ウィジェットの概要(EX)

このページの内容:

ヒント: このページでは、エンゲージメント、ライフサイクル、アドホック従業員調査、360度フィードバックの各プロジェクトで利用できる機能について説明します。 それぞれの詳細については、「Employee Experienceプロジェクトのタイプ(英語)」をご覧ください。

ウィジェットについて

ウィジェットは、ダッシュボードページの基本構成要素です。 クアルトリクスには、アンケートの回答、キードライバー、アクションプランなどによってデータを表示するのに役立つさまざまなウィジェットがあります。 特定のウィジェットの詳細については、「ウィジェットカテゴリ」セクションを参照してください。

ウィジェットを追加する方法

  1. ダッシュボードを開き、[ページを編集]を選択して編集を有効にします。
    ダッシュボードの右上にある[ページを編集]ボタン
  2. ページの下部にある[ウィジェットを追加]を選択します。
    ウィジェットの種類のメニューが開いた状態の[ウィジェットを追加]ボタン
  3. 使用するウィジェットの種類を選択します。

ウィジェットを編集する方法

  1. ダッシュボードを開き、[ページを編集]を選択して編集を有効にします。
    ダッシュボードの右上にある[ページを編集]ボタン
  2. 編集するウィジェットを特定。 ウィジェットをダブルクリックするか、ウィジェットにカーソルを合わせ、[編集]を選択します。
    ウィジェットの右上隅にある[編集]ボタン
  3. 右側のウィジェット編集ペインを使用して、ウィジェットが使用するデータとウィジェットの外観をカスタマイズできます。 各ウィジェットが提供する固有のオプションの詳細については、個々のウィジェットのサポートページをご覧ください。 「ウィジェットカテゴリ」セクションには、さまざまな種類のウィジェットが掲載されています。
    ウィジェットをクリックすると、編集ペインが画面の右側に開きます

ウィジェットを複製する方法

  1. ダッシュボードを開き、[ページを編集]を選択して編集を有効にします。
    ダッシュボードの右上にある[ページを編集]ボタン
  2. 複製するウィジェットを見つけます。 ウィジェットにカーソルを合わせ、追加オプションのアイコンをクリックし、[複製]を選択します。
    ウィジェットの右上隅にある3つの縦並びのドットは、ウィジェットを複製するオプションを示します
  3. 必要に応じて、複製を編集します。 それ以外の場合は、[閉じる]を選択します。
    編集ペインが開いたら、ウィジェットの右上にあるX[閉じる]ボタンを使用して編集ペインを終了できます

ウィジェットの再配置とサイズ変更

ページ上のウィジェットのサイズや位置が気に入らない場合は、再配置とサイズ変更の両方が可能です。

ウィジェットを再配置するには、ダッシュボードで[ページを編集]を選択して編集を有効にし、移動させるウィジェットにカーソルを合わせます。 ウィジェットの上部にあるグレーのバーをクリックしてドラッグし、任意の場所に移動します。
ウィジェットの上部の中央にある3本の平行線

ヒント: ウィジェットを別のページに移動させる場合は、移動するウィジェットの追加オプションのアイコンをクリックして[ページに移動]を選択し、ウィジェットの移動先のページを選択します。 ウィジェットを別のページに移動する前に、まず追加ページを作成(英語)する必要があります。
ウィジェットの右上隅にある3つの縦並びのドットは、ウィジェットを別のページに移動するオプションを示しており、拡張メニューから選択できます

ウィジェットをサイズ変更するには、ダッシュボードで[ページを編集]を選択して編集を有効にし、サイズ変更するウィジェットにカーソルを合わせます。 ウィジェットの右下隅に、グレーの三角形が表示されます。 この三角形をクリックしてドラッグし、ウィジェットのサイズを任意のサイズに調整します。
ウィジェットの右下隅

一般的なウィジェットのオプション

各ウィジェットにはさまざまなカスタマイズ機能がありますが、ウィジェット間で統一されている機能もあります。 ここでは、ゲージチャートウィジェット(英語)でウィジェット編集を説明します。これらの一般原則はほとんどのウィジェットに共通しています。 ウィジェットで[編集]を選択すると、ウィジェット編集ペインにアクセスし、これらの機能を利用できます。

編集ペイン内の、最初の4つのオプション

  1. タイトル: 各ウィジェットに一意の名前を付けることができます。 追加すると、ウィジェットの左上隅にタイトルが表示されます。
  2. 説明: 各ページに、各ウィジェットの意味を説明する説明文を追加できます。 追加すると、ウィジェットの左上隅に小さい「i」が表示されます。 この「i」にカーソルを合わせると、ウィジェットの説明が表示されます。
  3. 回答数を表示: ウィジェットで使用されている一意の回答の総数を表示できます。 追加すると、ウィジェットの左上隅に回答数が表示されます。
  4. ウィジェットレベルのフィルター: 個々のウィジェットにのみ適用されるフィルターを追加できます。 詳細については、以下の「ウィジェットレベルのフィルター(英語)」セクションを参照してください。

ウィジェットレベルのフィルターの追加

ウィジェットレベルのフィルターを適用できるのは、ワードクラウド(英語)回答をティッカー表示(英語)ゲージチャート(英語)数値グラフ標準グラフ円グラフ(英語)標準テーブル(英語)キードライバーの各ウィジェットのみです。  ウィジェットレベルのフィルターを追加するには、以下の手順に従ってください。

  1. ダッシュボードを開き、[ページを編集]を選択して編集を有効にします。
    ダッシュボードの右上にある[ページを編集]ボタン
  2. フィルターを追加するウィジェットを見つけます。 その上にカーソルを合わせ、[編集]を選択します。
    ウィジェットの右上にある[編集]ボタン
  3. 右側のウィジェット編集ペインで[フィルターを追加]オプションをクリックするか、ウィジェットの右上にあるフィルターアイコンをクリックして[フィルターを追加]をクリックします。
    ウィジェットの右上にある[編集]ボタン

    ヒント: 個々のウィジェットに設定されたフィルターは、ページ上の他のウィジェットには適用されません。
  4. ユーザーがフィルターを適用できるようにするフィールドを選択します。
  5. フィルター編集メニューでは、フィルターの名前、使用可能なフィルターフィールド、フィルターをロックするかどうか(つまり、ダッシュボードユーザー用の固定フィルターにするかどうか)を変更できます。
    ウィジェットの左上の[フィルター]ドロップダウン。クリックすると、下部にある[フィルターを削除]など、いくつかのオプションが表示されます

    ヒント: データの種類によって、異なる種類のフィルターオプションが表示されます。 たとえば、テキストセットでは、ドロップダウンリストのオプションが表示され、数値では、数値の範囲を選択するスライダースケールが表示されます(数値の範囲は回答の選択肢の、識別値の割り当てに対応します)。 質問やメタデータのデータの種類は、ダッシュボードデータ内で変更できます。
  6. フィルター編集メニューの[フィルターを削除]を選択すると、いつでもフィルターオプションを削除できます。
ヒント: この方法でウィジェットレベルのフィルターを追加すると、ダッシュボードユーザーが使うフィルターが加わるのみで、ウィジェットに表示されるデータは変更されません。 フィルターの追加後、ダッシュボードユーザーはこのフィルターを選択して調整できるようになり、その時点でウィジェットに表示されるデータが変更されます。

フィルターの相互作用

一般的に、ページフィルターは、ウィジェットレベルのフィルターが適用されているウィジェットにも適用されます。 ただし、ウィジェットレベルのフィルターとページフィルターが競合する場合は、ウィジェットレベルのフィルターがページフィルターを上書きします。

たとえば、男性回答者からの回答のみを表示するようにページフィルターが設定されていて、特定のウィジェットに女性回答者からの回答のみを表示するフィルターがある場合、ページフィルターは無視され、ウィジェットには女性の回答のみが表示されます。

ただし、ページフィルターがウィジェットレベルのフィルターと完全に矛盾しない場合は、両方のフィルターが適用されます。 たとえば、男性回答者からの回答のみを表示するようにページフィルターが設定されていて、ウィジェットレベルのフィルターが18~24歳の参加者からの回答のみを表示するように設定されている場合、ウィジェットには18~24歳の男性の回答が表示されます。

ウィジェットを削除する方法

  1. ダッシュボードを開き、[ページを編集]を選択して編集を有効にします。
    ダッシュボードの右上にある[ページを編集]ボタン
  2. 削除するウィジェットを見つけます。 その上にカーソルを合わせ、[編集]を選択します。
    ウィジェットの右上隅にある[編集]ボタン
  3. 画面右側のウィジェット編集ペインの下部にある[ウィジェットを削除]をクリックします。
    ウィジェット編集ペインの下部にある[ウィジェットを削除]ボタン
  4. はい、このウィジェットを削除します]を選択して、ウィジェットの削除を確定します。
  5. ウィジェットを削除する別の方法として、ウィジェットにカーソルを合わせ、削除するウィジェットの追加オプションのアイコンをクリックし、[削除]を選択します。
    ウィジェットの右上隅にある3つの縦並びのドットは、ウィジェットを削除するオプションを示しています

ウィジェットカテゴリ

ウィジェットのエクスポート

管理者とユーザーは、ダウンロードアイコンをクリックしてウィジェットのデータをエクスポートすることもできます。 データはCSV、TSV、PDF、またはJPGで利用できます。 CSVとTSVのエクスポートでは、ウィジェットのままではなく、表に整理されたウィジェットのデータがエクスポートされます。

エクスポートメニューが展開された標準グラフ

ヒント:これらのエクスポートオプションを表示するには、[ ウィジェットのエクスポートを許可]を有効にする必要があります。

ウィジェットレベルのフィルターが適用されていて、そのウィジェットをCSVまたはTSVとしてエクスポートしようとする場合、エクスポートされたデータにこのフィルターを適用するかどうかを決定できます。

ウィジェットのダウンロードボタンを選択すると、新しいウィンドウが開きます。このウィンドウでフォーマットを選択します。この例では、[CSV]を選択しており、すぐ下に[ウィジェットフィルターを含める]というチェックボックスが表示されます

ヒント: バブルチャート、参加ウィジェット、ゲージチャート、エンゲージメントの概要のみをCSVまたはTSVにエクスポートすることはできません。 また、ゲージチャートをPNGまたはJPGとしてエクスポートすることもできません。