表示ロジック

このページの内容:

表示ロジックについて

表示ロジックを使用すると、回答者ごとにカスタマイズされたアンケートを作成できます。 特定の質問または回答の選択肢が特定の回答者にのみ表示させたい場合は、表示ロジックを設定し、それらの質問または選択肢を条件に基づいて表示させたり非表示にしたりできます。 表示ロジックを使用すると、回答者の回答内容に応じて動的に変化するアンケートを作成できます。

ヒント: 表示ロジックは、回答の選択肢または単一の質問を条件に応じて表示するのに最適です。 複数の質問で同じようなロジックを使用する必要がある場合は、代わりに分岐ロジック(英語)を使用することを検討してください。

質問の表示ロジックを設定する

  1. 条件に応じて表示する質問を選択します。
  2. 左側にあるグレーの歯車をクリックします。
  3. [表示ロジックを追加…]を選択します。
  4. 手順1~3の代わりに、編集ペインの[アクション]にある[表示ロジックを追加]をクリックすることもできます。
  5. 質問が表示されるために満たす必要がある条件を設定します。 条件は、次のいずれかに基づいて設定できます。

    • 前の質問: 回答者が前の質問で特定の回答を選択した場合にのみ、この質問を表示します。 これは、ページ内表示ロジックで使用できる唯一のオプションです(以下を参照してください)。 「質問ロジックに使用できるフィールド」のリストを参照してください。
    • 埋め込みデータ(英語) 回答者に関する保存済みの情報を使用して表示条件を設定します。 たとえば、年齢データを格納する埋め込みデータフィールドの値が「25」の回答者にのみ質問を表示します。
    • 割り当て(英語) アンケートの回答数を制限するための割り当てが定義されているときに、割り当て上限に達しているかに基づいて条件を設定します。 「割り当てロジックに使用できるフィールド」のリストを参照してください。
    • 連絡先リスト 名、姓、メールアドレスなど、連絡先リストフィールドにすでに保存されている情報に基づいて条件を設定します。 「連絡先リストロジックに使用できるフィールド」のリストを参照してください。
    • GeoIP位置情報: アンケート参加者のIPアドレスを自動的に使用して位置を推定し、国、都市、郵便番号などに基づいて条件を設定します。「GeoIP位置情報ロジックに使用できるフィールド」のリストを参照してください。
    • ループと結合(英語) ループと結合ブロックを作成した後、現在のループに基づいてループと結合内に条件を設定します。 「ループと結合ロジックに使用できるフィールド」のリストを参照してください。
    • デバイスタイプ: 使用されているモバイルデバイスのタイプに基づいて条件を決定します。これには、[モバイル](任意のモバイルデバイス)、[Blackberry]、[Android]、[iPad]、[iPhone]、[iPod]、[Opera Mobile]、[Palm]、[Windows Mobile]、[その他のモバイル端末](ここに含まれていないモバイルデバイス)が含まれます。
  6. 質問をアンケートの次のページに表示するのではなく、条件が満たされたらリアルタイムにすぐ表示する場合は、必要に応じて[ページ内]チェックボックスをオンにします。

    ヒント: 質問の構成によりページ内表示ロジックが使用できない場合は、アラートが表示されます。 このような互換性のないものには、ループと結合、スキップロジック、ヒートマップ、ホットスポットなどがあります。
  7. [保存]をクリックして、ロジックを適用します。
ヒント: より複雑な表示ロジックをトラブルシューティングまたは作成する場合は、「ロジックを使用する」サポートページを参照してください。

回答選択肢の表示ロジックを設定する

ヒント: 回答者に、回答者が知っている会社をリストから選択してもらうとします。 次の質問では、回答者が答えた知っている会社からから好きな会社だけを選択するようにお願いするとします。 この場合おそらく、回答者が知っていると回答した会社のリストのみ提示して、そこから好きな会社を選んでほしいと思うでしょう。 このようなケースでは、1つ1つの回答の選択肢に表示ロジックを使用する代わりに、繰り越し(英語)を使用してみてください。
  1. 条件に応じて表示する回答の選択肢をクリックします。
  2. 青いドロップダウンメニューをクリックして、[表示ロジックを追加]を選択します。
  3. 回答の選択肢を表示するための条件を設定し、[保存]をクリックします。
ヒント: より複雑な表示ロジックをトラブルシューティングまたは作成する場合は、「ロジックを使用する」サポートページを参照してください。

表示ロジックを編集する

表示ロジックを質問に適用すると、青いバーが表示されます。 青いバーの右側にあるドロップダウン矢印をクリックし、[編集]選択することで、表示ロジックを編集できます。 表示ロジックを削除するには、[削除]を選択します。

回答の選択肢に表示ロジックを適用すると、回答の選択肢の左側に青い矢印が表示されます。 表示ロジックを編集するには、青いドロップダウンメニューをクリックして選択肢オプションのリストにアクセスし、[表示ロジックを編集]を選択します。

ヒント: より複雑な表示ロジックをトラブルシューティングまたは作成する場合は、「ロジックを使用する」サポートページを参照してください。

表示ロジックを使用して質問を非表示にする

アンケートの途中で質問を削除したいと思ったことはありますか? 過去に取得したデータは分析できるようにしたい一方、回答者に質問を表示したくない場合、 表示ロジックで実現できます。

  1. 非表示にする質問を選択します。
  2. 歯車をクリックして[表示ロジックを追加…]を選択します。
  3. 実現不可能な条件を設定します。 つまり、この質問に設定した表示ロジックがアンケート参加者の誰にも当てはまらないようにすることで、質問は常に非表示になります。

例1: この条件では、CSat_1はアンケートの最初の質問が表示されていない場合にのみ表示されます。 誰もが最初の質問を見るので、Q1を見ない人はいません。そのため、CSat_1は決して表示されません。

例2: この条件では、CSat_1は「1」という名前の埋め込みデータが「2」に等しい場合にのみ表示されます。 ただし、これを個別に設定しない限り、値が「2」の「1」という埋め込みデータはアンケートに存在しません。 埋め込みデータ「1」が「2」に等しくなることはないため、CSat_1は決して表示されません。

ヒント: [ブロックのオプション]にある[質問の高度なランダム化(英語)]を使用すると、質問を非表示にしながら質問のデータを保持できます。

ページ内表示ロジックを使用する

質問をアンケートの次のページに表示するのではなく、条件が満たされたらすぐに表示する場合は、必要に応じて[ページ内]チェックボックスをオンにします。

ヒント: 質問の構成によりページ内表示ロジックが使用できない場合は、アラートが表示されます。 このような互換性のないものには、ループと結合、スキップロジック、ヒートマップ、ホットスポットなどがあります。