データエクスポート形式

このページの内容:

エクスポート形式について

エクスポートオプションの中から、ダウンロードしたデータのファイルの種類を選択できます。 使用可能なファイルの種類は次のとおりです。

  • CSV(コンマ区切り値)
  • TSV(タブ区切り値)
警告: このエクスポート形式は、データテーブルのエクスポートでのみ使用できます。
  • XML(拡張マークアップ言語)
  • SPSS(統計分析パッケージ)
  • HTML(ハイパーテキストマークアップ言語)
警告: このエクスポート形式は、旧バージョンのエクスポートでのみ使用できます。
  • 固定フィールドテキスト(プレーンテキスト)
警告: このエクスポート形式は、旧バージョンのエクスポートでのみ使用できます。
警告: このエクスポート形式は、アカウントで[Tableauとの統合]を有効にしている場合にのみ(英語)使用できます。
  • JSON(Javascript Object Notation)とOpen Data Protocol
警告: このエクスポート形式は、API統合でのみ利用可能です。

ユーザーが送信したファイルや、ファイルアップロードの質問タイプで回答者がアップロードしたファイルをエクスポートすることもできます。

ヒント: このページのすべてのエクスポート形式がデフォルトのクアルトリクス機能であるとは限りません。 アカウントにこれらの形式のいずれも表示されず、追加する必要がある場合は、組織のブランド管理者に連絡するか、ブランド管理者の場合はクアルトリクスの営業担当に連絡してください。

CSV

CSVは、データを表示するのに便利なMicrosoft Excelのプログラムで開くことができるテキストファイルの種類です。 ExcelでCSVファイルを変換し、他の統計モデリングソフトウェアで表示できます。

CSVとTSVは、回答データと連絡先をクアルトリクスにインポートする際に互換性のあるファイル形式です。 これらのファイルの種類でインポートする際に問題が発生した場合は、「CSV/TSVのアップロードの問題のトラブルシューティング」サポートページをご覧ください。

ヒント: CSVファイルに列の制限はありませんが、Excelには制限があります。 Excel 2003には256列、Excel 2007には16,000列の制限があります。 一部のアンケートには、これよりも多くの変数が含まれる場合があります。 その場合、データはダウンロードしたCSVファイルに保存されますが、Excelで表示することはできません。 Excelでデータを表示できない場合、別のプログラムを探す必要があります(SPSS、SAS、STATAなど)。

TSV

TSVファイルは、データを表形式で保存するための単純なテキスト形式です。 このエクスポート形式オプションは、データテーブルのエクスポートでのみ使用できます。

テーブル内の各レコードはテキストファイルの1行で、列はタブで区切られています。 TSVは、コンマ区切り値(CSV)形式の代わりに使用され、テキストエディター(メモ帳など)やスプレッドシートプログラム(Excelなど)で開くことができます。

CSVとTSVは、回答データと連絡先をクアルトリクスにインポートする際に互換性のあるファイル形式です。

ヒント: データに特殊文字が含まれている場合は、TSVファイルが特に便利です。 ExcelでTSVを開く際に問題が発生した場合は、トラブルシューティングのガイドラインについて「CSV/TSVのアップロード問題」ページを参照してください。

Excel

Excel形式でのエクスポートを選択すると、データはXLSXファイルにエクスポートされます。

CSV、TSV、XMLはすべてExcelと互換性がありますが、Excelのデフォルトのドキュメント形式は通常XLSXです。 XLSXにエクスポートすると、シート、強調表示、列のフィルター、その他の利用可能なファイルの種類ではできない高度な変更など、Excelでのカスタマイズに対応できます。

XML

XMLは、ドキュメントをエンコードする際の一連のルールを定義する汎用マークアップ言語です。 XML形式のファイルはコンピューターとマシンの両方で読み取り可能であり、未加工データをデータベースに取り込む際に使用されます。

SPSS

SPSSは、統計分析に使用されるソフトウェアパッケージです。 SPSSファイルはSAV形式でダウンロードされます。

ファイル内の国際文字に問題があり、SPSSバージョン16以降を使用している場合は、データと構文の文字エンコード設定を[Unicode]に変更してみてください。

データと構文の文字エンコードを変更するには

  1. 開いているデータセットをすべて閉じます。
  2. SPSSの[編集]メニューに移動し、[オプション]を選択します。
  3. データと構文の文字エンコードの全般タブで、[Unicode]を選択します。
  4. OK]をクリックします。

クアルトリクスは、Unicode UTF-8文字セットを使用して国際文字をエンコードします。 残念ながら、古いバージョンのSPSS(SPSSバージョン15以前)はUnicodeをサポートしていません。 新しいバージョンのSPSSへのアップグレードを検討してください。

SPSS構文ファイルと対応するデータファイル

SPSSエクスポートの[その他のオプション]には、2つのファイル形式 (SPSS構文ファイルと対応するデータ)があります。 構文ファイルと対応するデータを使用して、ダウンロード後にSPSSファイルを作成できます。 ただし、これを行うにはSPSSの予備知識が必要です。 Qualtricsサポートは、SPSSファイルの解析をサポートできません。

単純なSPSSファイルを探している場合は、標準のSPSSファイル形式をダウンロードすることをお勧めします。

ユーザーが送信したファイル

アンケートでファイルアップロードの質問タイプを使用した場合は、[ユーザーが送信したファイル]オプションを使用して、回答者がアップロードしたすべてのファイルを一度にダウンロードできます。 これは.zipファイルでコンピューターにダウンロードされ、元のファイル名と、送信された各回答の回答IDが含まれています。

HTML

HTML形式は、ウェブブラウザーで1つの大きなテーブルにデータを表示するために使用されます。 このファイルはコンピューターにダウンロードされますが、ブラウザーで表示されます。 このエクスポート形式オプションは、旧バージョンのエクスポートでのみ使用できます。 このオプションにアクセスするには、エクスポートデータウィンドウの右上隅にある[旧版のエクスポーターを使用]を選択します。

固定フィールドテキスト

固定フィールドテキストは、多くの外部クロス集計ツールで動作するように設計されたTXTファイルの種類です。 これはフラットファイル形式で、さまざまな列のデータオフセットを指定する個別のデータマップファイルが付属しています。 このエクスポート形式オプションは、旧バージョンのエクスポートでのみ使用できます。 このオプションにアクセスするには、エクスポートデータウィンドウの右上隅にある[旧版のエクスポーターを使用]を選択します。

Tableau

Tableauは、多くの組織で使用されるデータ分析アプリケーションです。 クアルトリクスは現在このアプリケーションと統合されているため、クアルトリクスデータを直接Tableauに送信できます。 詳細については、「Tableauの統合(英語)」ページを参照してください。

JSONとOpen Data Protocol

JSON(Javascript Object Notation)とOpen Data Protocolのエクスポートは、API統合(英語)を介してのみ利用可能です。 JSON形式のファイルをエクスポートする方法については、「回答のエクスポートの作成(英語)」のドキュメントを参照してください。