ステップ4: 従業員エンゲージメントプロジェクト結果のレポーティング

このページの内容:

アンケート、参加者、メッセージを設定し、回答が集まり始めたら、 回収したデータからインサイトを取り出しましょう。

この段階は、プロジェクトにとって非常に重要です。 単にエンゲージメントを測るだけでなく、エンゲージメントを推進するものが何かを理解する必要があります。 どの社内の役割が、エンゲージメントの潜在的な推進要因に影響を与えているか判断できるようになるのが理想です。

現実的には、組織の各レベルで改善点を1つ以上特定することが従業員エンゲージメントプロジェクトの成果といえます。 アクションアイテムは、異なるユニット間で同じである場合があります。 このプロジェクトで目的とするのは、質の高い実用的なインサイトであり、量ではありません。

このセクションでは、改善点やアクションプランを見定めるためのデータの分析方法を多数紹介します。

ダッシュボードの設定

データを視覚的に表示する前に、一般的なダッシュボードの設定を確認します。 そのほかの情報については、「設定(英語) 」サポートページをご覧ください。

この動画で、一般的なダッシュボード設定についてお伝えし、[カテゴリー(英語) ]、ダッシュボードの[テーマ(英語) ]、[比較(英語) ]、[スケール(英語) ]のほか、多くの設定を取り上げます。

ダッシュボードデータの使用

ダッシュボードデータ(英語) ]は、フィールド名のカスタマイズ、フィールドタイプの変更、秘密情報としてフィールドのマーキングができるダッシュボード[設定]の重要なセクションです。 このセクションで変更を行う際は、画面の右下隅にある[保存]を必ず選択します。

フィールド名: フィールド名をボックスで修正して新しい名前を入力し、[メタデータ]フィールドや質問の名前を変更できます。

フィールドの種類(英語) フィールドはクアルトリクスが自動的に生成するため調整する必要は通常ありません。 ただし、フィールドの種類を変更し、ウィジェットで質問や[メタデータ]フィールドの利用方法を変更できます。 下記の表を利用すると、質問や[メタデータ]フィールドのフィールドの種類を変更する必要があるかどうかを判断するのに役立ちます。

従業員エンゲージメントの推奨されるフィールドの種類:

フィールドの種類 データ形式 推奨ウィジェット
数の範囲 数値の範囲であり、尺度のある質問での利用に便利 主要な推進要因 - リスト、高い/低い、スコアカード、比較、詳細一覧、エンゲージメントの概要、標準グラフ、標準リスト
日付 アンケート開始日や終了日などの日付 ページレベルのフィルターとウィジェットのフィルタリング
複数回答テキストセット テキスト値の範囲(メタデータフィールドまたは多肢選択式の質問など) ダッシュボードフィルター、標準グラフ、標準リスト
長い自由回答欄 2、3語を超える長さのテキストコメント ワードクラウド、テキスト入力回答リスト

 

フィールド値の割り当て: ダッシュボードを作成する際に、質問に関連するメタデータラベルと数値が自動的に取り込まれます。 フィールド内で値の名前を変更する必要がある場合、その値を割り当てることができます。 歯車アイコンをクリックして識別値を変更します。

ラベル]ボックスに変更する識別値の名前を入力し、[識別値を割り当て]フィールドに新しい名前を入力します。 新しいフィールドを追加するときは[追加]ボタンを使用し、フィールドを保存するときは[完了]をクリックします。


ウィジェットの作成とカスタマイズ

初期設定が完了したら、次にデータを可視化します。 次の動画ではダッシュボードのデザインオプションについて説明しています。 詳細については、「ウィジェットの概要(英語) 」サポートページを参照してください。

基本ページとウィジェットオプション

この動画ではページとウィジェットの基本設定について説明します。

次の動画では従業員エンゲージメントプロジェクトで最も一般的に使用されるウィジェットの実装方法を説明します。

従業員エンゲージメントウィジェット

リッチテキストエディター

このチュートリアルでは、リッチテキストエディターウィジェットの設定方法を説明します。 このウィジェットを使用すると、ダッシュボードにテキスト、画像、またはリンクを追加できます。

回答への参加についての概要および回答率

このチュートリアルでは、回答への参加についての概要ウィジェットおよび回答率ウィジェットの設定方法を説明します。 これらのウィジェットを使用すると、組織全体の回答率を見ることができます。

参加レベルの概要

このチュートリアルでは、参加レベルの概要ウィジェットの設定方法を説明します。 このウィジェットは、質問またはカテゴリについての簡単な概要を表示します。

スコアカード

このチュートリアルでは、スコアカードウィジェットの設定方法を説明します。 このウィジェットを使用すると、全体的なカテゴリのスコアおよび各カテゴリに関連するアイテムを表示できます。

主要推進要因 - リスト

このチュートリアルでは、主要推進要因 - リストウィジェットの設定方法を説明します。 このウィジェットを使用すると、最も重要な指標と最も関連が深いアイテムを表示できます。 ほとんどのダッシュボードはエンゲージメントのカテゴリと最も合致するアイテムを表示して、従業員のエンゲージメントを高めるために必要なアクションを示します。

詳細一覧

このチュートリアルでは、詳細一覧の設定方法を説明します。 このウィジェットを使用すると、ユーザーは異なるデモグラフィックまたは階層ユニットの結果を比較することができます。

高/低

このチュートリアルでは、高/低ウィジェットの設定方法を説明します。 このウィジェットを使用すると、好感度スコアに基づいて最も高く評価されたアイテムと最も低く評価されたアイテムのセット番号をダッシュボードユーザーに表示できます。

比較

このチュートリアルでは、比較ウィジェットの設定方法を説明します。 このウィジェットを使用すると、ユーザーは異なるデモグラフィックまたは階層ユニットの結果を比較することができます。

コメント

このチュートリアルでは、ワードクラウドおよびテキスト入力回答リストの設定方法を説明します。 このウィジェットを使用すると、自由記述の回答を表示でき、回答の中からテーマを探すことができます。

ダッシュボードのアクセス設定

ダッシュボードを構築したら、データにアクセスできる人物とそのアクセスレベルを決定します。 そのためには、ダッシュボードの役割、権限、メッセージを理解する必要があります。

ダッシュボードの役割

ダッシュボードユーザーのグループを作成すると、一括で簡単に権限を割り当てることができます。 通常、プロジェクトには組織の全マネージャーを含む基本的な役割が設定されています。 これは、役割を作成してこの役割に組織の階層のマネージャーすべてを追加することで設定できます。 詳細については、「役割(英語) 」サポートページを参照してください。

ダッシュボードの権限

画面の右側に利用可能な権限のリストが表示されます。 特定の権限のオンとオフを切り替えると、この役割のすべてのユーザーにこの設定が適用されます。 詳細については、「参加者情報ウィンドウ」サポートページの[権限(英語) ]セクションを参照するか、下記のこれらの権限に関する詳細な説明を参照してください。

  • 組織階層を検証: 参加者が管理ポータル(ダッシュボード外)の[参加者]タブで組織階層を表示できます。
  • すべてのアクションプランを編集: ダッシュボードユーザーが、階層内で自分の下に所属するダイレクトレポートのすべてのアクションプランを編集できるようになります。
  • アクションプランを使用: ダッシュボードユーザーが「アクションプランエディター」ウィジェットを作成して使用できるようになります。
  • ダッシュボードを公開: ダッシュボードユーザーがダッシュボードにログインして内容を表示できるようになります。 このオプションをオンにするまではダッシュボードのデータにアクセスできません。
  • ページのアクセスを制限: このオプションを使用すると、ダッシュボードユーザーがダッシュボードの特定のページにアクセスするのを制限できます。
  • コメントフィールドを表示可能: ダッシュボードユーザーがコメントを表示できます。
  • 秘密情報に関するフィールドを表示可能: ダッシュボードユーザーが、ダッシュボードデータで秘密情報に指定されたフィルターを表示できます。
  • ダッシュボードを編集: ダッシュボードユーザーがダッシュボードを編集できます。 ユーザー側で「ダッシュボードを公開」がオンになっている必要があります。

ダッシュボードのメッセージ

[メッセージ]セクションには[ダッシュボードログイン]の招待メッセージタイプが表示されます。 このメッセージは[ダッシュボードを公開]権限がオンになっているユーザーのみに送信できます。 [ダッシュボードログイン]メッセージを送信するときに受信者が表示されないか少なすぎる場合は、役割の[ダッシュボードを公開]権限がオンになっていることを確認してください。

ダッシュボードのアクセス付与手順

  1. 役割を作成]を選択します。
  2. 参加者を追加]を選択して役割の参加者を追加します。
  3. ダッシュボードユーザーの適切な権限を有効にします。
  4. 最後に[ダッシュボードを公開]を有効にして、役割のメンバーがダッシュボードにアクセスできるようにします。
  5. [メッセージ]セクションで[ダッシュボードログイン]の招待を役割のメンバーに送信します。

ダッシュボードのメッセージについての詳細は、[ダッシュボードのメッセージ(英語)]をご覧ください。