ブラウザーCookie

このページの内容:

ブラウザーCookieについて

このページでは、アンケートへの回答中にクアルトリクスが使用ブラウザーに配置するすべてのCookieをリストアップしています。 こうしたCookieは通常、アンケートセッションのトラッキングに役立つため、セッションの反復や維持の手間を省けます。

アンケートオプションが無効なセッションの開始

アンケートセッションを開始する前に、[保存して続行(英語)]および[不正投票の防止 (英語)]の両方を[アンケートオプション]で無効にすると、アンケートIDのCookieが表示されます。

Cookie名: アンケートID

Cookie値: j:{“dc:”jfe2”}

同じブラウザーでの複数セッションの保存

このCookieは、別のアンケートセッションに取り組んでいる場合に同じブラウザーでアンケートセッションを開始すると配置されます。

Cookie名: セッションIDのハッシュとセッションIDにマッピングしているクエリパラメーター

期限切れ: 最長1年間またはセッション完了時

[不正投票の防止]を有効にしてアンケート
セッションを開始

不正投票の防止 (英語)]オプションが有効なときに表示されます。 このCookieの目的は、回答済みのアンケートを記録し、ユーザーが再びアンケートに回答しないようにすることです。

Cookie名: QST

期限切れ: 1年

SSO認証アンケートの再開

このCookieは、SSO認証機能 (英語)を使用するアンケート用です。 このCookieは、回答者が離席し戻ってきた後に再読み込みするセッションをクアルトリクスに知らせるのに役立ちます。

Cookie名: <surveyid><statedata>-reloadSession

期限切れ: 15分

[保存して続行]を有効にしてアンケートセッションを開始

保存して続行 (英語)]を有効にしてセッションを開始すると表示されます。

Cookie名: ‘-singleReload’が付加される場合のあるURLのハッシュ

Cookie値: FS_12345678~jfe2

アンケートセッションの送信

これらのCookieは、[保存して続行(英語)]および[不正投票の防止 (英語)]の両機能が[アンケートオプション]で無効になっている場合にアンケートセッションを送信すると表示されます。

Cookie名: QST

Cookie値: アンケートID(SV_12345678など)

QSTとセッションCookieの行動: 複数ページのアンケート

アンケートが開始されると常にセッションCookieが配置され、[アンケートオプション]で部分回答設定用に設定されている有効期限が付されます。 たとえば、[部分回答 (英語)]設定が1週間に設定されている場合、アンケートリンクがクリックされると、1週間で有効期限が切れるセッションCookieがアンケートに配置されます。 このCookieによってクアルトリクスは部分回答を回答として記録する時期をトラッキングできます。

アンケートが未回答のままである場合、このCookieは期限切れになるまで維持されます。 ただし、アンケートが送信されると、このCookieはQST(クアルトリクス アンケートトラッカー)Cookieに変わります。 複数ページのアンケートについては、QSTCookieのデフォルトの有効期限は、アンケートの開始後6か月となります。

QST Cookieの行動: 1ページのアンケート

QST Cookieの行動は、1ページのアンケートではやや異なります。 1ページのみであるため、セッションCookieを配置する前にアンケートは送信されます。 その結果、送信後に配置されるQST Cookieの有効期限は、複数ページのアンケートと異なります。 QST Cookieの有効期限は、デフォルトのアンケート開始後6か月でなく、[アンケートオプション]で部分回答に設定したものと一致します。

TLS暗号化

このCookieは、TLS1.0を使用してクアルトリクスに接続しているクライアントをトラッキングするために使用されます。 クアルトリクスは、TLS1.0を将来廃止する方向に進んでいます。

Cookie名: TRACK_TLS1_0

Cookie値: