参加者の追加・削除(EX)

このページの内容:

ヒント: このページでは、エンゲージメント、ライフサイクル、アドホック従業員調査のプロジェクトで利用できる機能について説明しますが、ライフサイクルとアドホック従業員調査のプロジェクトに階層はありません。 それぞれの詳細については「Employee Experienceプロジェクトのタイプ(英語)」をご覧ください。

参加者の追加・削除

従業員エンゲージメントまたはライフサイクルプロジェクトの参加者は、[参加者]タブの[参加者]セクションで追加できます。 参加者の追加は、Excelで作成したCSV/TSVを使って一括で行うか、手動で数名ずつ行うことができます。 このプロセスの中で、参加者にメタデータと呼ばれる追加情報を含めることもできます。この情報は、後で階層の構築(EE)(英語)や、ダッシュボード(英語)上のデータ編成に役立ちます。

ヒント: 作成したプロジェクトの種類に応じて、[参加者を追加]ボタンの下に2つのオプションが追加で表示される場合があります。

  1. 従業員エンゲージメントプロジェクトを編集している場合、グローバルディレクトリから参加者をインポートする(英語)オプションもあります。
  2. ライフサイクルプロジェクトを編集している場合は、参加者のインポートの自動化を設定する(英語)オプションもあります。

参加者の手動追加

  1. [参加者]タブの[参加者]セクションに移動します。
    [参加者]タブの[参加者を追加]ボタンのドロップダウンリストに表示された[参加者を手動で追加]
  2. 右上の[参加者を追加]をクリックします。
  3. [参加者を手動で追加]を選択します。
  4. 検索バーを使って、従業員ディレクトリ(英語)にアップロード済みのユーザーを検索します。 ユーザーを選択して、リストに追加します。
    検索バー付きの[参加者を追加]ウィンドウ

    ヒント: SSOをご利用されている場合は、参加者をアップロードする前に、参加者のユーザー名を含めて、ディレクトリ(英語)にアップロードしてください。 一度ディレクトリに保存したら、プロジェクトで参加者をアップロードする際に、ユーザー名を除外することができます(参加者の一意の識別子は必要です)。
  5. アップロードする参加者の情報を、[一意の識別子(英語)]、[メール]、[]、[]フィールドに入力します。
    [参加者を追加]ウィンドウで参加者を手動入力できるスプレッドシート
  6. メタデータを追加]をクリックすると、参加者に追加する[メタデータ]フィールドが追加で1つ表示されます。 たとえば、メタデータは参加者の言語や勤務地などを追加するのに便利です。
    ヒント: メタデータは必要に応じていくつでも追加でき、そのフィールド名も任意のものにできます。 なお、[言語]フィールドとして使用できるフィールド名は「Language」のみです。
  7. 詳細情報の追加が完了したら、[参加者を追加]をクリックします。
  8. 追加する参加者の数だけ、手順4~7を繰り返します。
    [参加者を追加]ウィンドウの右下にある[保存]ボタン
  9. 参加者の入力が終わったら、[保存]をクリックします。
ヒント: 従業員ディレクトリ(英語)で行ったメタデータの編集は、そのディレクトリにのみ適用され、プロジェクトに対して行ったメタデータの編集は、そのプロジェクトにのみ適用されます。 唯一の例外は、ユーザー名や一意の識別子に編集が加えられた場合で、この情報はプラットフォーム全体で更新されます。

エンゲージメントとライフサイクルの参加者のインポート

このセクションは、エンゲージメント(英語)プロジェクトとライフサイクル(英語)プロジェクトのみを対象としています。 設定は似ていますが、このセクションはアドホック従業員調査(英語)には当てはまりません。

ヒント: SSOをご利用されている場合は、参加者をアップロードする前に、参加者のユーザー名を含めて、ディレクトリ(英語)にアップロードしてください。 一度ディレクトリに保存したら、参加者をアップロードして[UserName]列を除外することができます(参加者の一意の識別子が必要です)。
  1. [参加者]タブの[参加者]セクションに移動します。
    [参加者]タブの[参加者を追加]メニュー
  2. 右上の[参加者を追加]をクリックします。
  3. 参加者をインポート]を選択します。
  4. CSVまたはTSVファイルの作成例をダウンロードしてください。 どちらのファイルもExcelなどで開くことができるスプレッドシートファイルです。
    [参加者をインポート]ウィンドウ、CSVとTSVのテンプレート、ファイルをアップロードするためのボタン

    ヒント: 参加者の名前など、いずれかのフィールドに数字や英字以外の文字が含まれている場合は、TSVファイルの使用を推奨します。
    注意: メタデータフィールドで複数の値をカンマで区切った場合、そのフィールドを使用してフィルタリング行う「回答への参加についての概要」ウィジェット(英語)を使用することはできません。
  5. スプレッドシート1行に参加者を1人追加します。各参加者の[UniqueIdentifier(英語)]、[Email]、[FirstName]、[LastName]の各列には入力が必須です(他の列には空白セルがあってもかまいません)。 階層を構築するために含める情報の詳細については、「参加者ファイルのインポート準備(英語)」サポートページを参照してください。
    参加者の例を含むCSVファイル

    ヒント: 参加者のユーザー名は、デフォルトでは[Email]列の値と同じものになります。 参加者に別のユーザー名を指定したい場合は、[UserName]というタイトルの列を追加し、ユーザー名を指定します。 このユーザー名は、参加者がダッシュボードを見るためにログインする際に使用します。
  6. ファイルをUTF-8エンコードのCSV(カンマ区切り値)またはTSV(タブ区切り値)として保存します。
    ヒント: アップロードできる連絡先リストのファイルサイズは、最大100 MBです。
  7. ファイルを選択]をクリックして、ファイルを参照します。
    アップロードマーク(上向き矢印)の下の画面中央にある青色の[ファイルを選択]テキスト
  8. インポーターが開始時に問題を検出した場合は、問題が赤枠内にリストされ、処理は続行されません。 これらの説明を読んで、ファイルを修正してください。 変更を保存した後、[別のファイルを選択]をクリックして、ファイルを再アップロードします。
    発生する可能性のあるエラーが[アップロード]ボタンと[ファイルを選択]ボタンの下に、赤のボックスで表示されている。ヘッダーが重複していることが簡単に説明されている。[エラーのチェック]ボタンはグレーのままでクリックできない
  9. 問題が検出されなかった場合は、[エラーのチェック]をクリックします。
    ファイルにエラーがない旨のメッセージが緑で表示され、[エラーのチェック]ボタンが青色に変わり、クリックできるようになる
  10. インポーターの読み込み中に、参加者リストに戻ることができます。
    読み込み中のページを表示するウィンドウ
  11. 読み込みが終わると、インポーターはプロジェクトで更新または追加される参加者、およびインポートがディレクトリ(英語)に与える影響に関する概要を表示します。 また、行にエラーがある場合、インポーターは警告を表示します。
    追加・更新された人数を示すメッセージが現れる
  12. この変更に問題がなければ、[インポートを確定]をクリックします。
  13. 最近行ったインポート/エクスポートのステータスが表示されます。
    最近のインポートリスト

検出されたエラー

ヒント: エラーチェッカーとエラーレポートは、お客様のブランドが一意の識別子(英語)を使用している場合にのみ利用できます。

インポーターがエラーチェックを実行することを許可し、エラーが検出された場合は、エラーレポートが生成されます。ファイルが大きいためエラーレポートも大きくなる場合は、レポートをCSV形式でダウンロードできます。

赤いエラー警告メッセージ。エラーをダウンロードするためのリンク

エラーレポートをダウンロード]をクリックすると、エラーレポートが表示されます。

レポートには、エラーが発生したファイルの正確な行、問題があるフィールド、エラーが発生した参加者の一意の識別子が表示されます。

例: 一意の識別子「bp3835453」を持つユーザーを誤って2回アップロードしてしまいました。 一意の識別子とメールアドレスがまったく同じ行が2行あります。 どちらか1行を消去すれば、ファイルのアップロードに戻った際に問題は解決済みになります。

エラーメッセージと問題行を示すCSV

アップロード時にエラーが発生した参加者のCSV

ヒント: ユーザーインポーターは、階層固有の問題を検出しません。

よく発生する注意を要するエラー

すべてを網羅したリストではありませんが、ここでは参加者のアップロード用ファイルを作成する際の問題を回避するための一般的なヒントをご紹介します。

  • ファイルの1行目に、UniqueIdentifier(一意の識別子)、First Name(名)、Last Name(姓)、Email(メールアドレス)があることを確認します。
  • ファイルのヘッダーには、英数字以外の特殊文字を使用しないでください。
    ヒント: このルールはヘッダーにのみ適用され、行の値には適用されません。
  • ヘッダーの長さは最大100文字です。
  • ファイルのヘッダーには、クアルトリクスの既存フィールドの用語を使用しないでください。
    • SID
    • RID
    • Auditable
    • EndDate
    • RecordedDate
    • StartDate
    • Status
    • Points
  • 同じ行が重複しないように注意してください。2人の参加者が同じ一意の識別子やメールアドレスを持つことはできません。
  • ファイルに200を超えるヘッダーフィールドを含めないでください。
  • ファイルのヘッダー数が列数を超えないようにしてください。
  • 列の値の長さは最大1,000文字です。

アドホック従業員調査の参加者のインポート

このセクションは、アドホック従業員調査(英語)プロジェクトのみを対象としています。 設定は似ていますが、このセクションはエンゲージメント(英語)プロジェクトやライフサイクル(英語)プロジェクトには当てはまりません。

  1. Excelなどのスプレッドシートプログラムでスプレッドシートを作成します。 含める情報の詳細については、「参加者ファイルのインポート準備」サポートページを参照してください。
    ヒント: [CSV作成例]のリンクをクリックして、CSVの作成例を確認してください。 プロジェクトへのユーザーアップロードに作成例を使用しない場合、Unique Identifier、[Email]、[FirstName]、[LastName]、[Language]フィールドのスペルと大文字/小文字の区別が正しいことを確認してください。
    [参加者をインポート]ウィンドウの[CSV作成例]のリンク
  2. スプレッドシート1行に参加者を1人追加します。各参加者には、[Unique Identifier(英語)]、[Email]、[FirstName]、[LastName]の各列にエントリーが必要です(他の列には空白のセルがあってもかまいません)。
    ヒント: SSOをご利用されている場合は、参加者をアップロードする前に、参加者のユーザー名を含めて、ディレクトリ(英語)にアップロードしてください。 一度ディレクトリに保存したら、参加者をアップロードしてユーザー名を除外することができます(参加者の一意の識別子が必要です)。
    ヒント: 参加者のユーザー名は、デフォルトでは[Email]列の値と同じものになります。 参加者に別のユーザー名を指定したい場合は、[UserName]というタイトルの列を追加し、ユーザー名を指定します。 このユーザー名は、参加者がダッシュボードを見るためにログインする際に使用します。
  3. ファイルをCSV(カンマ区切り値)またはTSV(タブ区切り)形式で保存します。 なお、アップロードできる連絡先リストのファイルサイズは、最大100 MBです。
  4. [参加者]タブの[参加者]セクションに移動します。
    [参加者]タブの[参加者を追加]ボタンのドロップダウンに表示された[参加者をインポート]
  5. 右上の[参加者を追加]をクリックします。
  6. 参加者をインポート]を選択します。
  7. 参照]をクリックしてファイルを選択します。
    [参加者をインポート]ウィンドウ

    ヒント: 正しい区切り文字が選択されていることを確認してください。 青色の[その他のオプション]をクリックして、別の区切り文字や囲い文字を選択します。 CSVはカンマ区切り、TSVはタブ区切りが多い傾向にあります。 詳しいトラブルシューティングの方法については、「CSV/TSVのアップロードの問題」サポートページをご覧ください。
    区切り文字がタブ、囲い文字が引用符に設定されている
  8. インポート]をクリックします。

参加者の更新

たとえば、参加者をアップロードした後に、メタデータを入れ忘れていたことに気づいたとします。 階層の値を誤ってアップロードしてしまった場合や、参加者が自分のオフィスの所在国によってダッシュボードをフィルタリングするオプションを追加できるように、各参加者の所在地を追加したい場合などが考えられます。 新たなCSV/TSVファイルをアップロードすることで、このメタデータを更新できます。その場合は、以下の手順に従ってください。

更新済みファイルのインポート

このページの参加者のインポートの説明に従って、作成例ファイルの入手先を確認し、そのファイルを従業員プロジェクトにアップロードしてください。 クアルトリクスがどの参加者を更新すべきか分かるように、一意の識別子(英語)列を必ず含めてください。 変更したくない参加者とメタデータの列は除外できます。

ヒント: この方法は、メタデータの値の編集、追加、削除に使用できます。 メタデータフィールドの値が空のファイルをアップロードすると、参加者の現在のメタデータの値が消去されます。 (たとえば、多過ぎるレベル(英語)階層列を誤って参加者に割り当ててしまい、いくつか削除する必要がある場合などに役立ちます。 これらの列を含めておき、値を空白にしておくと、レベルが空であることを示します。) すべての参加者の値が空である場合でも、インポーターはインポートに含められた全ての列をスキップしません。
注意: 階層が更新されるのは、階層のすべてのメタデータを含むファイルをインポートしたときだけです。 たとえば、一意の識別子、マネージャーID、組織ユニットID、組織ユニットの説明を使用して階層を構築した場合、階層の変更をトリガーするためには、この4列すべてがインポートに存在する必要があります。 年齢や在職期間など、階層に関係のないメタデータは必要ありません。

ヒント: 参加者の[Email]の値が更新されると、ユーザー名も新しいメールアドレスに合わせて更新されます。 以下のいずれかの条件が満たされると、この変更は発生しません。

  1. 参加者のユーザー名が[UserName]という別の列で指定されている。
  2. 参加者のユーザー名が[参加者情報]ウィンドウ従業員ディレクトリ(英語)、または[管理]タブ(英語)で手動で変更され、メールアドレスと一致していない。

メタデータの更新の回答やダッシュボードへのプッシュ

新しいメタデータをインポートするか、[参加者情報]ウィンドウを使用して参加者の情報を変更し、更新の内容をダッシュボードや回答に反映させたい場合があります。 参加者のメタデータを更新するには、行った編集のレベルに応じていくつかの方法があります。

[参加者]タブで参加者の名前の右にあるドロップダウンを使うと、参加者を1人ずつ更新できます。
[参加者]タブで参加者の右端にあるドロップダウン

更新した参加者が少数の場合は、更新するユーザーを選択し、[一括アクション]をクリックしてから[現在のメタデータで回答を更新]を選択すると、メタデータを更新できます。
[一括アクション]ボックスのドロップダウン矢印により、現在のメタデータで(選択された)回答を更新できる

多くの参加者に多くの変更を加えた場合は、すべてのメタデータを[ツール]で更新できます。
[参加者]タブの[ツール]ボタンのドロップダウンに[現在のメタデータですべての回答をアップデート]オプションが表示されている

警告: プロジェクトで参加者のメタデータを変更しても、従業員ディレクトリ(英語)には反映されません。また、過去のプロジェクトにおける参加者のメタデータも変更されません。 メタデータの変更は、変更が行われたプロジェクトにのみ反映されます。

メタデータ

警告: これまでは、すべてのメタデータフィールドがフィールド名のスペースを認識していました。 大多数のユーザーにとってメタデータのフィールド名はスペースを無視するのが通常となっています。つまり、参加者ファイルをインポートする際、「Manager ID(マネージャー ID)」と「ManagerID(マネージャーID)」は同じフィールドとして扱われます。
警告: メタデータフィールドには、予約済みの埋め込みデータフィールドと同じ名前を使用しないでください。 これらのフィールドでは、大文字と小文字が区別されません。

参加者を追加する際には、ファイルにメタデータが含まれている必要があります。 メタデータとは、社員ID番号、社内での役割、開始日など、参加者に関する情報を内容とする変数のことです。 メタデータは、従業員エンゲージメントでは階層の作成に、従業員ライフサイクルとエンゲージメントではいずれもダッシュボードのデータのフィルタリングに使用できます。

ヒント: データ収集の前に特定のメタデータをアップロードし忘れた場合は、 「参加者の更新」セクションをご覧ください。

インポートされたファイルでは、メタデータはデータ列として表現されます。 ヘッダーがクアルトリクスでの変数名になります。

参加者を記載したExcelファイルにある「部署」、「社員ID」、「所在地」の列

例: 従業員IDとマネージャーIDは、親-子階層(EE)(英語)を構築する際に使用されるメタデータです。 たとえば、会社での自分の社員番号が831、自分のマネージャーの社員番号が909だったとします。 自分自身を参加者として追加する場合、従業員IDの列は「831」、マネージャーIDの列は「909」となるでしょう。
例: 従業員エンゲージメントやライフサイクルのダッシュボード(英語)で、各部門からのデータとエンゲージメントの基準となるパフォーマンスとの比較(英語)を提供するとします。 参加者を追加する際に各従業員の部門情報を[Department]列に入力しておくと、この情報はプロジェクトに保存され、エンゲージメントデータが収集されたらダッシュボードで比較を行うことができます。
警告: メタデータのフィールド名や値に、以下の文字を使用することは避けてください: | & ; $ % : < > { } , * + '. 日付などのフィールドの値には/を使用できますが、メタデータのフィールド名には使用できません。

参加者の削除

参加者の削除には、2つの方法があります。 1つは手動による方法で、[参加者]タブのページで参加者を選択して削除する方法です。 もう1つはインポートによる便利なプロセスで、削除する参加者の一意の識別子のリストをアップロードします。

注意: 参加者をプロジェクトから削除すると、その人の回答データもプロジェクトから削除されます。 すなわち、その回答は対応するダッシュボードでも利用できなくなります。 参加者は、データを削除して問題ないことや、回答が1つも収集されていないことを確認した場合にのみ削除してください。

手動削除

  1. 必要に応じ、検索(英語)して、表示する参加者を絞り込みます。
    リストから選択された参加者
  2. 削除するユーザーを選択します。
  3. 一括アクション]のドロップダウンをクリックします。
  4. 選択された参加者を削除]を選択します。
  5. 「削除」と入力します。
    [プロジェクトから参加者を削除]ウィンドウが[参加者]タブの前面に開き、ウィンドウには「削除」と入力するフィールドがある
  6. 参加者を削除]をクリックします。
ヒント: まとめて削除できるユーザーは、[参加者]タブの同じページにあるもののみでです。 次ページに移動すると、前ページでの選択は解除されます。

インポートによる一括削除

ヒント: この機能は、一意の識別子(英語)を使用しているブランドについてのみ利用可能で、またライフサイクルプロジェクトでは利用できません。
  1. 参加者が選ばれていないことを確認してください。
    [一括アクション]メニューの[参加者を削除]オプション
  2. 一括アクション]に移動します。
  3. 参加者を削除]を選択します。
  4. ダウンロード]をクリックすると、インポート用のテンプレートCSVがエクスポートされます。
    左に[ファイルを選択]と[CSV作成例]、右下に[参加者を削除]が表示された[参加者を削除]ウィンドウ
  5. 一意の識別子の列に対応するIDを入力します。 ファイルを保存します。
    ヒント: 参加者の一意の識別子(英語)が分からない場合は、参加者リストをエクスポート(英語)することもできます。
  6. ファイルを選択]をクリックし、ファイルを選択します。
  7. 参加者を削除]をクリックします。

この方法では、一度に最大25,000人の参加者を削除できます。 25,000人超の参加者を削除する必要がある場合は、削除を複数回行う必要があります。