検証

このページの内容:

検証について

検証を使用して、回答者に質問への回答を強制したり、ページを離れる前に質問への回答を検討するようリクエストすることができます。 これらのオプションを使用して、特定のタイプの回答(有効な電話番号のみなど)を強制することもできます。

ほぼすべての質問タイプで使用できる主要な検証機能が4つあります。 [回答を強制]、[回答をリクエスト]、[カスタム検証]、および[カスタム検証メッセージ]の4つです。 検証オプションのいずれかを有効にすると、質問の左側にアスタリスクアイコンが表示され、質問に対していずれかの検証が有効であることが示されます。

回答を強制

アンケートに特に重要な質問やアンケートのロジックが依存する質問がある場合は、[回答を強制]を有効にできます。 このオプションが指定されている場合、回答者はアンケートの次のページに進む前に必ず質問に回答する必要があります。 質問に回答せずに先に進もうとすると、続行するには質問に答える必要があることを知らせるメッセージが表示されます。

質問に対して[回答を強制]を設定するには

  1. 質問を選択します。
  2. 質問の右側の編集ペインで、[回答を強制]を選択します。
ヒント: [回答を強制]を複数の質問に設定するには、該当する質問をすべて選択してから[回答を強制]を選択します。 複数の質問を選択する方法の詳細については、「複数の質問を編集する」を参照してください。

回答をリクエスト

[回答をリクエスト]を使用して、回答者に未回答の質問があることを知らせることができ、回答者が後から前のページに戻って回答する必要がなくなります。 これにより、調査に適用されることの多いプライバシーガイドラインに違反することなく、適切な方法で質問への回答率を高めることができます。

[回答をリクエスト]が選択されている場合、回答者が質問をスキップすると、新しいページに移動する前にスキップした質問まで戻って回答するかどうかを確認されます。

質問に対して[回答をリクエスト]を設定するには

  1. 編集ペインで[検証オプション]ドロップダウンをクリックします。
  2. 回答をリクエスト]を選択します。
ヒント: 現時点では、[回答をリクエスト]は複数の質問に同時に適用できません。 個別に適用する必要があります。

カスタム検証

回答者に質問への回答を強制するだけでなく、特定の形式での回答を要求することもできます。 [カスタム検証]を使用して、独自の検証基準を作成できます。

ヒント: 各質問タイプ固有の検証オプションの詳細については、質問タイプページを確認し、詳細を確認する質問タイプを選択してください。

質問に対して[カスタム検証]を設定するには

  1. [検証タイプ]で[カスタム検証]をクリックします。
  2. 回答が満たす必要がある条件を設定します。 ロジックの使用に関するページで、これらの条件の設定方法についてより詳しく説明されています。
    ヒント: すべてのカスタム検証に、選択した質問への回答に基づく条件があることに注意してください。 埋め込みデータ、GeoIP、またはその他のフィールドに基づくカスタム検証は設定できません。
  3. 保存されたメッセージを読み込み]を選択し、条件が満たされていない場合に表示されるエラーメッセージを選択します。 事前に作成されたメッセージをライブラリ(マイライブラリ)の[システムのデフォルト]から選択するか、新しいエラーメッセージを作成します。
  4. 保存]をクリックします。

カスタム検証メッセージ

質問に[カスタム検証]を追加する場合、検証条件が満たされなかった際に参加者に表示するメッセージを入力する必要があります。 通常、このメッセージを使用して、検証条件が満たされなかった理由や、アンケートを続行するために入力する必要がある項目を参加者に知らせます。

作成できるカスタム検証メッセージには、2つのタイプがあります。 1つ目は、クアルトリクスエラーメッセージを変更したメッセージです。システムのデフォルトメッセージを使用し、テキストを変更します。もう1つは、完全に新規のエラーメッセージです。独自のメッセージを最初から作成します。

新しいカスタム検証エラーメッセージを作成するには

  1. 保存したメッセージを読み込み]をクリックした後、メッセージが保存されるライブラリを選択し、[新しいメッセージ]をクリックします。
  2. カスタマイズしたメッセージのセットに対する[説明]を挿入し、[新しい検証を作成]をクリックします。

    ヒント: 検証を追加]ボタンをクリックして、既存のクアルトリクスエラーメッセージを変更できます。
  3. 新しいメッセージの名前を入力します。

    ヒント:検証を追加]を選択した場合、編集する既存のメッセージを代わりに選択します。
  4. 回答者に表示されるテキストを[メッセージ]列に入力します。

    ヒント: 一部のデフォルトメッセージテキストには、「%1」というテキストが含まれます。 ここにはアンケートで設定した検証オプションに応じて異なる数字が挿入されるため、このコードは削除しないでください。 これにより、入力する必要がある文字数や、回答する必要がある選択肢の数などが回答者に伝えられます。
  5. 作成または追加する各メッセージに対し、手順3~5を繰り返します。
    ヒント: 複数の検証メッセージを一括で新規作成できますが、表示されるメッセージは1つずつしか選択できません。
  6. メッセージを作成]をクリックします。

アンケートを配信する前に、必ず検証ロジックをテストしてください。 アンケートロジックが正しくないと回答者の不満を招き、正しく使用されなかった場合、アンケートに最後まで回答してもらえなくなる可能性があります。

ヒント:メッセージライブラリ(英語)]でカスタム検証メッセージを編集できます。

カスタム検証の例: メールアドレスを確認する

検証を使用して、テキストの2つのフィールドが同じであることを確認できます。 次の手順に従って、メール確認の質問を設定します。

  1. 最初のメールテキストボックスに対し、[メールアドレス]検証を選択します。 この設定には、[コンテンツの検証]からアクセスします。
  2. 2つ目の質問([メールを確認してください])で、[検証タイプ]オプションから[カスタム検証]をクリックします。
  3. 2つ目のメールフィールドが1つ目のメールフィールドと同じであることを要求するロジック条件を設定します。 [テキストの差し込み]を使用して前のテキストフィールドからメールを取り込み、[保存]をクリックします。
ヒント: [テキストの差し込み]コードは、[リッチコンテンツエディター]にアクセスできるエリアでのみ生成できます。 ただし、それ以外の場所で使用できないわけではありません。 上の画像では、[テキストの差し込み]コードが別の場所(質問編集ボックスなど)で生成され、コピーされて、[カスタム検証]オプションに貼り付けられました。

コンテンツの検証の例: 郵便番号を使用して市町村と州を検索する

自由回答欄]の[検証タイプ]を[コンテンツの検証]に設定し、[コンテンツタイプ]を[米国の郵便番号]または[カナダの郵便番号]に設定した場合、回答者が指定した郵便番号を使用して市町村と州も記録できます。

アンケートフローに埋め込みデータ要素を追加します。 郵便番号から取得する州にはQState_ExportTag_suffix、市町村にはQCity_ExportTag_suffixというフィールド名を追加します。 (エクスポートタグは質問番号と同じです(Q32など)) Eg., Q32.)

たとえば、質問7の市町村を確認するには、埋め込みデータQCity_Q7を呼び出します。 質問7にはテキストボックスが1つしかないため、接尾辞はありません。

質問8の州を確認するには、埋め込みデータQState_Q8_4を呼び出します。 郵便番号は質問8の4つ目のテキストフィールドであるため、接尾辞は4です。

以下は、アンケートフローにおけるこれら2つの埋め込みデータを示しています。

この埋め込みデータは、アンケートフローのどこにでも追加できます。 コンテンツ検証済みの回答を収集する前にこのデータを追加し忘れても、問題はありません。この要素を追加すると、このデータが遡及的に回答に追加されます。

ヒント: このコンテンツの検証は、マトリックス表並列マトリックスなど、自由回答欄を含めることができるすべての質問に使用できます。