ステップ1: ターゲットとなるアンケートの準備

このページの内容:

注意: このページでは、クアルトリクスのアンケートプロジェクトについて説明します。ターゲットとなるアンケートとは、ウェブサイトフィードバックプロジェクトで利用するアンケートプロジェクトのことを言います。そのため、このページの説明では、アンケートプラットフォームのサポートページへのリンクが含まれています。 ウェブサイトフィードバックとアンケートプラットフォームの違いに注意してください。

ターゲットとなるアンケート

インターセプトを実装する際の最初のステップは、ターゲット(英語)の決定です。 インターセプトにターゲットとなるアンケートプロジェクトを追加する場合は、アンケートの内容が利用するインターセプトの内容とあっていあるか確認してください。

ヒント: このページでは、クアルトリクスでターゲットとなるアンケートを準備する方法について説明します。 インターセプトに必ずターゲットのアンケートを設定してアンケート画面を出す必要はありません。 インターセプト画面からアンケートを取得せずに、自社のウェブページに移動させたり、何も指定せずにインターセプトの画面の表示するだけの利用も可能です。

アンケートコンテンツの作成

アンケートコンテンツを作成する際は、できる限り簡潔でシンプルなアンケートにするよう心がけてください。 たいていの場合クリエイティブはサイズが小さいため、作成する質問の数は少なく、短く、要点を外さないようにしてください。

ターゲットとなるアンケートで使用される最も一般的で推奨される質問は、次のとおりです。

  • 多肢選択式の質問(英語): ターゲットとなるアンケートで見られる最も一般的なタイプの質問です。 「はい」または「いいえ」ですぐに回答できる質問に絞ることで、全体的な回答率が上昇し、回答しやすくなります。
  • Net Promoter Scoreの質問(英語): 一般的にNPS®と呼ばれるこの質問タイプは、顧客が製品またはサービスを推奨しようとする意欲を測るカスタマーロイヤルティ指標を取り入れています。
  • 自由回答の質問(英語): 自由回答の質問では、サイト訪問者から自由記述のコメントを収集できます。 この質問タイプを使用すると、サイトや製品などを改善するために必要な特別なフィードバックを追加できます。

アンケートオプション

アンケートオプションには、編集が必要な2つの設定があります。 これらのオプションによってアンケートが最適化されるため、ユーザーがサイトにアクセスするたびに、アンケートではウェブサイトアセスメントを全く新しい体験として扱うことができます。 たとえば、ユーザーがある日ウェブサイトにネガティブなフィードバックをしたとしても、その意見が好転した場合にはそれを伝えられるようにする必要があります。

  • 部分回答(英語): この設定はアンケートの設定に必要不可欠です。 この設定では、ユーザーがアンケートを開始してからアンケートを完了しなければならない時間を設定します。 最短オプションの4時間を選択してください。
  • 保存と続行(英語): 保存と続行を無効にします。 ユーザーが再度ウェブサイトを訪れた場合、全く新しい回答をしようとしていると扱われ、前回の途中までの回答は表示されません。 そのため、訪問するたびに訪問者は新たにアンケートを開始することになります。
  • 不正投票を防止(英語): インターセプトが表示されるたびに回答者がフィードバックアンケートに入力できるようにするには、このオプションの選択を解除しておきます。

機能の確認

アンケートは、インターセプトにリンクされたときにも通常どおり機能する必要があります。 ウェブサイトフィードバックの最終ステップを実行する前に、必ずアンケートをテストしてください。

  • アンケートをプレビュー(英語): この機能は、アンケートの体裁と機能をテストするのに役立ちます。
  • 匿名リンク(英語): ターゲットとなるアンケートをインターセプトから呼び出すには、匿名リンクを使用します。 データを収集する際、この機能によって、アンケートで質問した内容を除くすべての個人情報が排除されます。 使用しない場合、IPアドレスと関連する地理データのみが記録されます。
  • 外観とデザイン(英語): クリエイティブのサイズに応じて、アンケートはモバイルビューと同じように表示されます。 フォントサイズとアンケートテーマの選択に注意してください。クリエイティブでアンケートが占めるスペースが拡大することがあります。
ヒント: クリエイティブ内に企業ロゴを表示するには、[外観とデザイン]メニューの[上級]タブのヘッダー(英語)に画像を追加します。
  • スクロールバーの消去(英語): アンケートを直接インターセプトに表示するには、訪問者がスクロールせずにすべてのオプションを表示できるようにアンケートの書式設定を行います。 アンケートをカスタマイズしてスクロールを消去する詳細なアドバイスについては、リンク先のページを参照してください。
  • 埋め込みデータ(英語): インターセプトから情報を取得してアンケートに渡すには、埋め込みデータフィールドをアンケートフローに追加します。 フィールド名は自由に設定できますが、インターセプトの埋め込みデータ内で設定した名前と一致させる必要があります。
ヒント: リンク先のページで、アンケートに埋め込みデータを設定する方法について説明します。 さらに、インターセプトに埋め込みデータを設定するには、「ウェブサイトフィードバックの埋め込みデータ(英語)」ページを参照してください。