ました。

ここでは、組織で従業員ウェルビーイングを高めるための5つのステップを紹介します。

ステップ1. 従業員の現状を把握する

従業員の関心事や重要だと感じていることは、時間とともに変化していきます。パルスサーベイのようなリスニングツールを使えば、リーダーは変化するニーズに気がつきフィードバックに基づいて行動することができます。これは、従業員のニーズや、そのニーズを持っていると思われる人物を推測するだけでなく、より意図的に行動し、リアルタイムで従業員ウェルビーイングをサポートすることでもあるのです。

ウェルビーイングを向上させるかどうかわからない一般的なプログラムに投資する前に、まず組織のウェルビーイングに影響を及ぼしている問題に耳を傾け、理解することから始めてください。何がウェルビーイングに影響を与えているかを理解すれば、それを改善するためのアクションをより的確に絞り込むことができます。

ステップ2. DEIと帰属意識に注目する

ダイバーシティ、エクイティ、インクルージョン(DEI)帰属意識は本質的に結びついており、DEIの向上に取り組む組織は、従業員ウェルビーイング、従業員のエンゲージメントや定着率にもメリットを感じているようです。

帰属意識従業員ウェルビーイングにプラスの影響を与え、それ自体が従業員エクスペリエンス全体の重要な部分となります。包括的な職場環境を育成することは不可欠であり、リーダーは従業員のリスニングから得られるあらゆる洞察をもとに行動を起こすことで、それを実証する必要があります。

2021年従業員エクスペリエンストレンドレポートでは、ほぼ4人に1人の従業員が、自分の所属する組織に属していないと感じていることがわかりました。このような感情は、従業員ウェルビーイングに悪影響を及ぼし、最終的にはそのような従業員が、自分らしくいられる社風を持つ他の組織で仕事を探す動機となります。

focus on DEI and belonging

ステップ3. 従業員の仕事量を管理できるようにする

前述したように、従業員の仕事量はその人のウェルビーイングに大きく関わっています。そして、クアルトリクスの調査によると、従業員の仕事量には、圧倒されるほど仕事が多すぎず、やりがいがなく退屈するほどでもない、スイートスポットがあることがわかりました。

従業員と管理職の間で定期的にオープンなコミュニケーションをとることで、仕事量を管理しやすくし、ワークライフバランスを向上させ、従業員が負担を感じ始めるタイミングを予測することができます。

ステップ4. 管理職が共感をもってリードすることを奨励する

仕事量に加え、管理職がより協力的になり、共感をもって指導し、一般的に従業員の仕事上の状況を理解し把握することは、従業員ウェルビーイングを支援する上で大きな役割を果たします。

責任ある仕事とリモートワークを両立させる働く親や介護者にとって、以下のような特徴を持つ上司と良好な関係を築くことは重要です。

  • 家庭の事情に詳しい
  • 融通が効く
  • 従業員の業務遂行を支援する

以上のような特徴を持つ上司と働く重要員は、自分が目にかけてもらっている、支えられていると感じることができるようになります。従業員がもたらす価値を評価するマネージャー(および組織)は、従業員のウェルネスを確保する上で有用な推進役となります。一方、劣悪な管理は、離職やウェルビーイングの低下を招きます。

ステップ5. 福利厚生として、より多くのメンタルヘルスサービスを提供する

メンタルヘルス関連費用の負担からEAPリソースの追加まで、従業員に無料で簡単に利用できるメンタルヘルス関連リソースを提供することは、従業員の健康全般をより良くサポートすることにつながります。

従業員ウェルビーイングを測定する

ここまでの記事を読んでくださった方の中には、所属する企業が社会的責任の一環として、従業員ウェルビーイング戦略を導入しようとしているという場合も多いでしょう。そのような企業は、従業員の心身の健康を管理し、柔軟な勤務時間、自己啓発の機会、健康全般のサポートなど、ワークライフバランスを維持することを奨励していると思われます。それでは、成功した従業員ウェルビーイン グプログラムは、どのように評価すればよいのでしょうか。

2022年に向けて混乱が続く中、従業員ウェルビーイングは、従業員エンゲージメントモデルの中核となる指標である必要があります。有害な労働環境では、従業員は成長することも、最高の仕事をすることもできません。したがって、従業員の幸福のためには、積極的に耳を傾け、彼らの貢献を認めることが不可欠です。

パンデミックを経て見られた良い傾向の1つは、雇用主が従業員の声にもっと耳を傾けるようになったということです。

listening to employees stats

従業員の声に耳を傾けることの重要性は、パンデミックや、安全やウェルビーイングの問題で遠隔地にいる従業員をサポートする必要性が生じたことにより、より鮮明に認識されるようになりました。パルスサーベイは、従業員の懸念の「温度」を測る最も効果的な方法でしたし、今もそうです。この従業員の声に耳を傾けるアジャイルな方法は、パンデミック時に本領を発揮しました。パルスサーベイで収集・分析できる情報量の多さが評価され、そのインサイトへのニーズは高まっています。

また、従業員は、自分のフィードバックの結果に対して、所属する企業が迅速に行動していると感じた場合、自分のウェルビーイングをより好意的に評価します。

actioning feedback impacts well-being

また、クアルトリクス EmployeeXMなどのプラットフォームで運用(O)データと体験(X)データを組み合わせると、あらゆる従業員エクスペリエンスから継続的にフィードバックを収集することができます。これらのインサイトにより、従業員ウェルビーイング、従業員エンゲージメント、人事、生産性、企画を強化するための適切なアクションを取ることができ、大切な人材を第一に考えることができるようになるのです。

クアルトリクスの従業員ウェルビーイング ソリューションとは?