高度な質問(EX)

このページの内容:

注意: このページの多くのリンクは、エンゲージメント、ライフサイクル、アドホック従業員調査だけでなく、標準的なクアルトリクスアンケートに関するページにもリンクしています。 それぞれのページで注意しなければならない相違点は以下のとおりです。 EmployeeXMプロジェクトを作成する際、コンテンツによっては若干異なって見える場合がありますが、機能的には同じです。
ヒント: このページでは、エンゲージメント、ライフサイクル、アドホック従業員調査のプロジェクトで利用可能な機能について説明します。ただし、組織階層の質問は例外で、エンゲージメントでのみ利用できますのでご注意ください。 それぞれのプロジェクトタイプの詳細については「Employee Experienceプロジェクトのタイプ(英語)」を参照してください。

高度な質問について

EmployeeXMの高度な質問には3つのタイプがあります。 タイミング、メタ情報の質問、組織階層です。 タイミングの質問は、参加者がそのページに費やす時間を追跡・管理するためにアンケートのどのページにも追加できる非表示の質問です。メタ情報の質問は、オペレーティングシステムやブラウザーなど、参加者の基本的な情報を追跡・報告するための非表示の質問です。 これらの質問タイプはどちらもクアルトリクスの標準的なアンケートで利用できますが、組織階層の質問タイプ(参加者が組織内の自分の職位を見つけられるようにする質問)は、従業員エンゲージメントのアンケートでのみ利用できます。

どのような質問タイプを選択して使用すべきかの詳細については、従業員エンゲージメントの「はじめに」ページの「質問タイプの選択」セクションを参照してください。

タイミング

タイミングの質問タイプは、EmployeeXMでもアンケートプラットフォームのアンケートとまったく同じように機能します。 詳細については、アンケートプラットフォームのサポートページ「タイミング」をご覧ください。

メタ情報の質問

メタ情報の質問の質問タイプは、EmployeeXMのプロジェクトでもアンケートプラットフォームのアンケートとまったく同じように機能します。 詳細については、アンケートプラットフォームのサポートページ「メタ情報の質問(英語)」をご覧ください。

組織階層

組織階層の質問タイプでは、階層構造から選択するか、検索ボックスを使用するか、またはその両方によって、参加者が組織内の自分の職位を見つけられるようにします。 階層を最初に生成する必要があります(「親-子階層の生成(英語)」または「レベルベースの階層の生成(英語)」のページを参照してください)。 これは大規模な組織や、匿名リンクと認証機能を使用する組織(参加者がメールアドレスを持っていない場合など)に有効です。

ヒント: 階層はエンゲージメントにのみあり、ライフサイクルやアドホック従業員調査にはないことにご留意ください。 それぞれの詳細については「Employee Experienceプロジェクトのタイプ(英語)」をご覧ください。

組織階層の質問の設定

組織階層の質問を追加すると(質問の作成方法については、「質問の作成と編集(英語)」を参照)、質問編集ペインに3つの追加設定が表示されます。

アンケートビルダーにおける組織階層の質問と呼び出された主な機能

  1. 組織階層を選択: 質問のベースとなる階層を選択する必要があります。 階層を生成していない場合(「親-子階層の生成(英語)」または「レベルベースの階層の生成(英語)」のページを参照してください)、またはドロップダウンメニューから組織階層を指定していない場合は、組織階層の質問が正しく機能しないことに注意してください。
  2. オプションを表示: [階層]を選択すると、ドロップダウンメニューがいくつか表示され、参加者はそこから自分のマネージャーやユニットを探すことができます。 [検索ボックス]を選択すると、検索ボックスが表示され、参加者はそこから自分のマネージャーやユニットを検索できます。 [両方]を選択すると、検索ボックスと階層の両方が表示され、ユーザーはどちらか一方を使用できます。
    ヒント: 検索ボックスでは、参加者はマネージャーの名前かユニットの名前のみを使用できます。
  3. メタデータ検索フィールド: このオプションは、質問表示オプションで[検索ボックス]または[両方]を選択した場合に表示されます。 親-子階層(英語)を生成し、[組織ユニットのメタデータ]にメタデータフィールドを選択した場合は、そのオプションがここで選択できます。 これにより、参加者は組織階層の特定ユニットによる検索に加えて、このメタデータフィールドによる検索もできるようになります。
    例: この例では、組織ユニットのメタデータに[UnitDescription]フィールドを選択しています。
    親子階層の作成と組織ユニットメタデータ用フィールドの選択
    その後、メタデータの検索フィールドとして[UnitDescription]を選択すると、参加者がこのフィールドにより検索できるようになります。

組織階層の質問タイプの利用

組織階層セレクターがどのように機能するかは、結び付けられている階層の種類によって異なります。

親-子階層やスケルトン階層に結び付けられている場合、参加者は多くの場合マネージャーの名前を検索します。

従業員の名前が選択されている組織階層の質問

レベルベースの階層(または組織ユニットの説明が付いた親子階層)に結び付けられている場合、参加者は自分が所属するユニットを検索または選択します。

会社のレベルが選択されている組織階層の質問

ヒント: この質問は、参加者が正しいマネージャーやユニットを選択することを前提としています。 参加者が選択を誤る可能性もあります。