回答のインポート

このページの内容:

ヒント: ライセンスの更新が必要になる場合があるため、過去の回答をインポートする前に、カスタマーサクセス担当者または営業担当に連絡してください。 インポートされた回答は、アカウントの回答制限とは別のものとみなされ、影響はありません。

回答のインポートについて

[データと分析]タブでデータをインポートすると、2つの同一アンケートの回答を統合したり、編集したデータを再アップロードしたり、自分のデータをアンケートに取り込んだりすることができます。

アンケートの準備

インポートする前に、まずデータのインポート先となるアンケートが必要になります。 アンケートの形式とデータファイルの形式は完全に一致させる必要があります。 これは、以下の3つのオプションを使用して実行できます。

  • データのダウンロード元となるアンケート
  • データのダウンロード元となるアンケートのコピー
  • インポートするデータを収集したものと同一のアンケート

ファイルの準備

インポーターを使用すると不完全なデータファイルの回答をアップロードでき、列の並べ替え、タイムゾーンの調整、値の指定などもできるようになります。 ただし、ファイルに修正可能なエラーがいくつか含まれている場合でも、クアルトリクスで読める形式でデータが表示されていることを確認しなければなりません。

最も簡単にファイルを準備する方法は、CSVまたはTSV形式のデータテーブルファイル(英語)をエクスポートすることです。 ただし、各列のヘッダーに同じ形式を使用している場合、TXTファイルを使用することも可能です。

ヒント: 回答の言語に特殊文字が含まれている場合は、TSVをお勧めします。

回答のインポート

  1. [データと分析]タブの[データ]セクションに移動します。
    [データと分析]タブ内の[エクスポートとインポート]ドロップダウンにある[データをインポート]オプション
  2. エクスポートとインポート]をクリックします。
  3. データをインポート]を選択します。
  4. 参照]をクリックし、アップロードするファイルを選択します。 これは、CSV、TSV、またはTXT形式のいずれかである必要があります。
    [回答データをアップロード]メニューに表示されている[参照]ボタン、[区切り文字]ドロップダウン、[アップロード]ボタン
  5. 必要に応じて、区切り文字を調整してください。 通常、CSVでは[コンマ]、TSVでは[タブ]に設定されています。
    ヒント: このオプションは、TXTファイルをアップロードする場合に特に役立ちます。 ここで、区切り文字を指定できます。
  6. アップロード]をクリックします。
  7. このウィンドウでは、フィールドに正しく取り込まれているかどうかを確認し、異なる値を割り当てることができます。 このプロセスの詳細については、下部の「インポートの構成 」セクションを参照してください。
    [インポートを構成]メニューに表示されている[回答をインポート]ボタン
  8. 回答をインポート]をクリックします。
ヒント: インポートされた回答はそれぞれ、アンケートの新しい回答となります。 この方法でデータをインポートしても、既存の回答は置き換えられません。 たとえば、エクスポートした同じデータを再びアンケートにアップロードすると、回答が重複してしまいます。
ヒント: データ編集後に、再インポートのためにデータをエクスポート(英語)すると、[記録日]が上書きされてしまう点に留意してください。 回答をインポートすると、新しい[記録日]は回答をインポートした時点の時間になります。 [終了日]フィールドには、回答者が回答を提出した時点の時間が保持されます。 これらのフィールドの詳細については、「データセットを理解する」ページをご覧ください。
ヒント: 機密データポリシー(英語)を導入している場合、インポートされた回答削除(英語)の対象外となります。

インポートの構成

アップロードするファイルを選択した後、クアルトリクス内でファイルの内容を確認したり書式設定を変更したりできます。 ファイルをExcelで開いて編集する必要がなくなるため、時間の節約になります。

列の修正

列の順番が乱れてしまった場合、 不要な変数をインポートした可能性があります。 列ヘッダーをクリックして、変数を変更するか、コンテンツの[無視]を選択します。

[インポートを構成]メニューにある質問と埋め込みフィールドのリスト

列を無視しても、クアルトリクスから変数が削除されることはありませんが、その列のデータはアップロードされません。

ヒント: デフォルトで無視される列もあります。 たとえば、式(英語)バケット(英語)のフィールドをインポートすることはできません。 ルールが設定され、このルールに基づいた質問のデータがアップロードされると、クアルトリクスは式やバケットのフィールドを計算します。

値をマッピングする

データの修正を行っても、少々エラーが見つかることがあります。 Excelシートに回答が入力されるときに、スペルミスが繰り返されている可能性があります。 もしくは大文字と小文字が違っていたり、間違った識別値の割り当てが使用されていたりするのかもしれません。 値をマッピングすることで、ファイルを再度開いて編集することなく、インポートを調整できます。

まず、[値をマッピングする]の横にあるドロップダウン矢印をクリックして、使用可能な値のリストを展開します。

[インポートを構成]メニュー内に選択肢が表示されている[値のマッピング]オプション

右側には、使用可能な質問の選択肢があります。 今回の例では、「当社の製品にどのくらい満足していますか」という質問であるため、5段階評価で「非常に満足」から「非常に不満」までの回答が可能です。

左側には、データファイルに入力されたそのままの値があります。 これらは全く同じであることが理想ですが、入力を打ち間違えてしまったり、選択肢テキストと数値データが混在してしまったりした場合には、ここに追加の値を加えることができます。

別の値を追加するには、プラス記号(+)をクリックし、新しい値に対応する回答の選択肢を選択します。

別の選択肢を追加するための、選択肢の下にあるプラスボタン

値の上にカーソルを置き、マイナス(-)の記号をクリックすると、選択肢が消去されます。

新しい値がリストの下に表示されます。 左側のラベルと右側の値を変更できます。 値の追加は何度でも可能です。

例: チームがデータの一部を手動でファイルに入力したとします。 あるアシスタントは誤って回答の選択肢をすべて小文字で書いてしまい、別のアシスタントはテキストラベルではなく、数値の識別値の選択肢を書いてしまいました。 以下のスクリーンショットでは、小文字のものと識別値のものがいずれも「Extremely Satisfied(非常に満足)」に追加されています。
マッピングの値を追加するための自由回答欄ボックス
ヒント: 値をマッピングしても、新しい回答の選択肢は作成されません。 これは、ファイルの値をプロジェクトの既存の値にマッピングする方法です。

設定のダウンロード/読み込み

設定のダウンロード]をクリックすると、インポートに使用された設定のJSONファイルを受け取ることができます。

[インポートを構成]メニューの左下にある[設定のダウンロード]オプション

次回以降のインポート時にこれらの設定を再利用するには、[その他のオプション]をクリックし、次に[設定を読み込む]をクリックして設定ファイルを選択します。

右下の[設定を読み込む]オプションと[回答を構成]の左下にある[オプションを非表示]

このオプションは、JSONに精通している場合に役立ちます。 JSONをご存じない方は、このファイルを編集しないことをお勧めします。

その他のオプション

[設定を読み込む]タブの左下にある[その他のオプション]をクリックすると、インポーターの追加設定が表示されます。

右下の[設定を読み込む]オプションと[回答を構成]の左下にある[オプションを非表示]

  • タイムゾーン: データファイルのタイムゾーンを決定します。 この設定は、ファイル内のすべての日付フィールドに適用されます。
  • 日時の形式: データファイル全体の日時の形式を決定します。 クアルトリクスからファイルをエクスポートした場合、インポーターは、ファイルがエクスポートされた時点でアカウントに設定されたタイムゾーンを検出しようとします。
  • 回答が始まる行番号: 通常、インポーターはこれを自動的に検出します。 この設定により、ヘッダーが終わり、データが始まる行が決定されます。 たとえば、「4」と表示されていれば、3行のヘッダーがあることを意味します。

テーブルインポートのトラブルシューティング

テーブルインポーターは、回答をインポートする際のデフォルトのインポーターです。

  • テーブルインポーターで使用できるのは、コンマ区切りおよびタブ区切りのファイルのみです。
    テーブルインポーターで使用できる区切り文字の画像
  • フィールドの一部がスキップされるか、インポートした値がアンケートの質問と一致しない場合は、インポートウィンドウ内で質問のマッピングを確認してください。 データインポーター内でファイルを確認するためのヒントは、「インポートの構成」セクションを参照してください。
    インポーターで列と回答の選択肢をマッピングする方法の画像
  • データが認識できない文字と一緒にインポートされる場合は、ファイルが互換性のない形式で保存されています。 ファイルはUTF-8エンコーディングのTSVまたはCSVとして保存する必要があります。 CSV形式のトラブルシューティングのヒントに関する詳細は、「CSV/TSVのアップロードの問題」ページをご覧ください。
    間違って設定されたファイルのインポータープレビューの画像