ステップ4: メッセージの設定

このページの内容:

メッセージについて

明確、明瞭なメッセージの設定が、360プロジェクトの成功のために重要です。 開始前に、内部で綿密なコミュニケーションを取ることが回答率の向上につながります。 また、特に評価者が指名されるなどの特定のワークフローでは、メールメッセージとシステムメッセージでの明確なコミュニケーションがひときわ重要です。

最初のステップでは、正常にメールの配信ができるよう設定を進めていきます。 メールの「送信元」アドレスをカスタマイズするオプションについては、「カスタム送信元アドレスの使用(英語)」サポートページを参照してください。 構成が必要な場合は、クアルトリクスサポートにお問い合わせください。

招待メッセージとリマインダーメッセージ

ほぼすべてのワークフローで一般的に使用されるメールは、[対象者の招待]、[評価者の招待]、リマインダーです。 メッセージのアイデアを得るのに役立つテンプレートについては、このドキュメント(英語)を参照してください。

メッセージには、次の主な要素を含める必要があります。

  • アンケート完了の締め切り
  • ワークフローに固有の要件(「評価者X人を指名する必要がある」など)
  • アンケートにアクセスするリンク
  • アンケートへのアクセスに関連する特定の情報(独自リンク、パスワードなど)
  • 参加者の問い合わせ先

[メッセージ]タブの全コンポーネントの全体的な詳細については、「メールメッセージ(英語)」サポートページを参照してください。

追加のメッセージが利用できます。 指名承認とレポートアクセスワークフローの異なるオプションにすべてリンクされます。 [参加者]オプションで有効化されると、[メールを編集]アイコンがオプションの隣に表示され、クリックすると構成を行うため[メールメッセージ(英語)]セクションにリダイレクトします。