ユーザーの追加、インポート、エクスポート(CX)

このページの内容:

ユーザーの追加、インポート、エクスポートについて(CX)

[ユーザー管理者]タブの[ユーザー]セクションでは、ファイルを使用してユーザーを一括でアップロードするか、手動で情報を入力してユーザーをアップロードできます。 別のダッシュボードで使用したり、保持している外部システムで使用したりするために、ユーザーのリストをエクスポートすることもできます。

ユーザーを追加またはアップロードする際は、次のフィールドを含める必要があります: メールアドレス、名、姓。

注意: このページで説明している機能にアクセスできるのは、ブランド管理者(英語)プロジェクト管理者(英語)の両方の役割を持つユーザーだけです。 部署管理者はアクセスできません。

手動でのユーザーの追加

フィールドにユーザー情報を入力するか貼り付けることでユーザーを追加できます。

  1. [ユーザー管理者]タブの[ユーザー]セクションに移動します。
    右上に緑色で表示されている[ユーザーを追加]
  2. ユーザーを追加]をクリックします。
  3. 手動入力]を選択します。
    右側に黄色で表示されている[手動入力]
  4. フィールドに入力します。 少なくともメールアドレス、姓名を入力する必要があります。
    入力されたフィールド

    ヒント: インポートに失敗すると、「必須フィールドがないため、X人のユーザーをスキップしました。」というメッセージが表示されることがあります。
    インポートが完了しました。必須フィールドがないため、1人のユーザーをスキップしました。
    インポートしようとしていた1人以上のユーザーのメールアドレス、名、または姓を追加し忘れているとこのメッセージが表示されることがあります。
  5. プラス記号(+)をクリックして、ユーザーにメタデータ(英語)を追加します。
    ヒント: メタデータは、入力した基本フィールドとは別の追加情報として機能します。 列には任意の名前を付けることができます。
  6. また、ユーザーのユーザータイプをアップロード時に決定することもできます。 これにより、クアルトリクス内でユーザーに対する権限とアクセスレベルを決定できます。 この手順は省略できます。
    上記のオプションはウィンドウの下部にあり、表示するには画面をスクロールする必要がある場合がある

    ヒント: ここで選択したユーザータイプは既存のユーザーには影響しません。
  7. 完了したら[ユーザーを追加]をクリックします。
ヒント: スプレッドシートから作業している場合は、複数の行と列をコピーし、最初のフィールドだけに貼り付けることで対応するフィールドに記録することができます。

ファイルのインポート

Excelで作成したファイルを使用して、一度に多くのユーザーをアップロードする方がはるかに簡単です。 これにより、メタデータ列を手動で追加したり、値を1つずつ入力したりする必要がなくなります。

インポートするドキュメントの書式設定

アップロードウィンドウが表示されたら、従う形式の[ドキュメント作成例]をクリックします。

[ユーザーを追加]ウィンドウの青い[ドキュメント作成例]リンク

このファイルが満たす必要がある要件のリストを以下に示します。

  • すべてのユーザーのFirstName(名)、LastName(姓)、Email(メールアドレス)を含める必要があります。
    ヒント: 組織でSSOを使用している場合は[ユーザー名]列を含める必要があります。 [ユーザー名]列には、ユーザー名属性として渡すアクティブディレクトリの値を入力する必要があります。 #brandIDは、ファイルのアップロード時に自動的にユーザー名に追加されます。
    ヒント: インポートに失敗すると、「必須フィールドがないため、X人のユーザーをスキップしました。」というメッセージが表示されることがあります。
    インポートが完了しました。必須フィールドがないため、1人のユーザーをスキップしました。
    インポートしようとしていた1人以上のユーザーのメールアドレス、名、または姓を追加し忘れているとこのメッセージが表示されることがあります。
  • ファイルはCSVまたはTSVとして保存する必要があります。
    ヒント: アップロードに関する問題のトラブルシューティングについては、「CSV/TSVのアップロードの問題」ページを参照してください。
  • この情報を正しくアップロードするには、特定のヘッダー([FirstName](名)、[Email](メールアドレス)、[LastName](姓))のスペルと大文字と小文字の区別が非常に重要になります。 変更できる列ヘッダーは[Metadata]列のみです。この列ヘッダーには、任意のヘッダー名を指定したり、必要な数の列にしたり、完全に削除したりできます。
  • [Language](言語)列を含める場合は、「Language」(言語)が大文字で、各ユーザーの値が言語コード形式であることを確認します。

ファイルのインポート

[ユーザー管理者]タブの[ユーザー]セクションに移動すると、アップロードウィンドウを開く方法が2つあります。

  • ユーザーを追加]をクリックして[ファイルをアップロード]を選択します。
    緑色の[ユーザーを追加]ボタンの使用
  • インポート/エクスポート]をクリックして[ユーザーをインポート]を選択します。
    [インポート]および[エクスポート]ドロップダウンの使用

ドラッグアンドドロップ]と表示されている場所に、ファイルをフォルダーからドラッグアンドドロップします。 または、[参照]をクリックしてファイルを通常どおり選択します。

ドラッグアンドドロップボックス

フィールドが正しくアップロードされたことを確認します。 ヘッダーの順序が正しくない場合、ヘッダーの綴りを間違えたり、ヘッダーに名前を付けるのを忘れたりしているか、何らかの間違いが発生しています。この場合は次のことが実行できます。

  • アップロードから除外するにはデータを無視します。
  • 列の名前を変更します。
  • 変更]を選択し、既存の定義済みフィールド(上部に一覧表示)を選択するか、既存のメタデータ(英語)のリストから選択します。

[フィールドを検証]セクションでの列名の変更

インポートを完了する前に、いくつかの設定を構成する必要があります。
ユーザータイプとSSOユーザーのインポートオプションが強調表示されている、CXユーザーのインポート画面の画像

  • ユーザータイプの指定(オプション): この設定では、ユーザーのアップロード時にユーザーのユーザータイプを定義できます。 この設定は省略できます。 ユーザータイプを指定しなかった場合、新しいユーザーは参加者としてインポートされます。
  • SSOユーザーとしてインポート: ライセンスでSSOが有効になっている場合、この設定により、アップロードされたユーザー名の末尾に#brandIDが追加されます。

準備ができたら、[インポート]をクリックしてユーザーをアップロードします。

ユーザーのエクスポート

ユーザーのリストをCSVかTSVにエクスポートすることもできます。 このファイルには、FirstName(名)、LastName(姓)、Email(メールアドレス)、およびすべてのメタデータ(英語)を含む、すべての情報列が含まれています。

選択したユーザーのエクスポート

左側のチェックボックスを使用してユーザーを選択したら、[選択した項目]に移動して[ユーザーをエクスポート]を選択します。

[選択した項目]オプションを使用したユーザーの選択とエクスポート

このエクスポートに表示される唯一のメタデータデータは、少なくとも1人のユーザーが値を持つメタデータです。 選択したユーザーのいずれにもそのメタデータデータの値がない場合、空白データは除外されます。

ヒント: フィルターや検索語句を追加するだけではファイルは絞り込まれません。 エクスポートするユーザーを選択する必要があります。 [すべて選択]オプションでは、検索要件を満たすユーザーだけが選択されます。

すべてのユーザーのエクスポート

ブランドのすべてのユーザーをエクスポートするには、[インポート/エクスポート]をクリックして[エクスポート]を選択します。

[ユーザーをエクスポート]オプション

どのユーザーが選択されている場合でも、すべてのユーザーがエクスポートされます。

ユーザーの削除

ファイルを使用して管理者からユーザーを削除できます。

インポートするドキュメントの書式設定

アップロードウィンドウが表示されたら、従う形式の[ドキュメント作成例]をクリックします。

[ユーザーを追加]ウィンドウの青い[ドキュメント作成例]リンク

このファイルが満たす必要がある要件のリストを以下に示します。

  • すべてのユーザーのFirstName(名)、LastName(姓)、Email(メールアドレス)を含める必要があります。
    ヒント: 組織でSSOを使用している場合は[ユーザー名]列を含める必要があります。 [ユーザー名]列には、ユーザー名属性として渡すアクティブディレクトリの値を入力する必要があります。 #brandIDは、ファイルのアップロード時に自動的にユーザー名に追加されます。
  • ファイルはCSVまたはTSVとして保存する必要があります。
    ヒント: アップロードに関する問題のトラブルシューティングについては、「CSV/TSVのアップロードの問題」ページを参照してください。
  • この情報を正しくアップロードするには、特定のヘッダー([FirstName](名)、[Email](メールアドレス)、[LastName](姓))のスペルと大文字と小文字の区別が非常に重要になります。 変更できる列ヘッダーは[Metadata]列のみです。この列ヘッダーには、任意のヘッダー名を指定したり、必要な数の列にしたり、完全に削除したりできます。
  • 削除]という名前の列を追加します。 保持するすべてのユーザーで「0」を指定します。 削除するすべてのユーザーで「1」を指定します。

ファイルのインポート

[ユーザー管理者]タブの[ユーザー]セクションに移動すると、アップロードウィンドウを開く方法が2つあります。

  • ユーザーを追加]をクリックして[ファイルをアップロード]を選択します。
    緑色の[ユーザーを追加]ボタンの使用
  • インポート/エクスポート]をクリックして[ユーザーをインポート]を選択します。
    [インポート]および[エクスポート]ドロップダウンの使用

ドラッグアンドドロップ]と表示されている場所に、ファイルをフォルダーからドラッグアンドドロップします。 または、[参照]をクリックしてファイルを通常どおり選択します。

ドラッグアンドドロップボックス

削除]列のヘッダーをクリックします。 ドロップダウンメニューから[変更]を選択します。

明るい赤の[削除]列ヘッダー

削除]を選択します。

ドロップダウンメニューの下の削除オプション

準備ができたら、[インポート]をクリックして変更を保存します。

ユーザーの更新

ファイルを使用して、ユーザーをグループとして更新することもできます。 詳細な手順については、「複数ユーザーのメタデータ値の更新」(英語)ページを参照してください。