ランダマイザー

このページの内容:

ランダマイザー(ランダム化機能)について

アンケートフロー(英語)]のランダマイザーを使用すると、質問ブロック(英語)埋め込みデータ、その他のアンケートフロー要素を回答者にランダムに提示します。

例: ランダマイザー要素を使用して、回答者を質問の参照ブロックと実験ブロックのいずれかに割り当てることができます。

ランダマイザーの追加

[アンケートフロー]の項目はいずれもランダム化できます。 このランダム化はフローのどの時点にも配置できます。

「導入」ブロックの後、回答者には、「報酬と給付」、「企業文化」、「キャリア開発」ブロックがランダムな順序で表示されます。

ランダマイザーを追加するには

  1. [アンケート]タブに移動して、[アンケートフロー]を開きます。
  2. 下に追加]または[こちらに新しい要素を追加]をクリックします。
  3. ランダマイザー]を選択します。

    ヒント: ランダマイザーが[アンケートフロー]の希望の場所に正確に作成されなくても、 アイテムを選択してキーボードの↑または↓を押すと[アンケートフロー]の要素を移動できます。 また[移動]を長押ししながら要素を[アンケートフロー]でドラッグアンドドロップすることもできます。
  4. ランダム化する要素を移動し、[ランダマイザー]にネストされるようにします。

    ヒント: ランダマイザーに含まれる要素はグループ化されるため、[アンケートフロー]でランダマイザーを移動すると、その中の要素も移動します。
  5. 回答者に提示する要素の数を入力します。
  6. 必要に応じて、[出現数が均等になるように表示]のチェックボックスをクリックし、すべての回答者において各要素をほぼ同じ回数表示します。
  7. フローを保存]をクリックします。

出現数が均等になるように表示

[出現数が均等になるように表示]を選択すると、要素がランダム化されても、要素が均等にランダム化されます。 この設定では、数を注意深く監視し、すべての要素が同じ回数だけ表示されるようにします。

選択を解除すると、アイテムはランダムに表示されますが、表示された回数が等しいかどうかには注意が払われません。

ヒント: 要素が均等に表示されない問題が発生している場合、 を再確認し、必要に応じてリセットしてください。
例: [出現数が均等になるように表示]が選択されています。 約1週間、回答者に3ブロックのうち1ブロックをランダムに割り当てていました。15人が回答しました。つまり、各ブロックが5回提示されました。 新しい4番目のブロックを追加することにしました。 4番目のブロックは、他のブロックと均等にするため、5回連続して表示される場合があります。 この後、割り当ては再びランダムになります。

回数の編集

[出現数が均等になるように表示]が選択されている場合、[数を編集]をクリックし、各要素が表示された回数を表示できます。

これらの数値はほぼ同じである必要がありますが、特定の要素を一時的に優先させる必要がある場合は、回数をオーバーライドできます。 以下の例では、質問ブロックの「報酬と給付」を「5」に設定し、他のブロックを「15」に設定すると、「報酬と給付」ブロックが10回連続して表示され、他のブロックに「追いつき」、均等に提示されるようになります。

また、すべての回数をゼロにリセットしたり、すべての回数を変更前の状態に戻すオプションもあります。

他の要素でのランダマイザーの使用

ブロックのほか、ランダマイザーを使用すると、アンケートフローの他の要素をランダム化できます。 たとえば、ランダマイザーを使用して、特定の[埋め込みデータ]ラベルを各回答者にランダムに割り当てるか、アンケートの終了(英語)要素で異なるアンケート終了に回答者をランダムに送ることができます。

各回答者はグループにランダムに割り当てられます。 アンケートフローの後半で、このグループ値は分岐ロジック、表示ロジック、その他のロジックの基準として使用できます。

分岐]をランダム化し、条件付きで要素を表示したり、複数の要素(ブロック、アンケートの終了要素、埋め込みデータなど)をグループ化することもできます。 条件付きでアイテムを表示しない場合でも、分岐を使用してグループ化する必要があります。

このアンケートでは、回答者に人口統計ブロックが表示され、その後2つの分岐のいずれかにランダムに割り当てられます。 最初の分岐に割り当てられる場合は、「アパレル」と「靴とアクセサリー」が表示され、アンケートの終了に誘導されます。 2番目の分岐に割り当てられる場合、「ホーム&ガーデン」と「エレクトロニクス」が表示されます。

ヒント: ランダマイザーを使用して分岐要素を選択している場合、ランダマイザーは条件が真で表示される分岐からのみ選択します。 これにより、回答者が入力できない分岐をランダマイザーで選択できなくなります。

複数の要素をグループ化するには

分岐で異なる条件を設定する予定がない場合、グループ要素(英語)を使用し、アンケートフローで要素をグループ化できます。

ヒント: 回答者にどのランダム化条件が表示されたかを追跡するには、埋め込みデータ要素で質問ブロックをグループ化することを検討してください。
  1. [アンケート]タブに移動して、[アンケートフロー]を開きます。
  2. ランダマイザーの[下に追加]または[こちらに新しい要素を追加]をクリックします。
  3. グループ(英語)]を選択します。
  4. [グループ]内のセットに属する要素を移動します。
  5. すべてのグループとセットが配置されるまで、必要に応じて手順を繰り返します。
  6. それに応じてランダマイザーの数を調整します。

ランダム化された表示順のエクスポート

ランダム化データのダウンロード(英語)により、アンケート要素が回答者に表示された順序を表示できます。

各アンケートフロー要素には固有のフローIDがあり、アンケートフローを開いて[フローIDを表示]を選択すると表示できます。

これらのIDはエクスポートされたデータで使用され、ランダマイザーのどの要素が回答者に表示されたかを特定します。 データのこの列は、通常、エクスポートされたデータファイルの最後に表示されます。