ステップ1:
360プロジェクトの開始

このページの内容:

主要な用語

Employee Experienceプラットフォームへようこそ! 360プロジェクトの開始をサポートできることを嬉しく思います。 このガイドでは、プロジェクトの開始に必要な手順について説明します。 以下の各手順に、ダウンロード可能なテンプレートとガイドが示されています。 このガイド全体で、いくつかの用語がさまざまな製品ページで繰り返し使用されます。 これらは、すべての360プロジェクトに含まれる重要な要素です。 各用語の簡単な定義を以下に示します。

  • プロジェクト: 対象者や評価者が完了するアンケート(英語)参加者のワークフロー設定(英語)被評価者のレポート(英語)のテンプレート、参加者を招待するために配信されるメッセージ(英語)が含まれます。
  • 参加者: 360評価プロセスに参加するユーザーは参加者と見なされます。 フィードバックを受け取るユーザーやフィードバックを提供するユーザーが含まれます。
  • 対象者: 対象者は、360評価プロセスの一環としてフィードバックを受け取るユーザーです。 ほとんどの360多面評価プロセスでは、対象者は自己評価も実施します。
  • 評価者: 評価者は、対象者に関するフィードバックを提供するユーザーです。 対象者が自分の他にユーザーを評価している場合は、評価者にもなります。 フィードバックのみを提供している参加者は、外部評価者に指定されます。
  • ブランド管理者: ブランド管理者は、360プラットフォームへの完全なアクセス権を持つユーザーです。完全なアクセス権には、アンケートの作成と管理、ユーザーの新規作成、ユーザー権限の管理、ディレクトリへのアクセスが含まれます。
  • ディレクトリ: ディレクトリ(英語)は、組織のEmployee Experienceプロジェクト参加者全員のマスターリストです。 以前の参加者と現在の参加者の両方が含まれます。
  • 従業員インサイト管理者: 360プロジェクトを設定および管理できる管理者ユーザーです。 ただし、従業員インサイト管理者には、ディレクトリ(英語)または管理ページ(英語)(権限が設定される)へのアクセス権はありません。

チェックリスト

Employee Experienceプラットフォーム内で360プロジェクトを作成する前に、チームと検討する必要があるプロジェクトの考慮事項を以下に示します。

  1. 質問セットと、関連するスコアリングカテゴリ(英語)(該当する場合は翻訳を含む)を完成させます。 開始するには、『360の質問およびコンピテンシーのサンプルとヒントおよびベストプラクティス(英語)』のドキュメントと追加の質問例(英語)を確認します。
  2. 対象者リストを完成させます。
  3. プロジェクトのワークフローを定義します。 これについては、360の開始手順のステップ3(英語)で説明しています。 360プロジェクト内で最も一般的なワークフローは、次のとおりです。
    • 正確な評価にリンクされた対象者と評価者の事前定義済みリスト
    • 対象者が指名できる評価者の事前定義済みリストおよびこれらの指名に付随する要件
    • 評価者がアップロードされないオープンな指名プロセスおよびこれらの指名に付随する要件
  4. 招待とリマインダーメッセージのドラフト(該当する場合は翻訳を含む)。 開始するには、対象者(英語)評価者(英語)へのメッセージテンプレート例のドキュメントを確認します。
  5. このプロジェクトの参照ポイントとして使用する、以前のレポートを収集します。
  6. プロジェクトが開始して終了するまでのタイムラインを決定します。