CXダッシュボードユーザーの管理

このページの内容:

CXダッシュボードユーザーの管理について

CXダッシュボードには[ユーザー管理者]というタブがあり、ダッシュボードにアクセスできるユーザーをここで管理します。 [ユーザー]サブセクションでは、ユーザーのアップロード、ユーザーへのメタデータの追加、ユーザーの既存情報の編集を行うことで特定のユーザーを管理します。

ここに表示されているユーザーはブランド全体に存在しています。 ユーザー情報を編集すると、そのユーザーが関わっている他のすべてのプロジェクトの情報に影響します。

注意: このページで説明している機能にアクセスできるのは、ブランド管理者プロジェクト管理者(英語)の両方の役割を持つユーザーだけです。 部署管理者はこれらの機能にアクセスできません。
ヒント:CXユーザーを管理]権限が有効になっているユーザーは、ブランド管理者にならなくても、通常は管理者に限定されているCXダッシュボードユーザーとチケット作成設定(英語)の管理を行うことができます。
  1. [プロジェクト]ページに移動するには、XMロゴをクリックするか、グローバルナビゲーションから[プロジェクト]を選択します。
    プロジェクトページでのダッシュボードの選択
  2. ユーザーを管理するダッシュボードプロジェクトを選択します。
  3. ユーザー管理者]タブをクリックします。
    [ユーザー管理者]タブ

これで、[ユーザー]を選択して、ユーザーの管理とアップロードができるようになりました。 役割を作成し、その役割にユーザーを追加するには[役割(英語)]に移動します。

ユーザーの検索

ユーザーのリストの検索やフィルタリングができます。 ログイン認証情報を削除、エクスポート、またはメールで送信するユーザーを選択する際にこれが役立ちます。

フィールドにユーザー名の一部、または全体を入力してユーザーを簡単に検索できます。

タブから移動すると検索語句が消えます。

高度な検索

ドロップダウンでの高度な検索の設定

  1. 高度な検索条件を追加するには、検索ボックスの隣にあるドロップダウン矢印をクリックします。
  2. フィールドに入力します。 フィールドの値には「次である」や「次で始まる」などしか指定できません。
  3. 条件を追加するにはプラス記号(+)をクリックします。
    ヒント: 複数の条件は「および」ロジックで処理されます。 画像の例では、名がKで始まり、ランクが5のユーザーを検索しています。
  4. 条件を削除するにはマイナス記号(-)をクリックします。
  5. 準備ができたら[検索]をクリックします。
    ヒント: 高度な検索を完全に削除するには、高度な検索の横にある[キャンセル]をクリックします。
ヒント: これらの高度な検索語句を使って、ユーザーを役割別に並べ替えることはできません。 代わりに「役割(CX)(英語)」サポートページをご覧ください。

ユーザーの追加

ユーザー]サブセクションでは、ユーザーリストの手動での追加、インポート、またはエクスポートを実行できます。 詳細な手順については、「ユーザーの追加、インポート、エクスポート(CX)」サポートページを参照してください。

[ユーザー情報]ウィンドウ

ユーザーの名、姓、またはメールアドレスをクリックすると、左側にはユーザー属性とその値を含むウィンドウが開き、右側ではユーザーの役割を変更できます。

連絡先情報とメタデータが表示されており、右側に役割が表示されている[ユーザー情報]ウィンドウ

変更が完了したら[保存]をクリックします。

ユーザー属性

属性は削除できませんが、[別の属性を追加]をクリックして属性を追加することはできます。 既存の属性のリスト(英語)から選択します。

別の属性を追加

属性の値を編集するには、属性の右側にあるフィールドを編集します。 上のスクリーンショットでは、「24112」という部分を強調表示してBUの値を変更します。

属性の名前を変更したり、新しい属性を追加したりすることはできません。 これを行う方法については、「ユーザー属性(CX)(英語)」サポートページを参照してください。

役割

ユーザーが属している役割(英語)が右側に一覧表示されます。

ユーザーを対象の役割から削除するには、役割を強調表示して赤い[X]をクリックします。

役割の名前の横にある赤い[X]

役割の名前を入力して検索し、該当する役割をクリックしてそこにユーザーを追加します。

「Founder」という名前の役割を検索し、それをドロップダウンから選択

役割の作成とその仕組みについては、「役割(CX)(英語)」サポートページを参照してください。

ユーザーにログイン認証情報をメールで送信

まだログインしていない新しいユーザーがインポートまたは追加されても、ログイン認証情報は自動で送信されません。 ユーザーに認証情報を送信する準備ができたら、以下のいずれかの方法で送信します。

  • 選択したユーザーにのみメールを送信: ユーザーを1人以上選択し、[選択した項目]、[選択したユーザーにログイン認証情報をメールで送信]の順にクリックします。
  • 新たに追加されたすべてのユーザーにメールを送信: [ツール]ドロップダウンから[新しいユーザーにログイン認証情報をメールで送信]を選択します。

左側では[選択した項目]が青で表示されており、右上には[ツール]が白で表示されている

このオプションは、ユーザーが自分のユーザー名を忘れてしまった場合にも役立ちます。

ユーザーがすでにログイン認証情報のメールを受け取っている場合、プライバシー保護のためにパスワードはメールに記載されません。  これには、過去のダッシュボードプロジェクトのログイン情報が送られている場合も含まれます。

ユーザーがパスワードに関する問題を抱えている場合は、代わりにパスワードをリセット(英語)するようアドバイスしてください。

ヒント: ブランドでSSOを使用している場合、ログイン認証情報をメールで送信するオプションはありません。 代わりに、ユーザーは通常の認証情報を使って組織のポータルにログインすることで、クアルトリクスのCXダッシュボードにアクセスします。

列の並べ替えと追加

表示する列や並べ替え方法を選択することで、ユーザーを探しやすくなります。

追加の列

ユーザーテーブルに表示するメタデータをカスタマイズするには、テーブルの右上で縦に並んだ3つのドットをクリックしてフィールドを選択します。

ユーザーに関する情報の列。選択可能な列のリストがある、3つのドットのドロップダウン

横にチェックが付いている列が表示されます。 ブランド内の任意のメタデータ(英語)や、連絡先フィールドの[名]、[姓]、[メールアドレス]を選択できます。 フィールドを名前で検索するか、リストの下部にある矢印を使ってメタデータのリストをナビゲートします。

列を非表示にするには、対象の列を強調表示して名前の横にある[X]をクリックします。 この操作では情報は削除されず、テーブルから列が削除されるだけです。

結果をアルファベット順に並べ替え

ユーザーテーブルの[名]、[姓]、[メールアドレス]の各列をアルファベット順に並べ替えることができます。 これを有効にするには、[ツール]に移動して[結果をアルファベット順に並べ替え]を選択します。 これを選択すると、列のヘッダーをクリックして並べ替えることができます。

結果をアルファベット順に並び変え

ヒント: このオプションが原因で検索速度が遅くなる場合があります。