XM Directoryの管理

このページの内容:

ヒント: XM Directoryは、シームレスにXM プラットフォームと統合するように旧ターゲットオーディエンスのユーザーインターフェース(UI)を変更した改善版です。 XM Directoryの使用権限がなく、アクセス権を購入する場合は、営業担当にお問い合わせください。

XM Directoryの管理について

クアルトリクスブランドのユーザーアカウントの取り扱いは、[管理]ページで行います。 このページにアクセスできるのは、ブランド管理者のみです。 グローバルナビゲーションメニューから[管理]を選択してアクセスしてください。

ウェブサイトの各ページの左上にある最上位のナビゲーションから[管理者]を選ぶ

アンケートプラットフォームとの類似点

XM Directoryとアンケートプラットフォームの管理は同じ場所にあり、多くの類似点があります。 これらの管理者の役割には多くの共通点があるため、XM Directoryの管理機能の詳細については、以下のアンケートプラットフォームのサポートページを参照してください。

ヒント: [管理]ページの[ユーザー]タブは、ディレクトリのものとは異なります。 ユーザーとは、アンケートプラットフォームやXM Directoryなどのクアルトリクスプラットフォームにアクセスできるログイン可能な人のことです。 連絡先とは、アンケートの送付先またはメーリングリストによる連絡先となる人たちです。 [管理]ページとXM Directoryの両方に同様の情報が保存されている場合がありますが、その情報は別個のものです。

権限

権限はユーザー、ユーザータイプ、グループ、グループタイプ、部署レベルで適用でき、ユーザーが使用できる機能を変更できます。

以下はXM Directoryに適用される権限のリストです。 アンケートプラットフォームブランド全体に影響する権限のリストについては、サポートページ「ユーザー、グループ、および部署の権限」を参照してください。

  • XM Directoryにアクセス: 有効にすると、ユーザーはXM Directoryにアクセスできるようになります。
  • ディレクトリを管理: 有効にすると、ユーザーはディレクトリタブにアクセスできるようになります。 無効にすると、ユーザーはメーリングリストにのみアクセスできます([XM Directoryにアクセス]が有効な場合に限り)。
  • ディレクトリの重複を自動修正: 有効にすると、ユーザーは自動重複統合(英語)ルールを編集できるようになります。 無効にすると、ユーザーはこのルールを編集できなくなりますが、他のユーザーが設定したルールは、それらのユーザーがディレクトリで行ったすべての変更に依然適用されます。