アンケートのやり直しリンク

このページの内容:

アンケートのやり直しリンクについて

アンケートのやり直しリンクを使用すると、ユーザーまたは回答者は、送信後にアンケートの回答に戻って編集できます。 これは、回答者が質問への回答を変更する場合や、一定時間操作しなかったため回答者の不完全なアンケート回答が終了したものの、アンケートを完了させたい場合に便利です。

ヒント: やり直しリンクはどの記録された回答に対しても発行できますが、進行中の回答(英語)は先に閉じて、記録された回答に移動させる必要があります。 回答を閉じる方法については、リンクされている「進行中の回答」ページを参照してください。
警告: やり直しリンクを発行して回答者がそれを完了すると、再回答は新しいアンケートセッションとしてカウントされ、ライセンスで購入された回答を消費します。

やり直しリンクのタイプ

アンケートのやり直しリンクには2種類あります。
データと分析の回答の[アクション]ドロップダウンにある[回答をやり直す]および[新しい回答としてやり直す]オプション

  • 回答をやり直す: 編集された回答は、元の回答に置き換わります。
  • 新しい回答としてやり直す: 編集された回答は、元の回答とは別の回答として保存されます。

どちらの場合も、リンクはアンケートを最初から開始しますが、回答者の元の回答はあらかじめ入力されています(回答しなかった質問は空白になります)。 これらの回答は、そのままにしておくことも、アンケートを進めながら変更することもできます。 いずれの場合も、やり直しはライセンスに対する回答数を消費する回答としてカウントされます。

ヒント: やり直しリンクを一括して発行することはできません。 各回答には、手動で発行される独自のやり直しリンクが必要です。
注意: やり直しを発行する前に回答を編集(英語)したりカスタムフィールドを作成したりした場合、回答の編集やカスタムフィールドは、やり直しには引き継がれません
  1. データと分析]タブの[データ]セクションに移動します。
    右側の[アクション]列のドロップダウンにある[回答をやり直す]オプション
  2. やり直しが必要な回答の[アクション]列を選択します。
    ヒント: 回答を見つけやすくするために、アンケートの中に、名前や何らかの識別情報を求める質問を用意することをお勧めします。 そうすることで、回答フィルタリング (英語)を使って回答を素早く見つけることができます。
  3. やり直しリンクのタイプを選択します。
  4. ポップアップされたリンクをコピーします。 このリンクは、その特定の回答をやり直すために誰でも使用できます。記録された回答の新しいやり直しリンクの画像
ヒント: 2回目のアンケートへの回答者が大人数で、以前の回答に加えて新しい回答も収集する場合は、アンケートのやり直しリンクは使用しません。 代わりに、メール個人リンク(英語)、または匿名リンクを通じてアンケートを再配布します。
ヒント: 多くの異なる回答に大規模な編集をする場合は、代わりに回答の編集(英語)機能を使用することをお勧めします。

最初のアンケートが提出されたあと、すぐに回答者または別の人にやり直しリンクを送信する必要がある場合があります。 たとえば、求職者が記入するアンケートがあり、それをトリガーに人事部にやり直しリンクを記載したメールが送られるとします。 その後、人事部は応募者に関する追加の情報を記入し、情報を再提出します。

やり直しリンクは、[データと分析]タブ外で構築することができ、アンケートの終了メッセージメールタスクで使用できます。

ヒント: 以下の概要は、メールタスクでやり直しリンクを送信する場合の方法ですが、これはアンケートの終了要素アンケートのオプションメニューのメッセージにも適用できます。
  1. アンケートの[アクション]タブに移動します。
    新しいイベントベースのアクションの作成

    ヒント: 右上の[アクション]ページからアクションを作成することもできます。
    グローバルメニューのアクションページ
  2. 新しいアクションを作成します。
  3. イベントベース]を選択します。
  4. アンケートの回答]イベント(英語)を選択します。
    イベント選択画面のアンケート回答イベント
  5. アクションのトリガーとなる回答の種類を選択します。 これらのオプションの詳細については、「アンケートの回答イベントの種類(英語)」を参照してください。 ほとんどの場合、[新しく作成された回答]を選択します。
    アンケートの回答イベントでアクションをトリガーする回答を選択する
  6. 終了]をクリックします。
  7. アンケートの[配信]タブに移動します。
    [配信]タブで、[匿名リンク]が選択されている
  8. [匿名リンク]を選択します。
  9. アンケート用の匿名リンクをコピーします。
  10. アクション]タブに戻り、先ほどのアクションを選択します。
    アクションにタスクを追加する
  11. 先ほどのアクションで、プラス記号(+)をクリックします。
  12. タスク]を選択します。
  13. メールタスクを選択します。
    タスク選択ウィンドウのメールタスク
  14. 匿名リンクをメールの本文に貼り付けます。
    匿名リンクがメールエディターに貼り付けられている

    ヒント: ここにハイパーリンクを貼り付けないように注意してください。 貼り付けると、リンクを適切に編集できなくなります。 匿名リンクが青色でクリックできる状態の場合は、テキストを選択してハイパーリンク解除のアイコンをクリックします。
    リンクを選択してリンク解除アイコンをクリックする
  15. URLの最後に「?Q_R=」を付けます。
    メッセージエディターのやり直しリンクURLの最後に「?Q_R=」という文字列が追加されている

    例: URLがbrandid.qualtrics.com/jfe/form/SV_1234567890だった場合、リンク先は以下のようになります:brandid.qualtrics.com/jfe/form/SV_1234567890?Q_R=
  16. URLの等号の後にカーソルを置き、差し込みテクストアイコン{a}をクリックします。
    メッセージエディターの差し込みテクストメニューが開き、[回答ID]オプションが選択されている
  17. 回答にカーソルを合わせ、[回答ID]を選択します。
    例: [回答ID]を選択すると、リンクは次のようになります。 brandid.qualtrics.com/jfe/form/SV_1234567890?Q_R=${e://Field/ResponseID}
  18. やり直しリンクの回答を元の回答に置き換える場合は、リンクの最後(回答IDの差し込みテキストの後)に「&Q_R_DEL=1」を追加します。 オリジナルの回答を維持する場合は、このステップをスキップします。
    メールエディターにやり直しリンクURLの最後に

    例: やり直したものを元の回答に置き換える場合、リンクは次のようになります。 brandid.qualtrics.com/jfe/form/SV_1234567890?Q_R=${e://Field/ResponseID}&Q_R_DEL=1
    ヒント: この新しいリンクが長すぎて見栄えが悪いと思われる場合は、ハイパーリンクを挿入(英語)して、代わりにクリック可能な単語やフレーズを作成できます。
  19. メールタスクの設定を完了します。 タスクの設定について質問がある場合は、リンク先のサポートページを参照してください。
  20. 終了したら、[保存]をクリックします。

メールタスクを受け取った個人には、元の回答を見てその回答を変更できるリンクが表示されます。

ヒント:メールの [宛先]フィールドに差し込みテクストを使用すると、回答者が自分のやり直しリンクを確実に受け取れるようにできます

やり直しの際に特定のコンテンツを表示する

やり直しリンクが使用された場合にのみ、特定の質問が表示されるようにアンケートを設定できます(レビュー担当者が回答を確認する場合や、マネージャにフォームを送信してレビューと署名をしてもらう場合など)。 このセクションでは、この方法でアンケートを設定する方法を説明します。

注意: 最初のアンケートの回答者の回答を、代わりに再回答する人物に非表示にする場合は、ページ下部の「レビュー担当者からコンテンツを隠す」セクションを参照してください。
  1. アンケート質問の構築が完了したら、[アンケートフロー]に移動します。
    アンケートでアンケートフローを選択する
  2. こちらに新しい要素を追加]をクリックします。
    アンケートフローに埋め込みデータ要素を追加する
  3. 埋め込みデータ]を選択します。
  4. フィールドQ_URLを追加します。
    アンケートフロー下部の埋め込みデータ要素
  5. 埋め込みデータ要素をアンケートフローの最上部に移動します。
  6. 適用]をクリックします。
    アンケートフロー下部の[適用]ボタン
  7. アンケートビルダーで、やり直しの際にのみ表示する質問を探します。
    質問編集画面で表示ロジックが左に表示されている
  8. 質問の動作で、表示ロジック]を選択します。
    警告: レビュー担当者に表示する追加の質問にのみ、表示ロジックを追加する必要があります。 やり直しリンクでは、レビュー担当者に表示されない質問の回答は保存されないため、元の質問をレビュー担当者に非表示にすることはできません。
  9. 埋め込みデータ]を選択して、ロジックのベースにします。
    埋め込みデータ「Q_URL」に「Q_R」が含まれる場合のロジック条件の作成
  10. 埋め込みデータフィールドとして[Q_URL]を入力します。
  11. ロジックの演算子として[含む]を選択します。
  12. 埋め込みデータの値として[Q_R]を入力します。
  13. プラス記号(+)をクリックして、2つ目のロジック条件を追加します。
  14. ロジック条件は必ず[または]で区切ります。
    埋め込みデータの条件「Q_URLはDELを含む」の追加
  15. 埋め込みデータの条件[Q_URLDELを含む]を作成します。
  16. 保存]をクリックします。
    警告: レビュー担当者に表示する追加の質問にのみ、表示ロジックを追加していることを確認してください。 やり直しリンクでは、レビュー担当者に表示されていない質問の回答は保存されないため、元の質問をレビュー担当者に非表示にしないでください。
ヒント: やり直しの際に表示するすべての質問が同じブロックに含まれている場合は、代わりに分岐ロジックを使用して質問を表示できます。

やり直しの際に特定のコンテンツを非表示にする

2回目のアンケートの回答者(レビュー担当者やマネージャなど)が、最初のアンケート回答者が入力した回答を閲覧したり変更したりできないようにするには、タイミング質問を使用して質問を非表示にできます。 この方法では、非表示にした質問が2回目のアンケートの回答者に表示されなくても、最初の回答データが回答とともに適切に保存されます。 このセクションでは、その設定方法について説明します。

  1. 非表示にする質問を決定し、それらが同じブロック内にあり、アンケート回答者に同じページで表示されることを確認します。 設定方法の詳細については、「質問または質問セットのタイミング」を参照してください。
  2. 非表示にする質問のブロックの先頭に新しい質問を作成します。質問の上にカーソルを置くとプラス記号が表示され、その上に質問を追加できる。また、タイミングの質問を選択すると、質問タイプ、自動的に移動、質問の動作など、編集ペインにさまざまなオプションが表示される
  3. [質問タイプ]で、[タイミング]を選択します。
  4. 自動的に移動]を有効にします。
  5. 自動的に移動するまでの時間(秒)]オプションを[0.1]に変更します。
  6. [質問の動作]で、[ページ内での動的な表示ロジック]を選択します。 この機能の詳細については、「表示ロジック」を参照してください。
    注意: 表示ロジックを使ってレビュー担当者の回答のタイミングを選択する必要があります。 タイミングの質問に表示ロジックを追加していないと、アンケートでこれらの質問がすべてのユーザーに対してスキップされます。
  7. 埋め込みデータ]を選択して、ロジックのベースにします。質問を表示させる埋め込みデータ要素、「Q_URLはQ_Rを含む」が表示されている
  8. 埋め込みデータフィールドとして[Q_URL]を入力します。
  9. ロジックの演算子として[含む]を選択します。
  10. 埋め込みデータの値として[Q_R]を入力します。
  11. 保存]をクリックします。
  12. レビュー担当者に対して非表示にするその他のブロックや質問についても、このプロセスを繰り返します。
  13. 変更を[公開]します。
    アンケートを公開するにはアンケートの右上にある[公開]ボタンを選択

この設定では、0.1秒後に質問のページが自動的に移動します。 つまり、質問はレビュー担当者に表示されず、編集もできません。 ただし、元の回答は自動進行設定で提出されるため、新たな回答は元の回答と一緒に保存されます。