ステップ6: ダッシュボードの共有と管理(CX)

このページの内容:

ダッシュボードの速やかな共有

すでに追加したユーザー(英語)や、ライセンス内の既存のクアルトリクスユーザーに速やかにダッシュボードを共有する手順は次のとおりです:

  1. 共有]アイコンをクリックします。
  2. ユーザーの名前、ユーザー名、メールアドレスを入力します。

    ヒント: 対象となるユーザーは、クアルトリクスライセンス内にユーザーとしてすでに存在しているか、ダッシュボードユーザーとして追加(英語)されている必要があります。
  3. 表示]、[エクスポート(JPG、PDF)]、[エクスポート]、[編集]のいずれかをユーザー名の右隣にあるドロップダウンメニューから選択してユーザーのアクセスを制限します。
  4. 保存]をクリックします。

これで、受信者は自分のクアルトリクスアカウントにログインし、[ダッシュボード]画面の左上隅にあるドロップダウンから通知を選択するとダッシュボードにアクセスできます。

ヒント: ダッシュボードの共有とアクセスタイプ([表示可能]、[エクスポート可能]、[編集可能])についての詳細説明については、「ダッシュボードの共有(CX)(英語)」ページをご覧ください。

複数のユーザーとの共有

大規模な組織で、カスタマイズされたダッシュボードの共有を1ユーザーごとに行うのは現実的ではありません。 これを解決するために[ユーザー管理者]タブでは、個別設定されたダッシュボードの操作性を、ブランド内で区分された関係者や意思決定者のグループに共有するツールを使用できます。

注意: ブランド管理者が、ダッシュボードを作成、編集、表示できる対象者を決定します。 ブランド管理者がこれらの機能へのアクセスを必要とする場合、カスタマーサクセス担当者にお問い合わせください。

クアルトリクスブランド全体で大人数にダッシュボードを共有するには、次を行う必要があります。

  1. ユーザー(閲覧者)を作成する
  2. ユーザーの役割の割り当て(英語)
  3. ユーザー属性の拡大(英語)
  4. ユーザーログイン認証情報をメールで送信する(英語)

新しいユーザーの手動作成

ユーザーを手動で入力するには:

  1. ユーザー管理者]タブを選択します。
  2. ユーザーを追加]をクリックします。
  3. 手動入力]を選択します。
  4. ユーザーについての情報を入力します。 メールアドレス、姓名を入力する必要があります。
ヒント: [ユーザー名]が空欄の場合は、メールアドレスがユーザー名として使用されます。
  • 任意: プラス(+)記号をクリックしてメタデータ(英語)(属性)をユーザーに追加します。
  • ユーザーを追加]をクリックして保存します。
ヒント: 詳細については、「ユーザーの追加、インポート、エクスポート(CX)(英語) 」をご覧ください。

ファイルを使った新しいユーザーの作成

CSVまたはTSV形式のファイルを使って複数の閲覧者を入力するには、必須の3列のヘッダーがあるスプレッドシートファイルを作成する必要があります。

  • FirstName
  • LastName
  • Email

各ユーザーについて保存する追加情報(部門、マネージャーなど)は、後の列に配置できます。 このような追加情報は属性と呼ばれます。

ヒント: CSVファイルで情報をアップロード、検証する方法についてステップごとの詳細は「ユーザーの追加、インポート、エクスポート(CX)(英語)」をご覧ください。

ユーザーの役割の割り当て

[役割]で、ユーザーのグループの権限を管理できます。 [役割]がダッシュボード(英語)へのアクセス権所有者を決定します。 複数のユーザーを役割に割り当てることで、一度に1人ずつ関係者に権限を割り当てる時間を省きます。

ヒント: 必要に応じて[自動役割割り当て(英語)]とそれを基にSSO(英語)も設定できます。

新しい役割を作成するには:

  1. ダッシュボードプロジェクトを開きます。
  2. ユーザー管理者]タブに移動します。
  3. 役割]セクションをクリックします。
  4. 緑の[役割を作成]ボタンまで下にスクロールしてクリックします。
  5. 役割に名前を付けます。
  6. 役割を作成]をクリックします。

役割を作成した後に、ユーザーを次のステップ割り当てる必要があります。

  1. ユーザーを追加]をクリックします。
  2. ユーザーを追加]を選択します。
  3. 個人を追加]オプションを選択する場合、フィールドに該当者の名前を入力、選択して検索します。

    ヒント: リストからユーザーを削除するには、[X]をクリックします。
  4. グループを追加]を選択する場合、ユーザーが役割に追加される条件を設定する必要があります。 条件は、メタデータまたはメールアドレスに基づいて設定できます。

    ヒント: 右側のプラス(+)記号とマイナス()記号を使って複数の条件を追加できます。
  5. 参加者を追加]を選択します。
ヒント: 役割についての詳細は、「役割(CX)(英語)」ページをご覧ください。

ユーザー属性(英語)(メタデータ)にダッシュボードユーザーについての追加情報を含めたい場合、 たとえば、その人の所在地、役職、その他の個人を識別するメタデータを含められます。

属性はユーザーを追加またはアップロード(英語)する際に作成できます。 ユーザー属性が定義されると、この情報はユーザーに割り当てる役割(英語)や、ユーザーが使用できるダッシュボードのフィルターを決めるために使用できます。

ヒント: ステップごとの詳細については、「ユーザー属性(CX)(英語)」ページをご覧ください。

ユーザー属性の追加

属性の[編集]ウィンドウで、[]と[]、またはユーザーの[メール]アドレスをクリックします。 すると、左側に現在の全ユーザー属性が記載されたウィンドウが開きます。 ウィンドウの右側で、属性に基づき役割を変更します。 変更を終えたら[保存]をクリックします。

別の属性を追加]をクリックすると属性を追加できます。 すでにある属性のリスト(英語) から選択できます。

ヒント: 詳細については、「ユーザー属性(CX)(英語)」ページをご覧ください。

ログイン認証情報のメール送信

新しいユーザーが追加されると、割り当てられたダッシュボードのログイン認証をユーザーが受信するように手配する必要があります。 そのため、[ツール]メニューをクリックして[新しいユーザーにログイン認証情報をメールで送信]を選択します。 このオプションにより、認証情報を以前受信したことがない全ユーザーに、ユーザー名とパスワードを記載したメールが送信されます。

ヒント: リストの更新方法とユーザーによるパスワードのリセット方法について、詳細は「ダッシュボードユーザーの管理(CX)(英語)」を参照してください。 このページでは、[ユーザー管理者]タブへの移動方法、ユーザーの検索方法、ユーザー情報の編集方法についても有益なヒントが紹介されています。