ステップ5: プロジェクトのクローズと翌年のプロジェクトの準備

このページの内容:

プロジェクトを閉じる

従業員エンゲージメントプロジェクトの回答収集を完了してよいタイミングでは、プロジェクトを閉じることができます。 プロジェクトダッシュボードの開始前であっても後であっても、プロジェクトを閉じることができるため、あなたの組織にあったワークフローを柔軟に決定できます。プロジェクトを閉じると、プロジェクト自体のアクセスのみが終了します。 管理者としては、ダッシュボードの構築と開始、階層の調整、ダッシュボードへのアクセスの調整は継続できます。

プロジェクトを閉じるには、以下のステップに従います。

  1. プロジェクト]ページに移動します。
  2. プロジェクトの右側にあるドロップダウンメニューをクリックします。
  3. プロジェクトを閉じる]を選択します
  4. プロジェクトを閉じることを確認します。

プロジェクトを閉じる]を選択すると、2つの追加オプションが表示されます。

  • 実行中のすべてのアンケートセッションを閉じて、途中データとして記録します(メールセッションもすべて閉じます): まだ回答中の参加者にすべての回答を記録させ、未送信のメール配信をキャンセルするには、この設定を選択します。 部分回答設定で指定した時間内に参加者が作業を終えられるようにするには、この設定を選択しないようにします。
  • 未送信のメールを削除: このプロジェクト用に設定した今後のメールをキャンセルするにはこの設定を選択します。 未送信のメールを送信するようにするには、この設定を選択しないでください。
ヒント: ダッシュボードの招待(英語)をアンケート終了後に送信予約している場合は、この設定は選択しないことをおすすめします。設定してしまうと、ダッシュボードユーザーが招待を受け取れなくなるためです。

プロジェクトのコピー/次のプロジェクトの実行

Employee Experienceプラットフォームにより、次のプロジェクトの実行を簡単かつスピーディーにできます。 すでにあるプロジェクトをコピーすることで、プロジェクト同士の結果を容易に比較できます。

プロジェクトをコピーすると、アンケートコンテンツ、アンケートオプション、メールメッセージオプション、メールメッセージが複製されます。 プロジェクトを複製しても、参加者リスト、役割、階層、ダッシュボードはコピーされません。 ダッシュボードの構築参加者リストの作成およびアップロードの手順についての説明をご覧ください。

プロジェクトをコピーするには、[プロジェクト]ページに移動します。 プロジェクトの右側にあるドロップダウンメニューを使用し、[プロジェクトをコピーする]を選択します。 プロジェクトがコピーされると、プロジェクトを開いてアンケートの編集、参加者のアップロード、メッセージの編集、ダッシュボードの構築ができます。

プロジェクトをコピーした後に、以前のプロジェクトから階層ファイルを配置します。 このファイルを使用することも、新たに作ることもできますが、前回のアンケートと同じ階層フォーマットを使用するとレポーティングが簡単になります。 階層ファイルをコンピューターに直接保存していない場合は、元のプロジェクトで[参加者]タブの[ツール]メニューの下にある[CSV形式でダウンロード]オプションを使用して参加者と階層値をエクスポートできます。 こちらをクリックして階層データが正しい形式であることを確認する方法をご確認ください。

次の従業員エンゲージメントプロジェクトの実行

  1. こちらのステップに従い、すでにあるプロジェクトをコピーします。
  2. アンケートコンテンツに必要な調整を行います。
  3. こちらのステップに従い、プロジェクト参加者ファイルをアップロードします。
  4. こちらのステップに従い、新しいプロジェクトの階層を生成します。
  5. 新しい階層を古い階層にマッピングします。
  6. 履歴データを持つアンケートが複数ある場合、ダッシュボードに表示するすべての階層履歴がマッピングされるまで上記のステップを繰り返します。
  7. こちらのステップに従ってプロジェクトへの招待とリマインダーメッセージを編集します。
  8. 招待を送信してプロジェクトを開始します。
  9. こちらのステップに従い、新しいプロジェクトのダッシュボードを構築します。
  10. ダッシュボードの[プロジェクトマッパー]で最初のプロジェクトを接続します。 この動画で接続方法をご確認ください。 そのほかの情報については「プロジェクトマッパー(英語) 」サポートページをご覧ください。
  11. 招待を送信してダッシュボードを開始します。