シングルサインオン(SSO)の基本の概要

このページの内容:

シングルサインオンについて

シングルサインオン (SSO) では、ユーザーが組織の内部ログインシステムを使用してクアルトリクスにログインできます。SSOを使用する最大の利点は、クアルトリクスと組織の内部システム両方に同様な認証情報を使用することで、これによりスムーズな体験が提供されます。例えば、ユーザーがすでにシステム認証されている場合、組織の内部ページにクアルトリクスのログインページへのリンクが記載されていたら、(ブラウザーCookieによって管理される)アクティブなログインセッションを維持し、ユーザーがクアルトリクスに自動的にログインできます。SSOでは、組織のユーザーが複数のログイン認証情報を保持する必要がないため、ユーザー側でも便利です。

シングルサインオンでは、組織のITシステムに保存されている属性データを使用してクアルトリクス導入が可能になるため、ライセンスの管理も容易になります。SSOを使用すると、属性を取得してユーザーを識別できるようになり、特定のユーザータイプ(英語)または部署(英語)にユーザーを自動的に割り当てるために使用する属性を取得して属性データを選択。これにより、新しいアカウントが正しい権限、管轄下で自動的に作成されます。デフォルトの自己登録仕様とは異なる権限を割り当てる場合に、新しく作成したアカウントのユーザータイプと部署を手動で管理しなければならないブランド管理者が行う作業の量が減らされます。また、組織のデータベースからの認証情報が使用されているため、組織での在職期間が終了したユーザーのデータベース内認証情報を削除または無効にすることで、クアルトリクスへのアクセスを即時に中断できます。

さらに、認証機能(英語)などのクアルトリクス機能では、SSOを使用してアンケートをカスタマイズすることもできます。

注意: SSOは有料機能です。ブランド管理者の場合は、クアルトリクスの営業担当にお問い合わせし、ライセンス内でSSOが利用可能であるか確認ください。

シングルサインオンのサポートページ

下記サポートページでは、SSOの項目について記載されてます。SSOを実装する前の技術的な要件と注意事項、SSOが提供する多数のユーザー管理機能とトラブルシューティングについて説明します。

SSOの設定

  • SSOの実装に関する注意事項(英語):SSOを実装する前に、この記事をご参照ください。この記事では、SSOの実装プロセスについて説明し、組織がSSOを有効化した場合に影響を受ける製品の概要を記載してます。ブランド管理者はSSOを実装する際にこちらのページのコンテンツを組織のITチームと共有する必要があるため、是非ご覧ください
  • SSOの技術要件(英語):クアルトリクスがサポートするSSOの各タイプを使用するための要件について説明します。クアルトリクスにお問い合わせする前に、この記事をITチームと共有し、組織のSSO構成がクアルトリクスと互換性があることを確認してください。
  • アイデンティティプロバイダとしてのSAMLの構成(英語)SAMLの技術的要件を満たすアイデンティティプロバイダとの接続方法について説明します。このページは、組織のITチームと共有してください。
  • 組織のSSO設定(英語)ブランド管理者は、クアルトリクスで直接SAML接続を設定することもできます。リンクされたページにアクセスし、SSO設定は組織のITチームと共に実施してください。

SSOとクアルトリクスの使用

  • SSOを使用したユーザーと組織の管理(英語):SSOを組織に設定した後にこの記事をご参照ください。クアルトリクスアカウントへのユーザの自動登録及びログインのカスタマイズ、SSO属性に基づくユーザー権限とCXダッシュボード属性の割り当て、組織内でクアルトリクスを使用できるユーザーを制限できます。ブランド管理者は、組織のITチームと協力し、このページで説明されている機能を設定する必要があります。
  • 組織IDを使用したログイン(英語)クアルトリクスのサポートポータルXMアプリ(英語)などのアプリケーションでは、SSOを使用するには、組織IDでログインする必要があります。組織IDにより、SSOシステムから認証されます。こちらの記事は、影響を受けるアプリケーションを使用する全ユーザーと共有してください。

SSOのトラブルシューティング

  • HARファイルの生成(英語):SSO経由のログインで問題が発生した場合、サポートチームは問題のトラブルシューティングに役立つHARファイルの生成の提供をお願いする場合がございます。このページでは、サポートに送信するファイルを生成する方法について説明します。

アカウントにSSOがあるかの確認

クアルトリクスライセンスでSSOを使用するのは、プロジェクトでの共同作業や特定のクアルトリクスアプリへのログインに影響するので、管理者ではないユーザーにとっても、重要な情報であります。

組織にSSOがある場合、複数のアカウントにアクセスできるログインポータルが1つある可能性があります。同じログインページを使用して、給与明細の提出、休暇のスケジュール設定、Eメールへのアクセス、クラスの課題の提出、勉強講座の支払いの管理をする事ができます。これらが可能である場合、組織がクアルトリクスライセンスで指定されたログインサービスに接続している可能性があります。

既存のユーザー向け

すでにクアルトリクスアカウントを持っている場合は、次の手順に沿ってSSOを使用されているかを確認できます。

  1. クアルトリクスアカウントにログインします。
  2. 右上の人型アイコンをクリックします。
  3. アカウント設定を選択します。
  4. ユーザー設定のタブで、最近のログイン表までスクロールします。
  5. ユーザー名にハッシュタグ (#) がある場合、組織はSSOを使用しています。

新規ユーザー向け

クアルトリクスアカウントをまだ作成していない場合は、ライセンスでSSOが使用されているかどうかを確認し、使用されている場合は特別なログインリンクからログインする必要があります。通常、組織のリンクには組織名(または組織名の省略形)が表示されます。

ログインリンクを取得するには、下記手順となります。

  1. クアルトリクスへの特別なリンクについては、組織のWebサイトまたは知識ベースをご参照ください。
  2. 教授や同僚からアカウントの作成を依頼された場合は、依頼主にログインリンク情報についてお問い合わせください。

提供されたリンクをクリックし、組織ログイン画面が表示されたらSSOを使用していることを意味し、この特別なリンクからログインする必要があります。ログイン時は、日常的に使用している組織認証情報を使用します。

ヒント システムによっては、組織のポータルにログインし、使用するソフトウェアを選択する必要があります。この場合は、ポータルにログインし、クアルトリクスを選択してください。

組織内でクアルトリクスでのSSOの使用が確認されていない場合は、サポートポータルのログインページでログインできないか、アカウントを持っていない場合をクリックして、クアルトリクスサポートにお問い合わせください。。クアルトリクスサポートは、このオプションを選択した場合は、アカウントの作成およびログインの問題のみサポートできます。セキュリティ上の理由により、クアルトリクスサポートは、アカウントを持っていないユーザーにブランド管理者の連絡先情報を提供することは致しかねます。ただし、お客様のメールアドレスがSSO組織で使用されている有効なメールアドレスと一致する場合は、クアルトリクスサポートからログインリンクを提供するか、組織のITチームにお問い合わせしてください。