標準グラフウィジェット(CX)

このページの内容:

標準グラフウィジェットについて

標準グラフウィジェットを使用すると、基本的なグラフを使ってデータを表示できます。グラフのタイプを変更し、色を設定し、表示を選択するオプションで様々な状況に対応するようグラフをカスタマイズできます。左に棒グラフ、右に線グラフの例

フィールドタイプの互換性

標準グラフウィジェットは以下のフィールドタイプ (英語)と互換性を持ちます。

標準グラフにX軸要素データ系列を選択する場合、上記のタイプのフィールドのみが使用可能です。

標準グラフウィジェットを設定

グラフの種類

グラフの種類を選択すると、データを表示するフォーマットを決定することができます。標準グラフウィジェットには4種類のグラフがあります。

  • グラフタイプは標準的な垂直の棒グラフを作成します。
  • 水平棒グラフタイプは水平方向に配置された棒グラフを作成します。
  • グラフタイプは一続きの線でつながれたデータポイントを表示します。この線を滑らかにするには、[表示オプション]の下の[なめらかな曲線]をチェックします。
  • エリアチャートタイプは、データの下のエリアを単色で塗ります。このチャートタイプは、データ系列を使用してデータを取り出す場合に特に便利です。

指標、X軸要素、データ系列

  1. 標準グラフウィジェットを設定する場合、最低でも1つの指標を定義する必要があります。回答数(追加のフィールド指定を必要としない)以外の指標を使用する場合、その指標にフィールドを定義する必要があります。
  2. 希望する場合、X軸要素を追加できます。これは選択した指標の詳細区分として機能し、グラフの下部に出てくる追加ラベルとして表示されます。X軸フィールド
  3. X軸要素の上に追加の詳細区分を追加するには、[データ系列]を選択できます。データ系列を使用すると、さらに細かいレベルでデータを分類できます。
ヒント:指標を選択する際、回答数以外のすべての指標に指定のフィールドが必要です。[数値セット]または[複数回答テキストセット]のフィールドのみが使用可能です。指標のオプションに関する詳細は、ウィジェット指標 (英語)をご覧ください。

ヒント:ウィジェットに指標が1つしかない場合、X軸要素のみを指定できます。グラフで複数の指標を使用する場合、X軸要素は自動的に[指標]を表示し、代わりに詳細区分として選択した指標を使用します。標準グラフの指標

ヒント:データ系列の追加を選択する場合、[テキストセット]、[複数回答テキストセット]、[数値セット]、[日付]タイプのフィールドのみ追加できます。データ系列を追加せず、1つの指標のみを持たせてX軸要素を追加する場合、[上位/下位N件の値のみを表示]のオプションを使用できます。このボックスにチェックを入れ、上位の値または下位の値のみを表示したいか指定し、これらの値のうちどこまで表示させるかを指定します。上位/下位N件の値のみを表示のオプションの画像

回答数指標オプション

指標タイプに回答数を選択し、X軸とデータ系列の両方を定義する場合、指標の表示のための追加オプションが使用可能です。これらのオプションへ移動するには、指標をクリックして[オプション]を選択します。指標回答数オプションの画像それぞれのオプションは以下のとおりです。

  • 指標値(デフォルト):このグラフは各データポイントの回答数を表示します。グラフは数字を表示します。
    例:このスクリーンショットでは、それぞれの棒が各データポイントに適応する回答の数を表しています。例えば、2018年に収集されたCustomer Success(カスタマーサクセス)では15の回答がありました。デフォルトの回答数の指標を使用している標準グラフの画像
  • 指標値/合計:グラフは計算結果(回答数/回答の合計数)を表しています。グラフは割合を表示します。
    例:このスクリーンショットでは、それぞれの棒が回答の合計数で割った各データポイントの回答の数を表しています。例えば、2018年に収集されたCustomer Successの回答の棒は、15/(232回答) = 0.06または6%となるため、6%を表しています。(指標値/合計)オプションを使用している標準グラフの画像
  • 指標値/行の合計:グラフは計算結果(回答数/X軸要素の回答の合計数)を表しています。グラフは割合を表示します。
    例:このスクリーンショットでは、それぞれの棒が同じX要素の回答数で割ったデータポイントの回答数を表しています。例えば、2018年に収集されたCustomer Successの回答の棒は、17%を表しています。これは、この棒が(15/(15+29+46)) = 0.17または17%の計算結果を表しているからです。これらの数値を取得するため、Customer Successのみのデフォルトのグラフから各指標の値を足しています。2018年には15の回答が、2019年には29の回答が、2020年には46の回答が見られます。これらの回答が、この方程式の分母になります。2018年に回答されたCustomer Successの数値である分子が、知りたい指標です。(指標値/行合計)オプションを使用している標準グラフの画像
  • 指標値/列合計:グラフは計算結果(回答数/データ系列の回答の合計数)を表しています。グラフは割合を表示します。
    例:このスクリーンショットでは、それぞれの棒は、同じデータ系列の回答の数で割ったデータポイントの回答の数を表しています。例えば、2018年に回答されたCustomer Successの回答の棒は、23%を表しています。これは、この棒が(15/(15+7+12+30) = 0.23または23%の計算結果を表しているからです。これらの数値を取得するため、2018年に回答された回答のデフォルトのグラフから各指標の値を足しています。15はCustomer Successから、7はMarketing(マーケティングから、12はSales(セールス)営業から、非表示の30は部署データなしで収集されたことがわかります。これらの回答が、この方程式の分母になります。2018年にCustomer Successで回答した人数の数値である分子が、知りたい指標です。(指標値/列合計)計算を使用している標準グラフの画像

ウィジェットのカスタマイズ

正規化グラフ

正規化グラフを[はい]に切り替えると、グラフの各データポイントを100%中の割合で表示します。データがデータ系列で詳細に区分されていて、具体的な数値ではなく相対的な割合として特定の値を選択した回答者の一部を表示したい場合に便利です。

ヒント:「正規化グラフ」は、[指標のオプション]で「指標値/合計」を設定するのと同じ方法で計算します。

積み上げグラフ

積み上げグラフを[はい]に切り替えると、グラフの棒が1つの積み上げ棒に集約されます。ウィジェットがデータ系列で詳細に区分されている場合、データ系列フィールドの各値の積み上げ棒となります。これはウィジェットを正規化している場合、特に便利です。この場合、棒の長さが100%となり、各データポイントの割合と一致するようセクションが区切られます。右側の編集ペインにある積み上げグラフ切替

軸の設定

標準グラフに選択した設定に応じて、軸設定のオプションはここでの表示とは異なる場合があります。ただし、機能に変わりはなく、選択した設定にかかわらずこれらの設定を適用できます。リストされたとおりの設定:軸の分類、軸の値、垂直範囲、凡例の値軸の分類]オプションを使用して、X軸の順序を変更できます。[カスタム]と[ラベル]は常にオプションとなります。追加オプションはウィジェットの設定に応じて表示されます。[カスタム]を選択した場合、[軸の分類]セクションの下で好きな順序で軸の値をドラッグアンドドロップできます。軸の値の名前を変更するには、[軸の値]の下で軸の値をクリックし、好きな名前を入力するだけです。

ヒント:選択した順序を取り消すには、[軸の分類]のドロップダウンメニューの右側の矢印を選択します。

垂直範囲]セクションの下で最小と最大を入力することで、垂直範囲を指定できるようになります。これにより、ウィジェットのy軸の最小値と最大値を定義できます。値を定義しない場合、これらの範囲はデータの値を含むように自動的に設定されます。凡例の値の色を変更するには、[凡例の値]の下で値の左の色を選択します。凡例の値をドラッグアンドドロップすることもできます。

表示オプション

表示オプションは以下の箇条書きでリストされます

  • X軸を表示:X軸の値を表示します。
  • X軸タイトルを表示:X軸にタイトルを追加します。
    ヒント:タイトルを変更した後にデフォルトに戻したい場合は、タイトルを空欄にすると、自動的にフィールド名がデフォルトに戻ります。
  • Y軸を表示:Y軸の値を表示します。
  • Y軸タイトルを表示:Y軸にタイトルを追加します。
  • 凡例を表示:グラフなどに凡例を表示するかどうかを決定します。線グラフにはインラインのラベル付けオプションがあります。
  • データ値を表示:グラフ自体にデータの値を表示します。線グラフの場合、グラフのすべてのポイントにデータを表示することも、最小値と最大値のポイントだけにデータを表示することも、最後のデータポイントだけにデータを表示することもできます。
  • ツールチップを表示:グラフにカーソルを合わせると、フィールド値とそのデータ値を表示します。
  • ツールチップで各データ値の回答数を表示:ツールチップで各データ値に含まれる回答の合計数を表示します。
  • グリッド線を表示:グラフにグリッド線を表示します。線グラフを使用している場合、水平または垂直グリッド線を無効にする別のオプションを使用できます。
  • なめらかな曲線:線グラフのオプションで、ポイントが交わる部分を丸くすることができます。
ヒント:線グラフに複数の線が含まれる場合、ラベルをクリックしてフォーカスを当てることができます。もう一度クリックするか、グラフのどこかをクリックするとフォーカスを外すことができます。(データポイントでなく、ラベルをクリックするように注意してください。フィルタが追加される可能性があります。)グラフにある3本線のうち、1本をクリックすると濃い緑色になり、残りの2本は薄くなって背景となります

有意性検定

ダッシュボードは 時系列やグループ間で見られる差異が統計的に有意であるかどうか、つまり重要なビジネス上の意思決定を行うに値するかどうかを理解するのに役立ちます。標準テーブルや線グラフで有意性検定を行うと、どのデータの変化が最も重要なのかを知ることができます。詳細は、標準グラフ&標準テーブルでの有意性検定(CX)(英語)をご覧ください。CX ダッシュボードのページですが、ここで説明した機能はEXダッシュボードでも同様です。

実施の計算

実施の計算は、複数の期間で構成される一連のデータポイントに指標を適用するデータポイントの指標を適用する手段です。計算を実施オプションは[移動平均]と[実施の指標]です。詳細はウィジェット指標で計算を実施 (英語)をご覧ください。CX ダッシュボードのページですが、ここで説明した機能はEXダッシュボードでも同様です。

指標フィルタ

テーブルに、NPS、平均、最小、最大など多くの異なる指標を読み込み、このデータをフィルタリングして見やすくしたいと思っているとします。さらに、一部のダッシュボードユーザーには特定の指標の閲覧権限を与え、その他のユーザーには与えたくない場合があるかもしれません。指標フィルタは、だれがどの指標を閲覧できるかを決める特別な標準グラフフィルタです。

指標フィルタを追加

  1. 複数の指標を追加した標準グラフウィジェットを選択します。複数の指標を持つ標準グラフ
  2. [フィルタ]アイコンをクリックします。[フィルタ]アイコンと[指標フィルタ]オプション
  3. フィルタを追加]をクリックします。
  4. 指標フィルタ]を選択します。
  5. 指標フィルタ]ドロップダウンの下で、どの指標を含めるか、または除外するか決定します。指標フィルタメニュー
  6. ダッシュボードユーザーがこのフィルタを修正できないようにするには、[フィルタをロック]を選択します。

ユーザー属性を指標フィルタにマッピング

ユーザーに表示されるデフォルトの指標を、ユーザー属性に応じて変化させることができます。ユーザーは様々なフィルタを選択することができますが、デフォルトで表示されるものが異なります。

  1. ユーザー属性 (英語)]を設定します。値はこのフィルタに含める指標の名前と一致させ、カンマで区切る必要があります。
  2. 編集モードでダッシュボードに移動します。
  3. 指標フィルタで、[ユーザー属性からデフォルト値を設定]を選択します。ユーザー属性テキストボックスからデフォルト値を設定
  4. ユーザー属性をドロップダウンから選択します。ユーザー属性メニューをマッピング
  5. 属性値]と[データ値]が希望する情報に対応することを確認します。
  6. ユーザー属性を保存したとおりに使用するには、[ユーザー属性値を直接使用]をクリックします。
  7. 保存]をクリックします。
  8. ユーザー属性が設定されると、デフォルト値を役割ごとに制限できます。希望する場合は、[デフォルト値を役割ごとに制限]をご覧ください。デフォルト値を役割ドロッププダウンに制限
    ヒント:「デフォルト値を役割に制限」するよう選択する場合、メンバーのユーザー属性によってデフォルトの指標値が制限される1つの役割が決定されます。つまり、その役割のメンバーにはデフォルトのユーザー属性として設定されたものが表示され、その役割でない人にはデフォルトの指標だけが表示されます。
  9. デフォルト値を役割に制限]を選択した場合、ドロップダウンから役割を選択します。

ウィジェットに基準線を追加

集約データを使用して、会社のデータを表示する標準グラフウィジェットに目標ラインを設定できます。これにより、会社のデータが業界のリーダーと比べてどれほどの位置にあるかを視覚的に把握することができます。

  1. 標準グラフウィジェットを作成します。ダッシュボード中央のウィジェット追加の緑のボタン
  2. グラフタイプを設定します。右側のウィジェット編集ペインにあるグラフタイプのオプション
    ヒント:一般的に、目標ラインは線グラフとの相性が良好です。
  3. 指標]を設定します。
  4. X軸]詳細区分を設定します。
    ヒント:この例では、会社のNPSデータの平均の指標を使用し、X軸を日付フィールドに設定します。そして、この日付を四半期ごとに整理し、四半期ごとにデータがどのように変化しているかを示します。終了日を開くと四半期ごとに日付をグループ化
  5. 基準線]をクリックします。ウィジェット編集オプション
  6. 新しく作成した基準線をクリックします。
  7. ラインをラベル付けします。
  8. 以下から選択します。
    • 値に基づく:目標ラインとなる静的な値を入力します。
    • 指標に基づく指標 (英語)を選択すると、データの収集に応じて調整される動的な目標ラインが作成されます。
  9. 選択するラインタイプに基づいて、目標ラインとして使用するベンチマークの値を入力するか、使用したい指標を選択します。
  10. 必要に応じて、ステップ4~7を繰り返します。線グラフを横切る目標ライン
  11. 基準線の色を変更します。メニューをクリックしてドラッグアンドドロップを使用し、線の色を変更

目標ラインの色は凡例に含まれます。

ヒント:目標ラインが希望通りにウィジェットで表示されない場合、標準グラフの最大または最小を調整してみます。最小がなく、最大が10の垂直範囲

ヒント:基準線を削除するには、ライン名をクリックして[ラインを削除]を選択します。

日付フィルタ

日付フィルタには、履歴を比較する機能や指標フィルタと呼ばれる機能などの独特な機能が標準グラフにいくつかあります。詳細は、日付フィルタ (英語)をご覧ください。