ダッシュボードの概要(CX)

このページの内容:

ダッシュボード(CX)の仕組み

ダッシュボードによって、調査を見やすくまとめたダッシュボードが作成されます。

ダッシュボードCustomer Experience(CX)ダッシュボードは、大規模で複雑、グローバルで長期にわたる難しいレポートにも対応できます。

このダッシュボードはデータソースを引き出して「ウィジェット」という図表にします。 ダッシュボードページはテーマ別のデザインフレームワークになっており、ウィジェットをわかりやすく整理できます。

ヒント: ダッシュボード(CX)をお持ちでない場合、営業担当にデモをリクエストできます。

ダッシュボードの構成は次のようになっています。

ヒント: ダッシュボード(CX)で追跡可能な実用的データはチケットからも提供されます。 チケットはアンケートプラットフォームの[アクション]タブで設定できます。詳細については、クアルトリクスのサポートページをご覧ください。アクションの設定方法はこちら(英語)を、チケットタスクについてはこちら(英語)をご覧ください。 ダッシュボードでチケットを報告する方法は[チケットレポート(英語)]ページにあります。

ダッシュボードの基礎

次の3つの簡単なステップで最初のダッシュボードレポートを設定してください。

  1. 最初のダッシュボード(CX)プロジェクトを作成する
  2. 最初のデータソースを適用する
  3. 最初のダッシュボードを生成する

1. 最初のダッシュボード(CX)プロジェクトの作成

クアルトリクスでは何をするにも[プロジェクト]ページでプロジェクトを作成することから始めます。 ダッシュボード(CX)も例外ではありません。

最初のダッシュボードを作成するには:

  1. プロジェクト]をクリックします。
  2. プロジェクトを作成]を選択します。
  3. Customer Experience(CX)アイコンを選択します。
  4. 空のダッシュボードプロジェクトをクリックします。
  5. プロジェクトに名前を付けます。
  6. プロジェクトを作成]ボタンをクリックします。

2. 最初のデータソースの適用

  1. [データソース]タブで[ソースを追加]を選択します。
  2. [ソースを追加]ウィンドウで下向き矢印をクリックし、プロジェクトの一覧を開きます。
  3. クアルトリクスアカウントのプロジェクトからデータソースを選択します。
  4. 保存]をクリックします。

>ダッシュボードソースリストについて

上の画像では、「カナダの顧客」という名称のCXアンケートが最初のデータソースとして選択されました。 下の画像のように、このソースはこのプロジェクトのデータソースリストに追加されました。

後でこのショートカットリストに複数のデータソースを追加できます。「データソースの追加(CX)」を参照してください。

注意: [データソース]タブのソースの横にある青いアイコンはショートカットリンクです。 これをクリックしてもダッシュボードに移動せず、 リンク先のアンケート(たとえば、「カナダの顧客」)に移動します。 その場合、下の「ダッシュボード(CX)のログイン/ログアウト」を参照してください。

3. 最初のダッシュボードの生成

最初のダッシュボードを生成するには:

  1. ダッシュボード]タブをクリックします。
  2. ダッシュボードを作成]ボタンをクリックします。
  3. [ダッシュボードを作成]ウィンドウが表示されたら、ダッシュボードに名前を付け、[保存]をクリックします。
    ヒント:   これが最初のダッシュボードプロジェクトであれば、[ダッシュボードを作成]ダイアログウィンドウで初期設定をそのまま選択してください([ダッシュボードを最初から作成]と[新しいデータセットを作成])。 [ダッシュボードからデータセットをコピー]オプションの説明は「ダッシュボードの管理(CX)(英語)」にあります。
  4. データソースからウィジェットが自動的に生成され、ダッシュボードのようこそページが表示されます。 [OK]をクリックし、ダッシュボードを確認します。

ダッシュボード(CX)のログイン/ログアウト

ダッシュボード(CX)プロジェクトは3通りの方法で終了できます。

  1.  [プロジェクト]を選択すると、プロジェクトリストに戻ります(他のプロジェクトを開き、使用するときなど)。
  2. 個人の[アカウント設定]アイコンを選択し、[ログアウト]をクリックしてアカウントからログアウトします。
  3. [データソース]タブの下にある青いアイコン(ショートカットリンク)をクリックします。

ダッシュボードプロジェクトに入るには:

  1. プロジェクト]をクリックすると、プロジェクトリストが開きます。
  2. リストからダッシュボード(CX)プロジェクトを選択します(ダッシュボードの学習など)。
  3. ダッシュボード]タブをクリックします。
  4. ダッシュボードの名前をクリックし、ダッシュボードを選択します。
  5. プロジェクトのデータやオプションを見ているとき、ダッシュボードのページやウィジェットに戻るには、インターフェースの上部にある階層リンクバーを使用します(この例では「ダッシュボードの学習」と「最初のダッシュボード」)。