メール配信エラーメッセージ

このページの内容:

メール配信エラーメッセージについて

クアルトリクスでメールを送信した際に、問題があるときにはエラーメッセージが表示されます。 このページで説明しているエラーはアンケートの招待状リマインダーお礼メールで表示されます。

ヒント: また、メールがスパムフィルターによってフィルタリングされないようにする方法についてリンク先のサポートページを参照してください。

配信エラーコード

エラーコードは、送信されなかった理由とともにアンケート招待状配信の上部に表示されます。 次の表で、エラーコードと、それに対する解決策のリストを示します。

エラーコード 説明
EQD01 クアルトリクスへの組織のアクセスが停止されています。 自身がブランド管理者の場合、詳細についてQualtricsサポートにお問い合わせください。
EQD02 メールを送信する権限がありません。 ブランド管理者に問い合わせて、必要なメール権限が有効になっていることを確認してください。
EQD03 アカウントで許可されているメールの送信数を超えました。 ブランド管理者に連絡してください。 学術研究企業に属している場合は、Qualtricsサポートにお問い合わせください。
EQD04 組織に許可されているメールの送信数を超えました。 ブランド管理者から営業担当まで連絡する必要があります。
EQD06 このアンケートへのアクセス権がありません。 アンケートを共有してもらうようアンケート担当者に依頼します。同僚が会社を辞めている場合は、ブランド管理者アンケートを転送するよう依頼してください。
EQD09 このアンケートは公開されていません。
EQD10 アカウントが有効ではありません。 ブランド管理者に連絡してアカウントを有効化してください。
EQD11 この配信の受信者は削除されました。 つまり、連絡先リストまたは連絡先リストのメンバーが削除されています。
EQD12 このアンケートは削除されました
EQD13 件名またはメッセージがライブラリから削除されました。
EQD14 この配信は削除されました
EQD15 このアンケートリンクは期限が切れています
EQD16 最初のアンケート招待状が配信されていません。 最初のアンケート招待状を配信するまで、リマインダーは送信できません。
EQD17 組織に、このドメインから送信する権限がありません。 ITチームとカスタムFROMドメインまたはSMTPリレーの設定を確認してください。
EQD18 組織のメールサーバーの設定が間違っています。 SMTPリレーを正しく設定していない可能性があります。 所属組織のITチームに連絡して、これらの設定が正しく構成されていることを確認してください。
EQD19 クアルトリクスが組織のメールサーバーに接続できませんでした。 SMTPリレーを正しく設定していない、SMTPリレーを確立したサーバーがダウンしている可能性があります。 所属組織のITチームに連絡してください。
EQD20 この配信の件名またはメッセージが設定されていません。
EQD95 未知のエラーです。 詳細なトラブルシューティングについては、Qualtricsサポートにお問い合わせください。
EQD99 何らかの通信障害が発生しました。 この問題が続く場合は、このエラーのエスカレーションのためにQualtricsサポートに連絡してください。

メール制限

ライセンスまたはユーザーの種類によって、送信可能なメールの数が大きく異なる場合があります。 制限を超えた配信を送信しようとすると、次のメッセージが表示されます。

例: 1週当たりのメール制限が100通だとします。 すでに50通を送信していて、さらに60通を送信しようとすると、このメッセージが表示されます。 ただし、配信数を50通に減らすと、メールは問題なく送信されます。

アンケートの招待リマインダーお礼メールを含むすべてのメールがこの制限にカウントされます。 メールの制限や現在の送信件数がわからない場合は、以下を実行して確認できます。

  1. アカウント設定アイコンをクリックします。
  2. アカウント設定]をクリックします。
  3. アカウントの利用状況]をクリックします。
  4. 許可された送信メール]列を確認します。
  5. 必要に応じて、特定の日または週に送信されたメールをフィルタリングします。
ヒント: メールの送信数を増やす必要がある場合は、クアルトリクスの営業担当または所属組織のブランド管理者に問い合わせてみてください。 ブランド管理者は、さきほど表示したアカウントの利用状況ページに表示されています。
ヒント: このエラーは、お礼メールでは発生しません。

メールメッセージからアンケートリンクを削除すると、メッセージエディターの左下隅に「メッセージにはアンケートリンクが必要です」というメッセージが表示され、メールを送信できなくなります。

ヒント: 代わりに匿名リンクを貼り付けるためにアンケートリンクのテキストの差し込みを削除しないようにしてください。 アンケートリンクのテキストの差し込みは動的であり、[詳細オプションを表示]で指定した場合は匿名リンクに変更されます。 詳細については「リンクタイプ」を参照してください。

アンケートリンクを削除し、再度追加する必要がある場合は、次の手順に従ってください。

  1. テキストの差し込みアイコンを選択します。
  2. アンケートリンク]を選択します。
  3. 次のいずれかを選択します。
    • カスタム設定のアンケートリンク: 回答者にクリックしてもらい、アンケートにリンクするテキストを入力します。
    • アンケートリンク: 「アンケートに参加してください」というテキストを挿入します。 これをクリックすると、アンケートが開きます。
    • アンケートURL: アンケートURL全体をメールに挿入します。
  4. この操作によって、オプトアウトリンク用のテキストの差し込みがメールに追加されます。 この操作によって生成されたテキストの差し込みはメールのどこにでも移動することができます。 これで、メールを送信する準備は完了です。

メールメッセージからオプトアウトリンクを削除すると、メッセージエディターの左下隅に「オプトアウトリンクがありません」というメッセージが表示され、メールを送信できなくなります。 米国連邦政府が制定したCAN-SPAM法に準拠するため、組織外の個人に送信するすべてのメールにオプトアウトリンクを含める必要があります。 組織外の個人に電子メールを送信する場合、この要件の例外はありません。 オプトアウトリンクを削除し、再度追加する必要がある場合は、次の手順に従ってください。

  1. テキストの差し込みアイコンを選択します。
  2. オプトアウトリンク]を選択します。
  3. リンクをハイパーリンク化するテキストを入力します。 たとえば、「オプトアウトするにはここをクリック」と入力します。
  4. 挿入]を選択します。
  5. この操作によって、オプトアウトリンク用のテキストの差し込みがメールに追加されます。 この操作によって生成されたテキストの差し込みはメールのどこにでも移動することができます。 これで、メールを送信する準備は完了です。

組織内の個人にのみメールを送信するためオプトアウトリンクを含めたくない場合、ブランド管理者に依頼して、所有しているライセンスのカスタマーサクセス担当者に連絡してもらい、この要件を無効にすることを正式にリクエストしてもらいます。 オプトアウトリンクの仕組みの詳細については、「オプトアウトリンクの使用」ページを参照してください。

配信ステータス

メールのスケジュールを設定したら、これらのメールのステータスを見て、問題がないかどうかを確認できます。 配信の横にあるドロップダウンをクリックして[履歴をダウンロード]を選択し、配信履歴をエクスポートします。

以下では、履歴内に表示される各ステータスの意味について説明しています。

注意: 元の配信からしか履歴をダウンロードすることはできません。 リマインダーとお礼メールの個別の履歴をダウンロードすることはできません。 ただし、配信履歴には、配信用に送信された最新のメールが反映されます。たとえば、リマインダーの一部が戻ってきた場合、これは履歴に反映されます。

ステータス

配信履歴のステータス列は、各受信者の現在のステータス(メールの受信に失敗したか、すでにアンケートを開始しているか)を監視するのに役立ちます。 以下は、考えられるステータス条件の説明リストです。

  • 送信済みメール: メールはクアルトリクスサーバーから送信されました。 このステータスは、進行状況が0%であるために部分回答(英語)が削除された回答者にも表示されます。
    ヒント: サーバーからメールが送信されると、相手側に設定されたフィルターやブラックリストの影響を受けないことを保証できません。
  • 未送信メール: クアルトリクスのメーラーはこのメールをまだ配信していません。 個別リンクを介して開始されたものの、進行状況が0%であったために削除された回答にもこのステータスが表示されます。
  • 不達メール: メールが受信者の受信トレイに届きませんでした。 これには以下のような理由が考えられます。 メールアドレスが存在しない、受信サーバーに高度なセキュリティファイアウォールがある、受信メールボックスがいっぱいである、受信サーバーがオフラインになっているなど。
  • 送信失敗メール: メールはサーバーから送信されませんでした。 送信失敗メールの最も一般的な原因は、@の欠落など、誤った形式のメールアドレスです。
  • 受信箱をスキップしたメール: XMディレクトリの連絡頻度の設定により、メールは送信されませんでした。 これらの設定の詳細については、「連絡頻度ルール(英語)」ページを参照してください。
  • 重複としてスキップ/ブロック済み: メールは重複しているため送信されませんでした。 重複メールとは、12時間以内に送信された別のメールとまったく同じメッセージ、件名、受信者が含まれるメールのことです。 連絡先リストに同じ電子メールアドレスが複数ある場合、これは重複と見なされます。スパムとしてフラグ付けされないように、クアルトリクスメーラーはこれらを送信しません。 重複を統合するための情報は「リスト内の連絡先を編集する(英語)」ページを参照してください。
    ヒント: 顧客に、所有する3つの異なる製品をレビューしてもらっているとします。 同じ受信者を連絡先リストに3回追加しても、製品ごとに異なる埋め込みデータ値を付け、この埋め込みデータをメールに差し込めば、重複は問題なく送信されます。 これは、異なる埋め込みデータにより、送信される電子メールがスパムとしてマークされない程度に異なるためです。
    ヒント: 同じユーザーにメッセージを再送信する必要がある場合(たとえば、ユーザーがメール/リンクを失った場合)、配信履歴からリンクをコピー(英語)して、手動でメール送信するか、メッセージ/件名をわずかに変更した別のメールを送信します。 メッセージ/件名を変更することで、メッセージがスパムとして処理されないようになります。
  • 開始したアンケート: 受信者はリンクをクリックしましたが、アンケートを完了していません。
  • 終了したアンケート: 受信者がアンケートを完了しました。
  • 期限切れのセッション: 受信者はアンケートを開始しましたが、割り当てられた時間枠で終了せず、回答は削除されました。 このステータスは、アンケート対象から除外されたが保存されていない回答(英語)、[アンケートのオプション(英語)]で[進行中の回答を1週間後に削除]が有効になっている場合に削除された部分回答で表示されます。
  • オプトアウト済み: 受信者が招待メールでオプトアウトリンクをクリックし、今後のメール配信を停止しています。 受信者がメールをスパムとしてマークした(英語)場合もこのステータスになることがあります。
  • 除外済み: 受信者は、除外(英語)アドオン機能によってアンケートから削除されました。 これには、除外で指定された名前が含まれます。 このステータスは、アンケートの受付を終了(または「一時停止」)したあとにのみ表示されます。
  • 部分的に完了した回答: このステータスは、回答者が部分回答を提供してそれが記録されたときに発生します。 つまり、回答者が回答を完了しておらず、終了前にアンケートセッションの有効期限が切れた(英語)、または回答者が完了する前にアンケート担当者が回答の受付を終了(英語)したことを意味します。