クアルトリクスが利用するTLSのアップグレード

このページの内容:

クアルトリクス環境のTLSアップグレードについて

クアルトリクスでは、最上位のセキュリティ規格を使用して、ユーザーとそのデータを最適に保護するよう尽力しています。 TLS 1.0とTLS 1.1を無効化する業界全体の方針に従って、クアルトリクス エンジニアでは2018年11月21日の米国山岳部標準時午前9:00以降、すべてのクライアントによるクアルトリクス XM PlatformへのアクセスについてTLS 1.0とTLS 1.1を無効にしています。 この日より、サポートされるのはTLS 1.2以降のみになります。

ユーザーへの影響

TLS1.2と互換性のない古いブラウザーを使用している場合、クアルトリクス XM Platformにアクセスできなくなる可能性があります。 ブラウザーの互換性に関する情報は、こちらのマトリックスを参照してください。 互換性を実現する最善の方法は、ブラウザーを更新することです。 特定のブラウザーに関する情報は、リンク先のマトリックスを参照してください。

Qualtrics API (英語)またはオフラインアプリ (英語)を使用している場合は、APIクライアントまたはデバイスを更新して、必ずTLS 1.2を使用するように設定します。