結果レポートの概要

このページの内容:

結果レポートについて

結果]セクションは、ユーザーが必要とするレポートを効率的に提供する事を目的しています。以下の手順に従って下さい。

  1. 任意の質問をクリックして、デフォルトの質問ページを表示します。ページには以下が表示されます。
    • デフォルトのタイトル
    • 3つのデフォルトの図表
  2. 任意の図表をクリックして、固有の編集ペインを開きます。
  3. 編集ペインのオプションから選択して、図表を簡単にカスタマイズできます。

図表をクリックして、編集ペインを開けば、さまざまなことが試せます。 デフォルトの図表、事前に決定された配色、グラフ、表のタイプに限定する必要はありません。 たとえば、次の形で多肢選択式の質問を表示できます。

  • 横棒グラフ
  • 縦棒ブラフ
  • 円グラフ
  • その他
ヒント: 使用可能なすべての図表タイプの詳細については、「結果レポートの図表(英語)」ページを参照してください。

図表の新規作成方法、カスタムカラーパレットの適用方法、質問ページの名前の変更方法、メモの追加方法については、以下の詳細手順を参照してください。

レポートを新規作成またはコピーする

デフォルトのレポート]ドロップダウンをクリックすると、さまざまな結果レポートを検索して選択できます。 ここからレポートのコピーや新規作成もできます。 レポートを好きな数だけ作成する事ができます。

新しいレポートを作成]コマンドと[レポートをコピー]コマンドの動作は異なります。

  1. 新しいレポートを作成: 新しいデフォルトのレポートを生成します。
  2. レポートをコピー: チェックマークで指定されているアクティブレポートのコピーを生成します。 これはデフォルトのレポートでも、変更して名前を変えたレポート(My New Reportなど)でも構いません。

新しいレポートを作成]オプションと[レポートをコピー]オプションを使用し、次の詳細手順でレポートの名前を変更します。

フィルターの追加

フィルターを使用して、不要なデータを非表示にする事で、結果レポートと図表に、注目したいデータのみ表示させる事ができます。

フィルターは、以下の手順で作成される条件文によって設定されます。

  1. フィルター条件の選択: アンケートのメタデータ、連絡先フィールド、埋め込みデータ、または質問の回答を条件として選択します。 以下にそれぞれの説明を示します。
  2. 演算子の選択: 論理演算子(該当する/該当しない、次と等しい/次と等しくない、および/またはなど)を適用して決定論理を開始します。
  3. オペランド(値)の選択: 数値または文字列を条件文に適用します。

結果レポートのフィルタリング

フィルターを使うと、図表を大きく変更できます。次の例をご覧ください。

  1. フィルター条件質問の回答から取得されます。
  2. 演算子は「が」です。
  3. オペランドは、文字列形式での回答を表します(ブリティッシュコロンビア州など)。

複数の条件でフィルターを適用するには、ALLとANYを使用します。

  • すべて: すべての条件を満たす必要があります。 「および」と同じです。
  • いずれか: 少なくとも1つの条件を満たす必要があります。 「または」と同じです。

条件は[フィルターを管理]ウィンドウで管理されます。このウィンドウを開くには、[フィルターを追加]を選択し、[保存済みのフィルター]に移動して[フィルターを管理]を選択します(すでにフィルターを適用している場合は、追加されたフィルターの左側にある[フィルターを管理]ボタンをクリックします)。 このウィンドウで以下の操作を実行できます。

  1. フィルターに名前をつける
  2. フィルターをコピーまたは、不要なフィルターの削除。
  3. 利用可能な複数のフィルター条件を使用した、新しい条件の挿入
  4. 演算子[すべて]と演算子[いずれか]を使用した、複数の条件の適用。
ヒント: 詳細については、「フィルターの管理(英語)」セクションを参照してください。

フィルターの追加を演習するには、以下の詳細手順3を選択してください。

ページの非表示

結果レポートで、非表示にしたいページがある場合は、ページ名の左側にあるページアイコンにカーソルを合わせ、チェックボックスのチェックを外してください。

再度表示させたい場合は、チェックボックスにチェックを入れてください。

非表示オプションは、[ページオプション]ドロップダウンにもあります。 すべてのページを手早く非表示にするには、次の手順を実行します。

  1. レポートオプション](歯車アイコン)をクリックします。
  2. すべてのページを非表示]をクリックします。
  3. チェックボックスを再選択して、目的のページを選択します。

結果レポートの共有

結果レポートを共有するには、多数の方法があります。

  • 公開レポートの公開(ウェブ): ウェブリンクを使用して結果レポートを共有します。 詳細については、以下のセクションをご覧ください。
  • プロジェクトの共有: 同僚のクアルトリクスアカウントとプロジェクト(アンケート)(英語)を共有し、結果レポートへのアクセス権を付与します。 詳細については、引き続き以下をご覧ください。
  • 結果レポートのエクスポート: PDF、Word、PowerPoint、またはCSV形式でレポートのデジタルコピーを生成して共有します。 詳細については、以下と「結果レポートのエクスポート(英語)」のサポートページを参照してください。
  • 公開結果レポートの管理: 詳細については、「公開結果レポートの管理(英語)」のサポートページを参照してください。
  • 結果レポートのメール送信スケジュールの設定: 詳細については、「結果レポートのメール送信スケジュールの設定(英語)」のサポートページを参照してください。

公開レポートの公開

公開レポートを使用すると、ウェブリンクでレポートを共有できます。 公開レポートはダイナミックかつインタラクティブで、リアルタイムに更新されます。 同僚がリンクにアクセスするのにクアルトリクスアカウントは必要ありません。

リンクを作成するには、[レポートを共有]をクリックして[公開レポートを管理]を選択します。

ウェブリンクを使用したレポートの公開方法とアクセスコードを使用してセキュリティを保護する方法については、以下の詳細手順を参照してください。

プロジェクトの共有

同僚がクアルトリクスアカウントを持っている場合、[プロジェクト]ページの[共有]機能を使用して同僚のアカウントとプロジェクトを共有し、結果レポートへのアクセス権を付与できます。 これにより、ユーザーとその同僚が同じデータを使用してレポートを表示、編集、作成できます。

ヒント: 詳細については、「プロジェクトの共有(英語)」のサポートページを参照してください。

レポートのエクスポート

レポートのデジタルコピーを共有するには、[レポートをエクスポート]オプションを使用して、PDF、Word、PowerPoint、またはCSVファイルを生成します。

ヒント: 詳細については、「結果レポートのエクスポート」のサポートページを参照してください。

詳細区分の作成

異なるサンプルのデータを並べて表示することができます。 たとえば、同じ質問に対して女性と男性がどのように回答したか、満足度を示す棒グラフで表示したり、 各店舗の位置データを横並びのグラフで表示したい場合もあるでしょう。

このような場合は、図表の詳細区分を使用できます。 詳細区分を作成するには、[詳細区分]ドロップダウンに移動して、[性別]などの変数を選択します。

詳細区分を削除するには、ドロップダウンをクリックして[なし]を選択します。

ヒント: 詳細については、「結果とレポートの詳細区分(英語)」のサポートページを参照してください。

レポート設定の編集

レポート設定]ドロップダウンをクリックすると、[レポート設定]ウィンドウが表示されます。

以下のように、[レポート設定]ウィンドウで、すべてのレポートに適用するオプションを変更できます。

ヒント: 詳細については、「結果とレポートのグローバル設定(英語)」のサポートページを参照してください。