予約/イベント登録アンケート

このページの内容:

予約/イベント登録アンケートについて

予約登録管理にクアルトリクスを使用してみましょう。 イベントをスケジュールする際、各回の人数を制限する必要がある場合があります。 多肢選択式の質問を作成し、選択された選択肢が表示されなくなるようにできます。 これにより、例えば1つの時間枠を1人だけが選択できるようになります。

ヒント: このソリューションの精度は100%ではありません。 割り当て情報は回答者がアンケートを送信するまで保存されないため、回答者が回答を変更したり、選択肢を検討したりする時間が与えられます。 同時に複数の人がアンケートに参加できるため、2人が同時に同じ回答を送信し、2人ではなく1人の登録者のみが割り当てにカウントされる可能性がわずかながら存在します。 ただし、こうした状況が発生する可能性は低いです。 発生した場合は、ページの最後に記載されている手順に従い、回答者による回答の変更をサポートしてください。

質問を設定する

  1. 新しい質問を作成]をクリックします。
  2. 質問を選択し、[質問タイプを変更]で[多肢選択式]が選択されていることを確認します。
  3. 回答]で、[単一回答]が選択されていることを確認します。 これにより、1人が1つの時間枠のみを選択できるようになります。
  4. 質問を入力します。
  5. 選択肢を入力します。
    ヒント: 質問編集ペインに[複数の選択肢の編集]ボタンが表示されたら、これを使用してすべての選択肢を改行で区切って入力できます。 選択肢の間に空白行がないことを確認してください。
  6. ツール]に移動します。
  7. 割り当て]を選択します。
  8. 下部の[複数の割り当てを作成]をクリックします。

    ヒント: [高度な割り当て]機能はあなたのアカウントで利用できない場合があります。 詳細についてはブランド管理者にお問い合わせください。 [複数の割り当てを作成]オプションがない場合は、各イベントまたは時間枠に対し、シンプルロジック割り当てを手動で追加します。
  9. 質問を追加]をクリックします。
  10. 質問を選択します。
  11. これらが予約枠である場合、デフォルト行の[総数]を1に変更します。 イベントの主催者は、各イベントの参加可能人数を入力します。
  12. 回答が割り当て数に達したときのアクション]列で、[なし]を選択します。
  13. 割り当てを作成する]をクリックします。
  14. 各時間枠に固有の割り当てがあることが確認できます。 [保存]をクリックします。
  15. 質問の最初の選択肢を選択し、青いドロップダウン矢印をクリックします。
  16. 表示ロジックを追加]を選択します。
  17. 最初のフィールドを[割り当て]に変更します。
  18. 選択肢と一致する割り当てを選択します。 たとえば、ここで最初の選択肢は1月1日午後1時30分であるため、割り当ての名前も同じになります。
  19. 条件を満たさない]を選択します。
  20. 保存]をクリックします。
  21. 質問のすべての選択肢について、手順15~20を繰り返します。 これにより、選択されていない選択肢のみが表示されるようになります。 終了すると、下のスクリーンショットのように、質問の各選択肢の横に矢印が表示されます。

メール確認

追加の手順として、サインアップした時間を確認するメールを受信者に送信できます。

  1. ツール]に移動します。
  2. トリガー]を強調表示し、[メールのトリガー]を選択します。
  3. [テキストの差し込み]ボタンをクリックします。
  4. アンケートの質問]を強調表示し、回答者に時間枠の選択を依頼する質問を選択します。
  5. 選択された選択肢]をクリックします。
  6. メッセージを入力します。
  7. [テキストの差し込み]ボタンをクリックします。
  8. このアンケートをメールで配信した場合は、[連絡先]フィールドを強調表示し、[参加者のメールアドレス]を選択します。 回答者にメールアドレスの入力を依頼した場合、[アンケートの質問]を強調表示し、メールアドレスの入力を依頼する[自由回答欄]を選択します。
  9. テキストの差し込みを作成したら、切り取って[送信先メールアドレス]フィールドに貼り付けます。
  10. 回答レポートを含める]の選択を解除します。 これを選択すると、アンケートへのその他すべての回答がメールに表示されます。
    ヒント: このメールにはさまざまな詳細を追加できます。たとえば、特別な返信先や送信者名が考えられます。 詳細については、「メールのトリガー」ページを参照してください。
  11. トリガーを保存]をクリックします。

繰り返しの回答を禁止する

回答者がアンケートに複数回参加できると、より多くの予約枠を選択できることになります。 回答者がアンケートに2回以上回答するのを防ぐため、アンケートの配信方法に注意する必要があります。

匿名リンク

匿名リンクを使用している場合(ウェブサイトにリンクを貼る場合など)、[アンケートのオプション]に移動し、[不正投票の防止(英語)]を選択します。

メールでの個人リンク配信

クアルトリクスからアンケートをメール送信する場合、個別リンクと呼ばれるデフォルトのリンク設定を使用していることを確認してください。

個人リンク(英語)を使用している場合、追加のアクションは必要ありません。

認証機能

認証機能を使用している場合、[オプション(英語)]に移動し、[認証中の回答者が認証済みセクションに再度回答できるよう許可]が選択されていないことを確認してください。

予約の選択を変更する

回答者から後で回答の変更を依頼されることがあります。 回答には割り当てが関係するため、ほかの回答者に正しい選択肢が提供されるよう、回答の編集は慎重に行う必要があります。

回答を変更する

回答者が回答を変更できるよう、やり直しリンク(英語)を送信できます。 これによって新しい回答に対する割り当てが増加し、他の回答者がその回答を選択できなくなりますが、古い回答の割り当ては減少しません。そのため、だれも古い回答を選択できなくなります。 この場合、古い回答の割り当てを編集する必要があります。

回答の編集(英語)を行うと、新しい回答の割り当ては増加せず、古い割り当ては減少しません。 この場合、古い回答と新しい回答の2つの割り当てを編集する必要があります。

割り当て総数を編集する

割り当ての「総数」は、割り当てを満たし、アンケートを完了した人数です。 一部の回答を変更する必要がある場合、この数を編集して任意の数に変更できます。

割り当て総数の設定に関するページで、割り当ての編集方法について説明しています。 この方法を使用して、ユーザーがアンケートをやり直しリンクからやり直すか、ユーザーの回答を編集をした場合に、割り当て総数を変更します。