数値グラフウィジェット(CX)

このページの内容:

数値グラフウィジェットについて

数値グラフウィジェットは単一の数値を表示します。この値は1つの指標に基づきます。選択した指標に応じて、表示される数値はデータセットのフィールドに基づく可能性があります。会社平均CSATを表している数値グラフウィジェット

フィールドタイプの互換性

数値グラフは主に指標に基づいています。平均などの特定の指標には、データセットからのフィールドが必要です。これらの指標のフィールドを選択する場合、以下のフィールドタイプ (英語)のフィールドのみが使用可能です。

ウィジェットのカスタマイズ

基本的なウィジェットの説明やカスタマイズについては、ウィジェットを構築 (英語)サポートページを参照してください。ウィジェット固有のカスタムについてさらに説明を続けます。

ヒント:‭ 数値グラフウィジェットのタイトルアラインメントは調節できません。

基本的なセットアップ

数値グラフウィジェットを設定するには、指標を追加する必要があります。数以外の指標を選択する場合、指標のフィールドを選択する必要があります。フィールドはウィジェットに表示される数値がどこからプルされてくるかを指定します。オプションを選択して指標の表示を数値、割合、通貨フォーマットから選び、また表示したい小数点以下の桁数を指定できます。ウィジェット編集ペインの指標が未設定の数値グラフ使用できる指標には以下が含まれます。

  • 数:アンケートへの回答数。または、複数のソースが追加されている場合は、全ソースの回答者の合計数。
  • 平均:選択したフィールドの平均の回答。
  • 最小:選択したフィールドの最小値。
  • 最大:選択したフィールドの最大値。
  • 合計:選択したフィールドの全回答の合計。
  • Net Promoter Score:Net Promoter® Scoreを計算 (英語)を参照してください。
  • 相関関係:2つのフィールドを選択して相関関係を決定します。結果は、-1から+の間の数値で表される相関関係係数として与えられます。-1が最も強いマイナスの相関関係で、+1が最も強いプラスの相関関係となります。
  • 上位ボックス/下位ボックス:上位ボックスはスケールの最上位に当てはまる回答者の割合です。下位ボックスはスケールの最下位に当てはまる回答者の割合です。
  • カスタム指標:作成したすべてのカスタム指標を含みます。詳細については、「カスタム指標」ページを参照してください。
  • ベンチマーク:作成したベンチマーク (英語)のいずれか。ただし、これによりウィジェットに追加されるのはベンチマークのみで、他のデータは追加されません。ベンチマークとあわせて自分のデータを並べてデータがどれほどうまく測定しているか確認するには、「比較とベンチマーク」セクションの説明に従うことを推奨します。

以下の期間以降の変更を表示

編集モードのため数値グラフ右側のウィジェットに編集ペインが表示されます以下の期間以降の変更を表示]の隣にあるボックスにチェックを入れると、表示された数値が特定の期間においてどれだけ変化してきたか表示できるようになります。[タイムフレーム]のオプションは以下の通りです。

  • 昨日
  • 1週間前
  • 1か月前
  • 3か月前
  • 12か月前
  • 月初から日付まで
  • 期初から日付まで
  • 年初から日付まで
ヒント:‭ 「以下の期間以降の変更を表示」は、含まれているデータが現在の日付と関連付けられているため、ローリング計算となります。例えば、1週間前以降の変更を表示するようにウィジェットを設定する場合、1月8日のウィジェットを見ると、表示される数値は1月1日からのデータの推移を表します。そして1月31日のウィジェットを見ると、表示される数値は1月24日からのデータの推移を表します。

データフィールド]の下で、選択した期間の基にするため使用したい日付フィールドを選択します。[トレンドの色]の下で、増加か減少で色を変えて示す矢印の色が表示されます。[トレンドの色を取消]を選択して色を切り替えることができます。カスタムの色は選択できません。

ヒント:ページ/ウィジェットの日付のフィルタがある場合、[以下の期間以降の変更を表示]オプションで、このフィルタが使用するのと同じ日付フィールドを選択してください。

このウィジェットの値は以下の方法で計算されます。

  • 現在の値:中央、最大数。ページまたはウィジェットレベルに適用したフィルタに応じてフィルタリングされ、選択した指標。
  • 前回の値:小さい、添字数。ページまたはウィジェットレベルに「以下の期間以降の変更を表示」の下で選択した時間分だけオフセットした日付範囲で適用したフィルタに応じてフィルタリングされ、選択した指標。

比較とベンチマーク

数値グラフウィジェットにベンチマークを追加して、ベンチマークデータでデータを比較できます。ウィジェットにベンチマークを追加するには、初めにダッシュボードベンチマークエディター (英語)でベンチマークを作成する必要があります。ダッシュボードでベンチマークを作成したら、[比較を追加]をクリックしてウィジェットにそのベンチマークを追加できます。数値グラフウィジェットへの比較ウィジェットの追加ベンチマークを追加したら、鉛筆アイコンをクリックしてベンチマークを編集します。その後、[指標]ドロップダウンメニューを使用して希望のベンチマークを選択できます。ダッシュボードのベンチマークがリストの下部に表示されます。ベンチマークを選択してウィジェットに追加しています

ヒント:‭ ウィジェットに複数のベンチマークを追加できます。

その後、ベンチマークの以下の面をカスタマイズできるようになります。ベンチマークの指標、フィールド、表示タイプ、ラベルを選択しています

  • フィールド:ベンチマークデータに使用するフィールドを選択します。
  • 表示タイプ:[ベンチマークを表示](ベンチマークのロー値を表示)と[差異を表示](ベンチマークと主な指標の差異を表示)から選択します。
  • ラベル:ウィジェットにおけるベンチマーク名の表示方法を決定します。